ランボルギーニ、スーパーSUVのウルスに新型 ウルス S を発表

638

アウトモビリ・ランボルギーニは、ラグジュアリーカーのニッチ市場において、新たなスーパー ポジションを確立した従来のウルスの後継モデルとなるウルス Sを発表した。ウルス Sは出力が向上し、ラグジュアリーな汎用性と存在感を兼ね備えたスーパーSUVだ。

「ウルスは、最高にスポーティーなSUVと日常で楽しめるランボルギーニの両方を
重視するお客様にとって魅力的なモデルになっています。
ウルス Sは新型ウルス ペルフォルマンテと肩を並べて、機能性、ラグジュアリー、汎用性が明確に高められたモデルを好むお客様にとって最適な選択となります。
20,000台以上生産されたウルスが商業的な成功を収めてきたことは、
揺るぎない初のスーパーSUVとしての信頼性が高まった証であり、
このウルス Sはさらに評価を高めていくことでしょう。」

アウトモビリ・ランボルギーニ会長兼 CEO ステファン・ヴィンケルマン

ラグジュアリーで汎用性の高い機能

ウルス SにはV8ツインターボ エンジンが搭載されウルス ペルフォルマンテと同じ出力の666HPに強化されて、パワーウェイトレシオも3.3kg/HPに向上した。また、加速も0-100km/hを3.5秒、
0-200km/hを12.5秒で到達するように改善されている。

最高速度は305km/hで、100km/hから停止までの距離はわずか33.7m。ツインターボエンジンは、最大トルク850Nmで2300Nmから6000Nmを可能にしました。再調整された排気システムによって、エンジン始動時の独特なサウンドと各ドライブモードへの反応がよりはっきりと聞こえ、このスーパーSUVが真のランボルギーニモデルであることを再認識させてくれる。

この モデルにはアダプティブエアサスペンションが装備されたシャーシが使われているため、STRADA、SPORT、CORSA、EGOのドライブモードでは、スーパースポーツカーらしいドライブでありながらも路面でスムーズなハンドリングが楽しめる。また、オフロード用の変速レバーであるTERRA、NEVE、SABBIでは、その特別な要件に応じて、瞬時のトルクレスポンスやボディバランシングを行います。ウルス Sにはウルス ペルフォルマンテと同様のパワートレインキャリブレーションを実施しており、必要に応じてレスポンスの速さと性能が最適化されている。また、ウルスのシャーシはしっかりと調整されているため、日常でもラグジュアリーなドライブを楽しむことができるのだ。ウルス Sは、あらゆる路面コンディションに対応する汎用性の高いドライブ性能を持つ究極のライフスタイルスーパーSUVである。

存在感とバランスを備えたデザイン

ウルス Sは、スポーティーでありながらもラグジュアリーなライフスタイルを提供するために、独自の精巧なデザインへと改良され、すべてのロード環境で差別化できるスーパーSUVとしてのプレゼンスを示している。大幅に増えたカラー、トリム、ホイール、スタイルパッケージのオプションや特別なディテールが用意され、控えめなスタイルからスポーティーさを強調したスタイルまで、すべてのレンジでカスタマイズすることが可能だ。

新しいフロントバンパーのデザインには、より上品なラインが施され、標準装備として新しいマットブラック仕上げのステンレススティール製スキッドプレートにブラックのラインが入ったフロントグリルが取り付けられている。 さらにボディカラーを組み合わせた5つのスタイルコンフィギュレーション オプションでは、光沢ブラックのボディカラー、および光沢仕上げとマット仕上げのカーボンファイバー部品を組み合わせて、ウルス Sらしさが際立つ個性的なスタイルにすることが可能。

軽量化された新しいカーボンファイバー塗装のボンネットにはマットブラックの排気口があり、オプション仕上げとして排気口をグロスブラック、またボディカラーまたはカーボンファイバー塗装を光沢仕上げやマット仕上げにできる。オプションパーツである印象的なカーボンファイバー製ルーフは、新型うに活発で優雅なテイストを加えてくる。

ウルス Sの新たなリアバンパーは、よりスリムでエレガントなスタイルなりました。マットブラックの下方パーツには、新しいツインパイプ排気設計が採用され、標準のつや消しスチールとオプションのマットまたは光沢ブラック仕上げ、あるいはパーソナライゼーションプログラムAd Personamのオプションであるブライトクロームが選択できます。リムの新オプションとして、スタンダートな21インチホイールに加えて、22インチのNathリム(チタンマット色とダイヤモンド研磨仕上げ)、また23インチのTaigeteホイール(ブロンズ色とダイヤモンド研磨仕上げ)が提供される。

ウルス Sのインテリアは、カラーとトリムが刷新される。 新色のバイカラーオプションであるSportivoとSophisticatedには、 新型ウルス ペルフォルマンテのステッチパターンを使っています。バイカラーのSportivoでは、補色をより控えめに使ってスタイリッシュな雰囲気を演出し、 Sophisticatedのブラックレザートリムには、コントラストになる新たなカラーオプションとして、タン、クリーム、ブラウンと洗練された新色のBlu LeandroおよびVerde Auraが用意された。

ウルス Sのコネクテッド機能には、コネクテッドナビゲーション、セキュリティー機能や複数の車内コントロールサービスが含まれており、サービスはスマートフォンに接続して管理することも可能で、バーチャルキー機能などスマートウォッチでの拡張管理もできるようになっている。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:アウトモビリ・ランボルギーニ