【新車情報】V8はないが、F1テクノロジーとこれまで以上のパワーがある それが新型4気筒メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンスだ!

1071

新型4気筒メルセデスAMG C 63、ハイブリッド680馬力搭載。もはやV8ではないが、F1テクノロジーとこれまで以上のパワー: それが新型メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンスだ。

V8は歴史にだけ残る!新世代の「メルセデスAMG C 63」に4気筒ハイブリッドが搭載されることは、もはや秘密ではなかった。そして今、「C 63 S Eパフォーマンス」が登場した。680馬力と1020Nmを発揮しながらも、シリンダー数は半分しかない。問題は、新しいバージョンに「C 63」がどれだけ入っているかということだ。

● 新型C 63 S Eパフォーマンスはハイブリッドだ
● サルーン、エステートモデルを用意
● 4気筒ターボ+電動モーター
● 476馬力を発生する内燃機関
● システム出力: 680馬力+1020Nm
● 0-100km/h加速: 3.4秒
● 最高速度: 280km/h(エステート 270km/h)
● フルバリアブル4MATIC+全輪駆動を標準装備
● リアアクスルステアリングを標準装備
● 最大13kmの電動走行が可能

C 63 Sは通常のCクラスより長い

見た目はもうバッチリAMGしている! フロントでは、新型「C 63」が大きな存在感を示している。パナメリカーナグリル、大型エアインテーク、パワードームの間にエアアウトレットが追加されたボンネット。もちろん、フレア状のフロントウイングも見逃せない。その他、サイドシルパネル、赤バックの「C 63」ロゴ、ディフューザー、ティアオフエッジ、4本の角型エキゾーストパイプなど、AMGが追加したアイテムがある。

標準は19インチだが、オプションで20インチのホイールが選択可能だ。

アファルターバッハで「C 63 S」はボディシェルを適合された。フロントは通常のCクラスより5cm長く、7.6cm広くなっている。サルーンとエステートはそれぞれ8.3cm長くなり、ホイールベースも1センチメートル長くなっている。これは、新しいドライブユニットに対応するための工夫だ。エンジンルームにV8を搭載する余地はあったのかという質問に対して、メルセデスAMGのCTOであるヨッヘン ヘルマン氏は、新型「C 63」にV8を搭載することは、もはや時代にそぐわないということだと答える。

市場導入時には、新型メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンスにサルーンとエステートを設定する予定だ。

4気筒ターボ+電動モーター

V8に別れを告げたAMGは、フロントに4気筒ターボ、リアアクスルに電動モーターという組み合わせを選択した。合計で680馬力、最大1020Nmのシステム出力を発揮するハイブリッドシステムで、これはこのクラスの競合他車をはるかにしのぐパワーだ。

4気筒ターボは、476馬力と545Nmを発揮する。「A 45 S」でおなじみの2リッターエンジンは、縦置きに搭載され、F1テクノロジーが使われた、量産車初の電動式ターボが付いている。これは、シリーズ生産モデルの4気筒としては世界最強であるだけでなく、馬力的には生産中止となったSなしの「C 63」と同じ(ただし、トルクはこちらの方が上)である。

メルセデスAMG A 45 Sでおなじみの4気筒ターボ (M 139) は、F1テクノロジーを使った量産車初の電動式ターボが搭載されてる。

0-100 km/h加速: わずか3.4秒

そして、電動モーターは、電動2速ギアボックス、電子制御式リアアクスルリミテッドスリップデフとともに、リアアクスルのEDU(Electric Drive Unit)と呼ばれる部分に搭載されている。そして重要なことは、フルバリアブル4MATIC+全輪駆動とアクティブリアアクスルステアリングを標準装備していることだ。AMGドライバーズパッケージを装着した場合、サルーンおよびエステートは0-100km/h加速3.4秒、最高速度280km/h(エステートは270km/h)を達成することが可能だ。この点でも、新型は真の「C 63」といえるだろう。

