【ニューモデル情報】ポールスターからの第3弾はSUV ポールスター3登場! ハイエンド電動SUVの全情報!

197

ポールスター3は500馬力以上、標準装備が非常に充実しており、航続距離は最大610kmに達するという。ファーストチェック!

ポールスターがSUVを作る!最初の2モデルで、ボルボの子会社は、いかに独立した存在になれるかを示した。プラグインハイブリッドクーペの「ポールスター1」、オール電化クロスオーバーの「ポールスター2」に続き、スウェーデン・中国企業は販売台数だけでなく、モデルレンジも増やしている。

「ポールスター3」は、モデルレンジに初のSUVを追加し、もちろんオール電化だ。ポールスター社CEO、トーマス インゲンラス氏は「ポールスター3は、個性的なスカンジナビアンデザインと優れたドライビングダイナミクスで五感に訴えるパワフルな電動SUVです」と語る。そして、これはほんの始まりに過ぎない。ポールスターは、今後5年間でさらに4台ニューモデルを投入する予定だ。

【ハイライト】
● ポールスター初の電動SUV
● 中国と米国で生産
● 新しい電気プラットフォームをベースに開発
● 800V技術なし
● 360kW(490PS)、840Nm
● オプションのパフォーマンスパッケージ: 380kW(517PS)、910Nm
● 最大610kmの航続距離
● 0-100km/h加速: 5.0秒(パフォーマンスパッケージは4.7秒)
● 非常に充実した標準装備
● Android Automotive OSオペレーティングシステム
● 2023年第4四半期に市場投入
● 現在、注文受け付け中
● 基本価格: 89,900ユーロ(約万円)より

最大航続距離610kmのポールスター3

「ポールスター3」は、ブランド初のSUVであると同時に、ボルボが開発・共有する新しい電気プラットフォームを採用した最初のモデルでもある。2023年第4四半期の市場投入に向け、ポールスターは2基の(リアマウントの)電気モーターを搭載した「ロングレンジデュアルモーター」仕様のSUVのみを提供する予定だ。

出力は360kW(490馬力)、最大トルクは840Nmだ。2.5トンを超える重量の「ポールスター3」は、わずか5秒で0から100km/hまで加速し、最高速度は210km/hに制限されている。

電気自動車のSUVの横顔は、ポールスター2を彷彿とさせ、ウィンドウラインはリアに向かって高くなっている。

それでも不十分な場合は、6,600ユーロ(約100万円)でオプションの「パフォーマンスパッケージ」を注文すれば、出力は380kW(517馬力)、最大トルクは910Nmに増加する。0から100km/hまでは、さらにコンマ3秒速い4.7秒で加速する。

しかし、「ポールスター3」は、ただ速く走るだけでなく、遠くまで行くことを目的としている。省エネのため、状況に応じてリアモーターを切り離すことが可能となっている。バッテリー容量は111kWhで、最大610kmの航続距離を実現する予定だ。ポールスター社によれば、最大充電電力は250kWで、標準装備のヒートポンプがバッテリーのプレコンディショニングなどを行うとしている。また、SUVはすでに双方向充電に対応できるよう準備されている。

全長4.90メートルの電動SUV

全長4.90メートル、全幅(エクステリアミラーを含む)2.12メートルの「ポールスター3」は、「アウディe-tron(全長4.90メートル)」、「BMW iX(同4.95メートル)」と同格の存在である。

一見してポールスターとわかるSUVだ。デザインは明快でモダン。とはいえ、いくつかの特別な機能がある。フロントには、いわゆるエアロウィング(ヘッドライトの間にあるボンネット上の小さな翼のようなもの)が、変わった外観だけでなく、空力性能も向上させている。

その下には、レーダー技術に加え、カメラを内蔵したラジエーターグリルが提案されている。「ポールスター3」では、合計で5つのレーダーモジュール、5つの外部カメラ、12個の外部超音波センサーを搭載している。

スプリットヘッドライトとデイタイムランニングライト”トールハンマー”

