【コンパクトSUVガチンコ勝負】新型BMW X1がメルセデスGLAに挑戦 どっちがどのように優れているのか? そして最終的な勝者は?

703

上昇志向へのエントリー: 新型BMW X1がメルセデスGLAに挑戦。BMW X1とメルセデスGLAを比較した。2つの高級SUVのうち、どちらを選ぶか?我々が比較してみた。

「BMW X1」や「メルセデスGLA」は、現在人気の高いSUVの世界に参入している高級車ブランドのラインナップの中では最小の存在だ。2つの貴賓席の座り心地を比較してみた。

「X1」の3代目は、全長4.50m、全幅1.85mとなり、これは初代「X3」とほぼ同じ大きさとなった。そして、2013年にかなりバシッとしたコンパクトSUVとしてスタートした「メルセデスGLA」も、今では全長4.41メートル、全幅1.83メートルとなった。

デザイン面ではBMW X1がより角張ったデザインに

BMWは、新型「X1」をこれまで以上に厳格に、より角張ったデザインにした。大きなグリル、より角張ったホイールアーチ、フラッシュドアハンドル(握りにくい)、印象的なテールライトなど。

ニュールック: BMW X1の新型は、ホイールアーチをよりスクエアにし、より角張った形状になっている。ブランドらしい、大きなグリル。

試乗車は、専用バンパーやフロントの大型サイドクーリングエアベントなど、Mスポーツパッケージ(3,850ユーロ=約55万円)を装着していた。

メルセデスは流れるようなフォルムにこだわる

メルセデスには、3,558ユーロ(約50万円)で同様のデザインのAMGラインが付属しており、こちらも典型的なエプロン、ダイヤモンドグリル、クロームのトリムエレメントなどを装備している。2020年から作られている現行型「GLA」は、「X1」よりも丸みを帯びた、流れるようなデザインで、すべてがかなり調和している。

調和のとれたライン。X1に比べて、メルセデスGLAは丸みを帯びた流麗なデザインになっている。

BMWは、フロントとリアの幅が若干広く、ヘッドルームも広いので、スペースに関しては優位性がある。「Mスポーツ」の装備であるスポーツシートは、張りがよく、横方向のサポート力が高いのでおすすめだ。

リアは、試乗車の「X1」には、背もたれの角度を調整できる13センチ縦にスライドする分割式リアシート(300ユーロ=約4万円)が付いていて、とても実用的だった。シートは少し短めだが、かなりゆったりと座れる。そして、「xDrive23i」のラゲッジルームは500~1,545リットルの収納が可能となっている。

BMWのハンドリングが悪化した

「X1」には、10.25インチのインストルメントクラスターと10.70インチのセンターディスプレイを合成したカーブドディスプレイや、第8世代のiDriveも搭載されている。これは、ボタンやスイッチの数が少なく、スリムで非常に整然としたコックピットである一方で、操作性が以前に比べて悪くなっていることを意味する。

悪化した点: X1の三日月型のメーターは見づらく、iDriveコントローラーを使わない操作はより複雑になっている。

三日月型のメーターは読みづらく、iDriveコントローラーの欠落は痛恨の極みだ。メニューのナビゲーションは、サブレベルが大きく分岐しているため分かりにくく、またタッチスクリーンも単純に遠すぎる。そこに到達するためには、常に座席から前傾姿勢にならなければならない。一方で良い点は、ボイスコントロールが丁寧に機能し、多くの機能を制御してくれることだ。

メルセデスのMBUXはより構造化されている

これは、メルセデスに搭載された高速でスマートなMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)システムにも言えることだ。「GLA」は10.25インチディスプレイのメーターがとても見やすく、同じく10.25インチであるタッチスクリーンのメニューナビゲーションも、BMWに比べると論理的で構成がよくできている。そして、センターコンソールのタッチパッドも使い勝手が良い。

優れている。MBUXによる操作も、GLAでは非常にうまくいっている。そして、メルセデスはセンターコンソールにタッチパッドを搭載している。

居住性の面では、やはり「X1」にアドバンテージがあり、それを実感することができる。GLAも風通しは良く、標準装備のフロントシートはシンプルな見た目だが、十分な座り心地を実現している。また、大人もゆったりと座れる柔らかな布張りのリアベンチを採用している。

スライド式リアシートは、ここでは428ユーロ(約6万円)の追加料金がかかるが、試乗車のベンツには備わっていなかった。ラゲッジルームは425~1,420リットルを収納できるが、BMWより少ない。テストの詳細は、以下、フォトギャラリーとともにご覧ください。