C 63 Sは電気駆動も可能

しかし、「C 63」は、たった13kmの距離しか、完全に電気で走行することができない。これは、6.1kWhのバッテリーが、最大航続距離ではなく、ブーストを提供することを主目的としていることに起因する。

専門家が「P3」と呼ぶこのハイブリッドには、決定的な欠点がある。EDU、全輪駆動のリアアクスルステアリングなどを備えた「C 63 S Eパフォーマンス」の乾燥重量は2,111kg(エステート2,145kg)で、これは現行の「S 500」の重量(2,045kg)をも上回っている。

新型AMGパフォーマンスシート

インテリアでは、オプションでイエローステッチと、BMWでもおなじみの開口部を持つ第2世代のAMGパフォーマンスシート(C 43ですでにご存じの通り)がトップモデルに用意されている。また、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンス)システムにはAMGとハイブリッドの専用ディスプレイが用意されている。その他はノーマルの「Cクラス」でおなじみのものだ。

イエローステッチ、AMGパフォーマンスシート、新型ディスプレイを除き、インテリアに新しさはない。また、そうである必要もないともいえる。

新型C 63 Sはいくらで買えるのか?

最後に、これだけ高度に複雑な技術を搭載しているのに、価格はどうなっているのか、という疑問が残る。AMGはまだ公式に何も明らかにしていないが、「C 63 S Eパフォーマンス」のベース価格は6桁(1,400万円超)になると推測している。ちなみに、450馬力の「アウディRS 4アバント」は86,500ユーロ(約1,211万円)から、BMW M3コンペティションxDriveは最低でも96,800ユーロ(約1,355万円)からとなっている。ちなみに、「S」の付かないエントリーモデルはなくなる。それは、V8と同じように歴史上だけの存在となる。

もちろん、メルセデスAMGはC 63 S Eパフォーマンスを再びエステートとして提供する。一方、クーペとコンバーチブルは販売終了となる。

結論:
新型メルセデスAMG C 63 S E パフォーマンスは、見た目も中身も本物の「C 63」のようで、パワーもこれまで以上にアップしている。では、すべて同じなのか? そうではなく、AMGは当然エモーショナルなものでもあり、それが4気筒でも伝わるかどうかが大きな問題なのだ。そういう意味ではまだ過渡的なものかもしれない。

【ABJのコメント】
AMGから8気筒エンジンや6気筒エンジンが消えていく・・・。そんな寂しい気持ちを抱いているAMGファンはきっと世界的にも多いだろう。特にAMGと言えば、あの8気筒、という想いは古いファンこそ強く持っているはずで、そんな熱心なAMGファンには4気筒のくせに「63」などを名乗る今回の一台は理解しがたいものがあると思う。

パワーがあればいい、速けりゃ文句なし、そんな方にとっては、4気筒をターボとハイブリッドシステムで目いっぱいチューニングした新しい「AMG C63 S」は問題なしなのだろうが、ハイエンドの自動車になればなるほどそれを選ぶユーザーのハードル(言ってみれば「わがまま」)は高いわけで、そういうユーザーが「63」という名前を持つ4気筒の自動車に、普通のモデルの2~3倍もの対価を払うのだろうか、僕にはちょっと疑問である。

そんなことを考えていたら、AMGのBEVもいつの間にか登場していて、そちらはもう手組でチューンアップしたエンジンとか、ワンマンワンエンジンみたいなAMGの本筋のチューニングが頭に残っていては理解できないような進化ぶり(?)になってしまっている。こういう高性能モデルは一体どちらの方向に進むのだろう、そういう本質的な問題を投げかける今回の「AMG C63 S Eパフォーマンス」であった(それにしても名前が長い。S=スポーツなのか、E=エコノミー、なのかはっきりしてほしい)。(KO)

Text: Jan Götze
加筆: 大林晃平
Photo: Mercedes-Benz Group AG