【ガチンコ勝負】日本のコンパクトモデル 新型ホンダ シビックとマツダ3の一騎打ち 果たして勝利したのは?

890

ガソリンエンジンを搭載した経済的なコンパクトカーは、もちろん今でも存在するのだ。ホンダは「シビック」を発売したばかりだが、そのライバルは「マツダ3」だ。我々は早速その2台をテストした。

プレミアムガソリンは価格が高騰し、ヨーロッパでは現在1リットルが2ユーロ(約280円)前後だったりする。ガソリンスタンドが恐怖の場所になる。だが、一方で、これがあまり痛くない車もある。いいえ、電気自動車のことではない。ボンネットの下に内燃機関を搭載し、さらにガッツのある普通のコンパクトカーの話だ。「ホンダ シビック」と「マツダ3」が経済的なガソリンエンジンとして競い合っている。

新型「シビック」の登場により、ホンダは「ゴルフ」リーグにかなり複雑な駆動技術を導入し、コンパクトカーの燃費を向上させ(リッターあたり20kmと主張)、排気ガスを効果的にクリーン化することに成功している。

大きなクルマ: スペースという点では、シビックは明らかにライバルに勝っているし、クルマはより風通しが良いように見える。

2.0リッターのガソリンエンジンと電動モーター、そしてトランスミッションのない特殊な配電を含む追加発電機ユニットの組み合わせが、「シビックe:HEV」では実際に非常に経済的に、そして予想外にスムーズに機能する – これには、確かに驚かされた。

マツダが消費の約束を破った

「シビックe:HEV」に対抗するのは、マツダだ。「マツダ3 e-スカイアクティブX 2.0 Mハイブリッド」の4気筒ユニットを、非常にシンプルかつ効率的に路上に解き放つために、開発者は特に複雑で精巧な方法で追加のメカニズムで脇を固めているのだ。

マツダ3 e-スカイアクティブXはリッターあたり18.8kmの燃料消費にとどまるはずだ。私たちのテストでは、そこまでのデータに至らなかった。

わずかに電動化され、穏やかな過給を行う「スカイアクティブX 2.0」は、100kmあたり5.3リッターのプレミアムガソリンを消費する。これまた素晴らしい。実際にチェックしてみよう。

シビックは中型車と同じ感覚

まず、2台のキャラクターに付いて語ろう。ホンダに乗って数メートル走ると、これは本当にコンパクトカーなのだろうかという疑問が湧いてくる。「シビック」は開放感に富み、手触りもよく、好印象だ。小型車ではなく、中型車とさえ感じる。実際、広さや開放感という点では、ホンダがマツダに勝っている。また、先代モデルに比べ、ラゲッジルームが広くなり、リアシートが倒しやすくなり、ドア開口部も大きくなっている。

さらに、「シビック」にはより快適なチューニングが施されている。スポーティで硬めの「マツダ3」がスムーズに乗りこなすのが難しいのに対し、「シビック」は路面に優しく寄り添うように走る。また、複雑な駆動方式もほとんど気にならない。純粋な電気駆動、内燃機関のみの駆動、そしてクラッチやパワーシフターを介した複合的なバリエーションが相互に作用し、音的にも、最終的には陰に隠れて心地よく培われる。

ホンダは品質を向上させることができる

ドライバーにとっては、特に軽い加速時には非常に受動的に感じることもあるが、高速走行時でも常にスムーズに力強く前に進んでいく。このテストでは、「シビック」はより普遍的で、より親しみやすいクルマだと言っていいだろう。しかし、残念なことに、シビックは愛のない組み立てをしたようで、エントランスの未塗装部分や不安定なアームレストが、上質な印象を大きく損ねている。

さらに困ったことに、「シビック」では中央のタッチスクリーンですべてをコントロールするという、最近よくある流行を踏襲している。メニューやサブレベルが多く、機能を選択するための「照準点」が小さく、作業面が遠いため、操作がしづらく、結局、気が散ってしまう。

操作性はマツダ3が上

これは「マツダ3」ではより効果的だ。理由は、センターコンソールにある小さな回転式ノブにある。ここでナビゲーションやインフォテインメントシステムを操作することができるようになっている。ホンダと同じように、マツダも円形のスピードメーターを明確にデザインし、エアコンは回転式で設定する、それがマツダ流だ。

マツダはセンターコンソールに回転式プッシュボタンを採用し、非常に分かりやすくなっている。

マツダの精巧なエンジン技術は、ほとんど目立たない

ホンダと同様、2.0リッターが洗練されたエンジンであることを示すものはほとんどない。大きなブーストはかからないターボチャージャーを搭載した4気筒エンジンは高回転域までスムーズに回るタイプだ。

しかし、「スカイアクティブX」の技術は、ホンダのエコノミーコンセプトのようにうまく機能しない。その結果、今回のテストでは、「マツダ3」は「シビック」より1.3リットル多い平均6.7リットル(リッターあたり14.9km)の燃料を消費した。特にマツダは、長時間の移動に適した大人向けのフロントシート(横方向のサポートが充実している)を採用しているので、これは残念なことだ。

