【ニューモデル情報】史上最も過激なバージョン 究極のカーボンファイバー製サーキットツール アルピーヌA110 R登場!

265

本物のファンのための、究極のカーボンファイバー製トラックツール。アルピーヌは、A110をサラブレッドのようなサーキットツールに変身させた。史上最も過激なバージョン – そして、おそらくは燃焼式自動車として存在することになるであろうもの。

調整可能なシャーシ、カーボンホイール、グースネックウィング。アルピーヌは「A110 R」で、将来的に電動化される前に、妥協のないサーキットツールを再び示した。

ミッドエンジンスポーツマシンの性能は、従来のトップモデルと同じ、300馬力と340Nm(@2600rpm)を維持している。しかし、その性能は、これまでのバージョンとは明らかに一線を画している。0から100km/hまでの標準的なスプリントは3.9秒で完了し、スピードメーターの最高速度は285km/hとなるとのことである。軽量化、エアロダイナミクス、シャシーキネマティクスの最適化により、より優れたパフォーマンスを実現している。

リアウィンドウもカーボンファイバーに変更されている。

アルピーヌはA110 Rで、なんと34kgもの軽量化を実現した

フロントボンネットでマイナス2.9kg、ホイールでA110 Sより12.5kg軽量化、そしてガラス製エンジンカバーの代わりにカーボンファイバー製を採用し、軽量化に成功した。サベルトのレーシングシェルもカーボンファイバー製で、さらに5kgも軽量化している。結論から言えば、乾燥重量1,082kg、つまり34kgのダイエットに成功しているのだ。ほぼ1,000kgのライトウェイトスポーツカーの誕生である。

リアアクスルにエアロカバーを装着したカーボンリムを採用し、バネ下重量を軽減した。

サスペンションは20クリックで個別に調整でき、Sよりも10ミリ低く、トラックモードではさらに1センチ低くすることができるようになっている。さらに、従来よりもフロントで10%、リアで25%剛性を高めている。

しかし、「A110 R」のラップタイムを最も向上させるのは、タイヤであると思われる。ミシュランは、フロント215/40 R 18、リア245/40 R 18という寸法のパイロットスポーツカップ2でグリップ力を高めている。このタイヤだけで、サーキット1kmあたり0.5秒のタイムアップになると言われている。

ミシュランのカップ2、ブレンボのストッパーでサーキット走行に対応

そのすべてをブレーキで失わないために、ブレンボは320mm径のディスクを装備した高性能ブレーキシステムを提供している。特に、ブレーキ冷却のための新しいエアコンダクションシステムが注目されている。

グースネックリアウィングは、リアアクスルにさらなるダウンフォースをもたらす。

空力面では、新しいフロントスプリッターとボンネットのエアダクトによって、フロントのダウンフォースが14kg増加し、アンダーボディ全体がフラットとなり、サイドの新しいカーボンシルがアンダーボディの面積を増やし、不要な乱流を低減している。

リアのディフューザーは幅が広くなり、リアに向かって伸びている。新しいグースネックウィングと合わせて、最速時にリアアクスルにかかるダウンフォースは29kg増加した。

ビジュアル面では、F1マシンを彷彿とさせるようなA110 Rを想定している

また、アルピーヌのエンジニアは、より高い温度調節機能と、よりエモーショナルなサウンドを実現するために、3Dプリンターで製作したダブルウォールのツインテールパイプをエグゾーストシステムに採用した。

エクステリアデザインは、マットなレーシングブルーに始まり、リアルーフバーのトリコローレ、そしてカーボンパーツの比率の高さなど、社内F1チームの外観にインスパイアされたものとなっている。

ドアループや極端に横に広がるサベルトレーシングシェルで、よりサーキット感を演出。

インテリアでは、前述のサベルト製レーシングシェルとレーシングベルトがひときわ目を引くが、ドアのプルループなど、細かなところにもモータースポーツの雰囲気が漂うようになっている。専用のテレメトリーシステムは、ラップタイムだけでなく、重要な運転パラメータを表示する。アルピーヌでは、まだ価格を決めていない。

アロンソ、離脱するも特別モデル

通常モデルの「アルピーヌA110 R」に加えて、2度のF1ワールドチャンピオンに輝いたフェルナンド アロンソのファンのために、フランスのメーカーは、非常に特別なおもてなしを開始する。32台限定(グランプリでの勝利数による)の特別仕様の構想・発表は、当然ながら、F1の夏休み中にスペイン人がチームを離れてアストンマーティンに移籍するという重大発表を行うずっと前から行われていたのである。この事実が、アロンソエディションの魅力をさらに高めているのだろうか?それは推測するしかない。

フェルナンド アロンソのスペシャルモデルは、32台しか生産されない、ダブルワールドチャンピオンが自らデザインしたモデルだ。

いずれにせよ、フェルナンドは自分の好みに合わせて、デザイナーと一緒にルックスを組み立てていったのだ。例えば、フロントのカーボンボンネットは、部分的にしかビジブルカーボンを使用していない。ルーフバーとエンジンカバーの一部をグロスブラック、リアウイングのグースネックマウントをマットブラック、ブレーキキャリパーとインテリアのループをオレンジで塗装している。

マシンの周囲にはアロンソのロゴが入り、内装やルーフバーのトリコローレは、スポンサーカラーに変更されている。技術的には、さらに硬いシャーシが備わっている。

結論:
新しいコースレイアウトがアルピーヌの特性をどれだけ変えるのか、テストするのが楽しみだ。楽しかったクロスドライバーは、今度はラインツールになるのだろうか? 乗ってみないとわからない。レポートをお楽しみに。

Text: Alexander Bernt
Photo: Alpine