「ポールスター3」では、ポールスターでは初めて、ヘッドライトが分割されている。しかし、スウェーデン人は、「ソーのハンマー」ルックのデイタイムランニングライトを奪われることなく、新しいライティングコンセプトに適合させている。プロフィールでは、「ポールスター2」との関係が明確だ。標準装備の21インチホイールは、電動SUVをかさ上げしているように見える。

ワイドなホイールアーチが、ポールスター3のリアを一際たくましく見せている。

ルーフはリアに向かってわずかに傾斜している一方、ウィンドウラインはリアに向かって上昇し、リアのホイールアーチはフレア状になっている。そして、大型のルーフエッジスポイラーと連続したライトストリップが、飾り気のないリアエンドを仕上げている。

ポールスター3ファーストシートテスト

「ポールスター3」は、当初から5人乗りの専用車として設計された。将来的には、3列目のシートはボルボに任せる – ポールスターが主眼とするのは、風通しの良い、ラグジュアリーな空間だ。

2.99mというロングホイールベースのため、2列目シートを大きく後ろに移動させることができた。また、シートは若干後方に傾いている。その理由は2つある。フラットなルーフラインを実現するための唯一の方法であり、一方で、スポーティな着座姿勢を実現するためのものでもある。

リアベンチのスペースは十分だが、脚の支持面がもう少し長いといいなと思える。

ファーストインプレッションとしては、足元はもちろん、身長1.83mの私の頭上にも、標準装備のパノラミックルーフにもかかわらず、十分すぎるほどのスペースが確保されている。

後部座席は少し窮屈に感じる

しかし、2点ほど批判がある。脚の支持面が少し短いのと、窓のラインが上がっているため、後部座席では閉鎖感がある。

フロントシートでは、3代目ポールスターは整然とした風通しの良いコックピットで納得させることができる。ステアリングホイールの裏側には、最も重要な運転情報を表示する小型のデジタルディスプレイ(ヘッドアップディスプレイは有料)があり、その他の機能はすべて縦型タッチスクリーンで操作できるようになっている。タッチパネルは14.5インチと、弟分の「ポールスター2(11.2インチ)」より大幅に大きくなっている。

車載用アンドロイドOSとサステイナブルマテリアル

コネクティビティの面では、ポールスターは新バージョンのAndroid Automotive OSをベースにしたインフォテインメントに依存している。これは、すでに自動車で最も先進的なオペレーティングシステムの一つである「ポールスター2」のシステムをさらに発展させたものだ。ホーム画面は完全にカスタマイズでき、over-the-air updatesを利用してNvidia Drive Coreコンピューターは、多数の支援システムを制御し、自動運転を視野に入れている。

シートは繊細な印象で、レザーはアニマルウェルフェアの認証を受けている。ポールスターの黄色いシートベルトはおなじみのものだ。

ポールスターが特に重視しているのは、「サステナビリティ(持続可能性)」の問題だ。ヴィーガンインテリアを標準装備し、動物福祉認証レザーとトレーサブルウールをオプションで用意している。素材の選択は最初のチェックで納得できるのだが、細かいディテールはそうもいかない。例えば、ポールスターはVWを真似て、運転席側のドアパネルに電動ウインドウ用のスイッチを2つ省いた。それはカッコ悪い。

コックピットは明快な構造で整然としている。縦長の画面は14.5インチだ。

「ポールスター3」のトランクは、484~1,411リットルだ。さらに、フランクには32リットルの容量がある。最大牽引力は2,200kg。

非常に充実した標準装備

他のモデルシリーズと同様、標準装備は非常に充実している。デュアルチャンバーエアサスペンション、フルLEDヘッドライト&テールライト、21インチホイール、ブレンボ製ブレーキ(4ピストンキャリパー、フロントアクスルに400mm径ブレーキディスク)、パノラマルーフが追加料金なしで搭載されている。

また、「プラス」、「パイロット」パッケージも初代モデルから標準装備している。この2つのパッケージには、例えば、25個のスピーカーを備えたバウワーズ&ウィルキンス(Bowers & Wilkins)のサウンドシステム、ソフトクローズ、ヘッドアップディスプレイ、自律走行に備えたカメラの追加などが含まれている。