加速性能では遅れをとっても、高速道路では180km/hに制限されたホンダを簡単に凌駕してしまう。しかし、燃料費が高騰している今は、魅力とはならない。

ホンダ シビック対マツダ3

ガソリンエンジンを搭載した経済的なコンパクトカーは、今でも存在する。ホンダは「シビック」を発売したばかりで、ライバルは「マツダ3」だ。我々は両者を比較してみた。
新型「シビック」の導入に伴い、ホンダは「ゴルフ」リーグにかなり複雑な駆動技術を導入し、コンパクトカーの渇きを抑え(リッターあたり20kmを主張)、排気ガスを効果的にクリーン化することに成功している。
2.0リッターのガソリンユニット、電動モーター、そしてギアボックスなしの特殊な動力分配を含む追加発電機ユニットの組み合わせは、「シビックe:HEV」では実際に非常に経済的に、そして予想外にスムーズに機能する。
「シビック」に対抗するのは「マツダ3 e-スカイアクティブX 2.0 Mハイブリッド」だ。
わずかに電動化され、穏やかな過給を行う「スカイアクティブ-X 2.0」は、リッターあたり18.8kmという燃料消費を主張する。
ダッシュボードのレザーエレメントのコントラストは上品で、ワークステーションは細かくマウントされている。インフォテインメントは、ロータリーコントロールで集中的に操作する。
青と赤でホットとコールド、ロッカースイッチでファン、ボタンでリサーキュレーションと、マツダのクライメートコントロールユニットは、あらゆる疑問を解決してくれる。
シビックは風通しがよく、座り心地もよく、フィーリングもよく、見た目もいい。中級車でないかとさえ感じる。インフォテインメントはタッチスクリーンのみで操作でき、クライメートコントロールユニットは便利な位置にダイヤルが配置されている。
ホンダのシートは、その力強いフォルムとは裏腹に、背もたれのサポート力は弱い。シートはレバー機構で調整するだけだが、マツダは座面と背もたれを電動で調整する方式を採用している。
「マツダ3」のリアは膝の前のスペースが少ない。また視界もかなり限られている。
「シビック」ではリアルームの足元に十分なスペースがあり、ラゲッジルームもホンダが先行している。テールゲートに収まる容量は410~1220リットルで、マツダは351~1026リットルにとどまる。
「マツダ3」の純粋な電気駆動、内燃機関のみの駆動、そしてクラッチとパワーシフターを介した複合的なバリエーションが、ここでは聴覚的に、しかし最終的には心地よく、秘密に包まれた状態で作動している。ドライバーにとっては、特に軽い加速時には非常に受動的に感じることもあるが、高速走行時でも常にスムーズに力強く前に進む。
「シビック」は、競合車よりも快適なチューニングが施されている。スポーティで硬めのマツダがスムーズに乗りこなすのが難しいのに対し、ホンダは路面に優しく寄り添うように走る。

800点満点中519点で2位: ホンダ シビック e:HEV 2.0 i-MMD
主観的に切り離されたドライビングエクスペリエンス。しかし、バランス的には、汎用性があり、何よりも経済的だ。

800点満点中、521点で1位: Mazda3 e-スカイアクティブX 2.0 M ハイブリッド
ガソリンスタンドでは十分に反映されないエンジンに、多くの工夫が凝らされている。その他。今回の対決では、より楽しいクルマ、より良い保証があるクルマを選んだ。

結論:
2ポイントの僅差で「マツダ3」が勝利した。キャラクター、特に効率性において、この2台のエコノミーカーは明らかに異なっている。比べてみて、新型「シビック」は、マツダよりも多機能で広々とした印象がある。しかし、より高い作り込みがあれば、より価格に見合ったものになると思える。

【ABJのコメント】
今度の「シビック」は本当に世界的に評価が高い。出たばかりの「タイプR」はもう絶賛の嵐で、抽選でも購入できないような状況だし、おそらく内燃機関のモデルとして完成された最後の「R」なのだと思う。だがそれ以外の、言ってみれば普通の「シビック」も大変評価が高い。もはや大きさや価格は昔のシビックとは言えないようなセグメントにはなっているが(なにしろ初期のアコードなどよりもはるかに大きい自動車なのだから)、一台の実用車として、これだけあれば文句なしの自動車であることは間違いないのだろう。

それに対し、「マツダ3」はなかなか難易度が高い。こちらも完成度は高いし、実際に運転してみればその完成度や楽しさは決して「シビック」に劣らないし、内装などのクオリティは「シビック」よりもかなり上のレベルにあると思う。だがハッチバックのリアシートの閉鎖感は2シーターを念頭において作ったのかと思うほどだし、一番その存在を難しくしているのは、とにかく肝いりで開発し市販した「スカイアクティブX」の存在だろう。夢を追い続けて完成したエンジンと、それを生み出した開発陣には頭の下がる思いだが、燃費もパワーもちょっと魅力に欠ける範囲で、なにしろ高価なこと(その仕組みを考えれば致し方ないとはいえ)が、その存在を一層難しくしてしまっている。ガソリンエンジンモデルとディーゼルエンジンモデルの「いいとこどり」になるはずだったのに、このままでは人気を博すことのないまま、消え去ってしまうのではないかと心配してしまう販売数だ。

現状では普通のガソリンエンジンモデルか、ディーゼルエンジンモデルを選ぶ人が多いのは当然だし、積極的に「スカイアクティブX」を選ぶ気持ちにはなれないというのが正直なところである。いっそのこと特別感満載のプレミアムモデルとして、内外装を思い切り別のルックスにした「スカイアクティブX」を出せば訴求できるかも、と考えてしまうのは浅はかだろうか。(KO)

Text: Dennis Heinemann and Jan Horn
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de