小型テスラついに登場 大衆向けの電動小型車 テスラ モデル2 ついに登場 すでに開発はかなり進んでいる?

873

スタート台に立ったモデル2 – テスラは予想通り、今後、小型車を投入する。テスラが小型車用プラットフォームを発表。都市型コンパクトモデルの開発はすでにかなり進んでいるはずだ。第一報!

テスラは、コンパクトモデル用の新プラットフォームに開発作業を集中させている。これは、同社のボスであるイーロン マスクが四半期会議で説明したものだ。技術の詳細や価格水準までは明かさなかったが、このモデルはテスラファンの間では、2万5千ドル(約375万円)程度のクルマなのではないかと言われている。

テスラファンはコンパクトモデルをこうイメージしている。

テスラのコンパクトカーに関する噂は、何年も前からあった。2020年、マスク氏は中国で大まかなスケッチをした車を発表した(リード写真参照)。「モデル2」や「モデルQ」といった名称の可能性が推測される。その後、マスク氏は、テスラにはコンパクトカーよりも緊急の課題があると宣言し、コンパクトテスラのプロジェクトは、一旦棚上げとなった。

今度はアバウトに。その主な理由: トラックトラクター「セミ」、ピックアップ「サイバートラック」を本格的に展開。そして: マスク氏はコストが半分になると予想している。また、中国メーカー、BYDのLFP電池を使用する可能性もある。「次世代車は、モデル3やモデルYのプラットフォームの約半分のコストで、より小さくなる」とマスク氏は言う。

2014年の初期アニメーション。ごく普通の感じの2ボックスコンパクトカーである。

テスラは最近、全世界でモデルの価格を、現地の状況に即して大幅に引き上げ、中国では再び価格を引き下げたところだ。そんな中、テスラのシティカーは、ニッチなモデルを目指しているわけではない。それどころか「他のすべてのテスラモデルを合わせた生産量を間違いなく超えると思う」とマスクは発表している。

結論:
都市生活者だけでなく、通勤・通学者の需要にも応える手頃な価格のe-carの登場が待たれる。中国もドイツもテスラも開発しているため激しいレースになることは間違いない。そんな中、誰が一番乗りになるのか? また、ライドシェアサービスなどの大口顧客を獲得することも可能だ。テスラはこれまで、常に誰よりも早く準備を進めてきた。だからこのコンパクトカーについても、すでにみんなが思っているよりずっと先を行っていても不思議ではない。

【ABJのコメント】
テスラと言えば、大きなBEVというイメージが個人的には強い。「モデルS」や「モデルX」は小さな道では持て余すほど大きい車だし、「テスラ3」も決して小さいディメンションではない。もっと誰もが気楽に?乗れるBEV、ということでスクープされたのが今回の「モデル2」である。まだ今回のコンテンツに描かれているモデルは、あくまでも勝手なイメージをコンピューターグラフィックスで描いたものなのではないかと思うが、一番上のコンピューターグラフィックスが個人的には一番(もし出るのであれば)近いのではないかと推測する。

その場合、価格とバッテリー容量も気にはなるが、テスラのことだから何か特別な一発芸のような装備も採用されるのではないだろうか。

血の気の引くような加速も、先鞭をつけた自動運転も、ガルウイングドアも、なにかあっと言わせるようなものをテスラは準備し、テスラという自動車がどんなものなのかを印象付けてきた。そう考えると、ただ単に小さなBEVをテスラが出すとは思えないし、何かこの車だけの特別な魅力が加味されていると期待してしまうことも事実である。

もちろん自動車としての信頼性や安全がきちんと保たれたうえで、テスラならではの、ちょっと他の車では持ちえない装備を期待してしまう一台である。(KO)

Text: Hauke Schrieber
加筆: 大林晃平
Photo: Tesla