オプションの「パフォーマンスパッケージ」は6,600ユーロ(約100万円)で、出力を380kW(517馬力)、最大トルクを910Nmにまで高めるだけでなく、エアサスペンションの改良、22インチホイール、ゴールドのアクセントなどを装備している。

現在、ベース価格89,900ユーロ(約1,330万円)で注文可能

「ポールスター3」は、2つの場所で製造される予定だ。ボルボの中国・成都の工場で開始し、2023年第4四半期からの納車に向けて最初の顧客向け車両を生産する予定だ。一方、リッジビル(米国)のボルボ工場で生産される最初の「ポールスター3」は、2024年半ばまで待機している。

この大型電動SUVは、現在注文を受け付けている。したがって、価格はもう出ているのだ。ドイツでは、ポールスター3は最低でも89,900ユーロ(約1,330万円)で、「パフォーマンスパッケージ」を含めると96,500ユーロ(約1,425万円)になる。同等の「BMW iX xDrive50(385kW(523馬力)」は、102,500ユーロ(約1,510万円)からとなっている。370kW(503馬力)の「アウディe-tron S」の価格は93,800ユーロ(約1,380万円)からだが、現在注文することはできない。

ポールスター3

ポールスターがSUVを作る!最初の2モデルで、ボルボの子会社がいかに独立した存在になれるかを示した。ポールスター3は、モデルレンジに初のSUVを追加し、もちろんオール電化だ。
ポールスター3は、ブランド初のSUVであると同時に、ボルボが開発・共有する新しい電気プラットフォームを採用した最初のモデルでもある。
2023年第4四半期の市場投入に向けて、ポールスターはこのSUVを、2基の(リアマウントの)電動モーターを搭載した「ロングレンジデュアルモーター」仕様として独占的に提供する予定だ。出力は360kW(490馬力)、840Nmである。2.5トンを超える重量のポールスター3は、わずか5秒で0から100km/hまで加速し、最高時速は210km/hで制御されている。オプションの「パフォーマンスパッケージ」では、出力は380kW(517馬力)、最大トルクは910Nmに向上する。「ポールスター3」は省エネのため、状況に応じてリアエンジンを切り離すことが可能となっている。バッテリー容量は111kWhで、最大610kmの航続距離を実現する予定だ。
全長4.90メートル、全幅(エクステリアミラーを含む)2.12メートルの「ポールスター3」は、「アウディeトロン(全長4.90メートル)」、「BMW iX(同4.95メートル)」と同レベルの車である。
一目見ただけでもポールスターとわかるSUVだ。デザインは明快でモダン。フロントには、いわゆるエアロウィング(ヘッドライトの間にあるボンネット上の小さな翼のようなもの)を採用し、変わった外観だけでなく、空力性能の向上も図っている。
プロフィールを見ると、ポールスター2との関係がよくわかる。ルーフはリアに向かってわずかに傾斜している一方、ウィンドウラインはリアに向かって上昇し、リアのホイールアーチはフレア状になっている。
大型のルーフエッジスポイラーと連続したライトバンドが、飾り気のないリアエンドを仕上げている。
フロントシートでは、3代目ポールスターは整然とした風通しの良いコックピットで納得させることができる。ステアリングホイールの裏側には、最も重要な運転情報を表示する小型のデジタルディスプレイ(ヘッドアップディスプレイは有料)があり、その他の機能はすべて縦型タッチスクリーンで操作できる。タッチパネルは14.5インチと、ポールスター2(11.2インチ)より大幅に大きくなっている。
この大型電動SUVは、今すぐ注文することができる。ドイツでは、「ポールスター3」は最低でも89,900ユーロ(約1,330万円)、「パフォーマンスパッケージ」を含めると96,500ユーロ(約1,425万円)にまで上昇する。

結論:
「ポールスター3」は、典型的な縮小型のポールスターデザインと特別なディテールソリューション、非常に広いスペース、そして多くの最新技術を兼ね備えている。対象範囲が広いが、価格も高い。そして、スウェーデン人がどんなに頑張っても、SUVとサステナビリティは、私にはなぜか両立しにくいのだ。

Text: Jan Götze
Photo: Polestar