最長航続距離は600kmを超える! TOYOTA bZシリーズ第2弾「TOYOTA bZ3」を中国で発表

392

トヨタ自動車は、TOYOTA bZシリーズの第2弾TOYOTA bZ3を発表した。TOYOTA bZ3は、トヨタと比亜迪股份有限公司(以下、BYD)が合弁で設立したBYD TOYOTA EV TECHNOLOGY カンパニー有限会社(以下BTET)と一汽トヨタ自動車有限会社(以下一汽トヨタ)が共同開発した、セダンタイプのバッテリーEV(以下BEV)で、一汽トヨタより生産・販売される予定となっている。

最長航続距離は600kmを超える

TOYOTA bZ3に搭載されている電動システムは、BYDのリチウムイオンLFP電池(リン酸鉄リチウムを使用)をベースに、トヨタが長年HEV開発を通じて蓄積してきた電動化技術と経験を融合して新たに設計された。電池の耐久性を「10年後でも90%の電池容量を維持すること」を開発目標に作られ、最長航続距離は600kmを超える。

空力性能を高めながら躍動感のあるエクステリア。

開発コンセプトは「Family Lounge」

TOYOTA bZ3は、クルマは単なる移動手段ではなく、家族や友人と一緒に楽しむ大切な空間だと考えて、開発コンセプトを「Family Lounge」として開発された。

エクステリアは、車両のフロント部にTOYOTA bZシリーズの特徴的なハンマーヘッド形状を採用し、共通感を持たせて、ロングホイールベースとファストバックのロングキャビンを組み合わせた伸びやかなサイドシルエットになっている。バンパーのコーナー部分には風の流れを考えたエアガイドとエアカーテン、フラットなドアハンドル、アルミホイール、リヤバンパーのデザインを空気抵抗を減らす形状とすることで、Cd値0.218という、優れた空力性能を実現している。

センターディスプレイに操作系を集中させたことでシンプルなコックピットになっている。
センタートンネルがない足元は快適性が向上する。

インテリアでは、「デジタルアイランド」と名付けられた、縦型の大型センターディスプレイを採用。ワイヤレス充電の他、スマートフォンとマルチメディアとの連携機能も持たせ、エアコン、音楽、トランク操作等の操作機能は大型ディスプレイに集約し、音声認識機能の採用も相まって、利便性と先進性が大幅に進化している。

TOYOTA bZ3主要諸元

全長4,725mm
全幅1,835mm
全高1,475mm
ホイールベース2,880mm
Cd値0.218
乗車人数5
電池種類リチウムイオン電池(正極にLFPを採用)
bZシリース第3弾?TOYOTA bZシリーズ開発中車両。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:トヨタ自動車