【F1第17戦シンガポールGP 決勝】レッドブルのセルジオ ペレス スタートでフェラーリのルクレール追い抜き最後まで首位を譲らず今期2度目の勝利!

190

F1: シンガポールGP@シンガポール市街地コース。レッドブルのセルジオ ペレスがシャルル ルクレールを抑えて優勝。フェルスタッペンとハミルトンがドライビングエラーに巻き込まれる。

ペレスが最後までトップをキープした。レッドブルのスターレーサーは、最初のセーフティカーフェーズでの違反で警告を受け、2回目のSCフェーズでルール違反を繰り返したことで5秒のペナルティと2点のペナルティを科されることになった。2回ともセーフティカーの後ろに10台分以上の間隔を空けていた。それでも、2位のルクレールには7秒のリードがあったため、このペナルティで結果が変わることはなかった。

ウェット路面でのスタート、スリップの多発、2度のセーフティカー導入、そしてエキサイティングな最終局面 – それが2022年のシンガポールGPだった。セルジオ ペレス(レッドブル)がフェラーリのシャルル ルクレールを約8秒引き離してゴールラインを越え、今季2勝目を飾ったのだった。

ルクレールは、セーフティカー終了後に猛烈なアタックを繰り返すものの、またしてもポールポジションからの優勝を逃す。ペレスは第1コーナー手前でフェラーリをパスし、そのままトップを譲らなかった。

ペレス: 「間違いなく、僕のキャリアの中で最高のレースだった。最後の1周はまったく強烈だった」。ルクレール: 「スタートが悪くて、その後は難しいレースだった」。

3位にはカルロス サインツ(フェラーリ)が入り、ランドー ノリスとダニエル リカルドのマクラーレン2台が続いた。

フェルスタッペンはスタートで出遅れ、当初は12番手まで後退。

ワールドチャンピオンのマックス フェルスタッペンの連勝が止まった。レッドブルのスターレーサーはスタートで失敗し、当初は12位まで後退した。その後、世界チャンピオンは5位にまで浮上した。しかし、ランドー ノリスにアタックした際に、激しくブレーキをかけ、タイヤ交換のためにピットに入ることになった。その後レースに復帰し、最終的には7位にまで浮上したが、シンガポールでワールドチャンピオンシップ連覇を決めることはできなかった。

次戦、2022年F1第18戦日本GPは、10月9日(日)に、鈴鹿サーキットでおこなわれる。日本でチャンピオン争いに決着がつくか。3年ぶりのF1開催に地元も沸いている。終盤に入る2022年F1シリーズ、テクニカルコースとして世界に名高い鈴鹿でのバトルは文字通り見逃せない。

2022年F1第17戦シンガポールGP決勝結果(10位まで)
1位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル 2時間02分15.238秒
2位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ +7.595秒
3位 カルロス サインツJr(スペイン) – フェラーリ +15.305秒
4位 ランドー ノリス(イギリス) – マクラーレン +26.133秒
5位 ダニエル リカルド(オーストラリア) – マクラーレン +58.282秒
6位 ランス ストロール(カナダ) – アストンマーティン +1分01.330秒
7位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル +1分03.825秒
8位 セバスチャン ベッテル(ドイツ) – アストンマーティン +1分05,032秒
9位 ルイス ハミルトン(イギリス) – メルセデス +1分06.515秒
10位 ピエール ガスリー(フランス) – アルファタウリ +1分14.576秒

ドライバーズランキング(全22戦中17戦終了時点の順位 第10位まで)
1位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル 341ポイント
2位 ルクレール(モナコ) – フェラーリ 237ポイント
3位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル 235ポイント
4位 ジョージ ラッセル(イギリス) – メルセデス 203ポイント
5位 カルロス サインツJr(スペイン)-フェラーリ 202ポイント
6位 ルイス ハミルトン(イギリス) – メルセデス 170ポイント
7位 ランドー ノリス(イギリス) – マクラーレン 100ポイント
8位 エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ 66ポイント
9位 フェルナンド アロンソ(スペイン) – アルピーヌ59ポイント
10位 ヴァルテリ ボッタス(フィンランド)-アルファロメオ – 46ポイント

コンストラクターズランキング(全22戦中17戦終了時点の順位)
1位 レッドブル 576ポイント
2位 フェラーリ 439ポイント
3位 メルセデス373ポイント
4位 マクラーレン 129ポイント
5位 アルピーヌ 125ポイント
6位 アルファロメオ 52ポイント
7位 アストンマーティン 37ポイント
8位 ハース 34ポイント
9位 アルファタウリ 34ポイント
10位 ウィリアムズ 6ポイント

Text: Bianca Garloff
Photo: autobild.de