テスト: BMW X1とメルセデスGLAを比較してみた

BMW X1とメルセデスGLA。高級SUVはどっちがいい? 直接比較してみた。
3代目となる「X1」は全長4.50m、全幅1.85mとなり、これは(ほぼ)初代「X3」のサイズに匹敵する。
2013年にかなりバシッとしたコンパクトSUVとしてスタートしたメルセデスGLAも、今では全長4.41メートル、全幅1.83メートルとなった。
BMWは、新型「X1」をこれまで以上に渋く、角張ったデザインにした。大きなグリル、より角張ったホイールアーチ、フラッシュドアハンドル(握りにくい)、目を引くテールライトなど。試乗車はMスポーツパッケージ(3,850ユーロ=約55万円)で、中でも専用バンパーとフロントの大きなサイドクーリングエアオープンが特徴的だった。
メルセデスには、3,558ユーロ(約50万円)で同様のデザインのAMGラインがあり、こちらも典型的なエプロン、ダイヤモンドグリル、クロームトリムエレメントなどを装備していた。2020年から作られている「GLA」は、「X1」よりも丸みを帯びた流れるようなデザインで、すべてがかなり調和している。
BMWは、フロントとリアの幅がわずかに広く、ヘッドルームも広いので、スペースに関しては有利だ。Mスポーツの装備にはスポーツシートが含まれているが、このシートはパッドがしっかりしていて、横方向へのサポートも十分だ。
リアでは、試乗車の「X1」には、縦に13cmスライドし、背もたれの角度が調整できる分割式リアシート(300ユーロ=約4万円)があり、とても実用的だった。
また、フロントシートはシンプルながら快適性に優れ、リアシートは大人でもゆったりと座れる。スライド式リアシートは、ここでは428ユーロ(約6万円)の追加料金がかかるが、試乗車のベンツにはなかった。
ベンツの425~1420リットルのラゲッジルームは、スポーツバッグを飲み込むには、BMWより1~2個少ない。「xDrive23i」のラゲッジルームは500~1545リットルが収納可能だ。
「X1」には、10.25インチのインストルメントクラスターと10.70インチのセンターディスプレイを合成したカーブドディスプレイと、第8世代のiDriveが搭載されているが、いくつかの欠点がある。三日月型のメーターは読みづらく、iDriveコントローラーの欠落は痛恨の極みだ。メニューのナビゲーションはサブレベルが大きく分岐しているため分かりにくく、タッチパネルも単に遠い。ボタンやスイッチの数が少なく、一見とても整然とした印象だが、操作はより複雑だ。
GLAは10.25インチディスプレイのメーターがとても見やすく、同じく10.25インチサイズのタッチスクリーンのメニューナビゲーションも、BMWに比べて論理的でよく構成されている。そして、センターコンソールのタッチパッドも使い勝手が良い。高速で賢いMBUXシステムにより、多くの機能を音声コマンドで操作することができる。ちなみに、これはBMWでも可能だ。
メルセデスは224馬力の2.0リッター4気筒を搭載し、ハイブリッド仕様はない。
トランスミッションはデュアルクラッチトランスミッションを標準装備していて、8段変速となっている。BMWに搭載されているものよりも巧みに操作でき、完全にジャークフリーではないにしても、より注意深く反応することができる。
2.0リッターは喉を鳴らしてハスキーに走り、「X1」よりも少し気性が荒く、また性能も上だ。特に高回転域では明らかにBMWを上るが、その後、音量の大きさも際立ってくる。
「X1 xDrive23i」はマイルドハイブリッド化された2.0リッター4気筒204馬力と電動モーターによる19馬力の追加で、システム出力は218馬力となる。
「xDrive23i」には、7速デュアルクラッチトランスミッションが標準装備されている。これは、隅々まで働きかけるため、発進時には遅れて反応し、特に駐車時や後退時には煩わしく、シフトダウン時などには一瞬考える必要がある。
4気筒は非常にスムーズに始動し、パワーと生きる喜びを感じさせ、喉を鳴らすような音だが、全体的によく減衰している。そして、マイルドハイブリッドシステムが功を奏し、「X1」の燃料消費は12.5km/ℓと、GLAの10.4km/ℓを大きくリードしている。
15mmローダウンされたMスポーツサスペンションは、Mスポーツパッケージの一部として採用されている。機械的に制御されたアダプティブダンパーと連動しているので、しっかりとした張りがあり、スプリングはエッジが立っている。スポーツステアリング(Mスポーツパッケージ)は、キビキビとダイレクトに反応するが、センターポジションから見ると、妙に無機質で感触が悪く、全体としてやや神経質な印象がある。
「GLA」にはアダプティブダンパー付きのサスペンション(1,178ユーロ=約17万円)が装着されており、「X1」よりも優れた、明らかに快適な乗り心地を実現している。
ちなみに「メルセデスGLA 250 4MATIC」は、58,376ユーロ(約870万円)だが、装備は驚くほど貧弱で今でもハロゲンヘッドライト(!)を標準装備しており、LEDライトは988ユーロ(約15万円)の追加費用がかかるが、BMWには標準装備されている。
BMWは、新型「X1」のエントリー価格をかなり思い切って引き上げた。136馬力の「sDrive18i」は、以前は32,266ユーロ(約480万円)だったが、現在は41,400ユーロ(約620万円)になっている。218馬力の「xDrive23i」は、現在49,450ユーロ(約740万円)から販売されているが、今回のテスト車は57,900ユーロ(約865万円)だった。

第2位 800満点中547点: メルセデスGLA 250 4MATIC
広さ、快適さを提供する。パワフルなエンジン、食いつきの良いブレーキ、磨き上げられた全体像。

第1位 800満点中556点: BMW X1 xDrive23i
考え抜かれた空間コンセプト、可変性。張りのあるシャシー、経済的なエンジン。操作系に改善の余地あり。

結論:
「BMW X1」と「メルセデスGLA」 – 高級ブランドの最小のSUVは、堅実なパフォーマンスを提供する。広々とした空間、良好な走行性能、そして上質な仕上がり。結局、トランクの大きさ、装備の充実度、エンジンの経済性などで、僅差ながら、新型BMWに軍配が上がった。

Text: Dirk Branke and Mirko Menke
Photo: autobild.de