【新車情報】新型M2がやってくる これぞ本物のBMW? 新型M2のプロトタイプに初試乗!

617

2022年秋にワールドプレミア。次期M2は再び本物のBMWとなる。後輪駆動、M4の直列6気筒、450馬力。プロトタイプで初ドライブ!

ほとんどのモデルでキドニーグリルがXXLサイズ、現行1シリーズ(F40)は横置き3/4気筒エンジンのみ、後輪駆動なしと、最近のBMWファンにとっては楽しみは少ない。むろん、非常に大胆なデザインの電気自動車SUV、「BMW iX」もあるが、2022年秋には、旧来のBMWファンの頬を緩める真のハイライト、新型「M2 G87」が発表されるのだ!

BMWは、新型「M2」用に独自のウェブサイトを開設した。外観の予告に加え、コンパクトスポーツカーのエンジンについてもヒントがある。さらに、カモフラージュのないクーペを初めて見ることができる時期も明らかになった。ワールドプレミアは2022年10月12日、その後の市場投入は2023年4月だ。我々が新型「M2」のこれまでの情報を公開する!

エンジン: 新型M2では490馬力の可能性あり

新型「BMW M2」が再び登場!ドライビングプレジャーは100%保証付き!旧型「M2コンペティション」はすでに「S55」型直列6気筒で410馬力を発揮していたので、後継モデルはさらに数馬力を上乗せすることになる。

パワートレイン面では、「G87」に「M3」や「M4」に搭載されている排気量3リッターの新型エンジン「S58」が搭載されることが明らかになっている。ノーマルバージョンで480馬力、コンペティションバージョンで510馬力を発揮する。

しかし、今度の「M2」は、その大きな兄弟モデルに対して、ある種の敬意を払って距離を置いている。とはいえ、ベーシックバージョンでは、最高出力450馬力、最大トルク550Nmが後輪で裂ける。ギアチェンジは、標準でマニュアル、オプションでお馴染みの8速ZFオートマチックが用意されている。

「M3」や「M4」にオプションで用意されている全輪駆動は、おそらく設定されないと推測される。xDriveを搭載することで、軽量化された「M2」は、大きな兄弟車を凌駕し、シェアを奪うと推測されるからだ。

ドライビング: カモフラージュされたM2でアクセルを踏み込む

我々は、まだ厳重にカモフラージュされたプロトタイプで最初の周回をすることを許された。高速走行時には、「M2」は先代モデルよりもはるかに方向安定性が高いことがわかる。クーペは0から時速100kmまで約4秒で駆け上がり、最高速は280km/hに設定されている。

M2には、クラシックなエキゾーストシステムが残されている。オプションでMパフォーマンスパーツも用意されている。

この敏捷性は、自発的でありながら予測可能なセルフステアリングビヘイビアも決定する。ターンインの挙動は、フロントアクスルに装着された275タイヤのおかげもあって、さらにシャープになった。

限界域での反応もよりプログレッシブになっており、調整可能なスプリングとダンパーのセットアップが成功している。そして450馬力の直6の音は?穏やかなものから猛烈なものまで、あらゆるものを兼ね備えている。だから、新しい「M3」や「M4」は高すぎる、あるいは気取りすぎだと思う人は、2023年まで待ったほうがいいはずだ。言うまでもなく、この価格帯でこれ以上のものはないだろうからだ。

デザイン: フレア状のウィングと4本のリアルテールパイプを持つBMW M2

「M2」のウィングは、先代の「M2 F87」や伝説の「1シリーズMクーペ」同様、真のMモデルにふさわしく、フレア形状を採用している。リアでは、トップモデルが4本出しのエキゾーストによってその姿を現す。この4本のテールパイプがフェイクでなく本物であることは、「M2」にとって名誉なことだ。

重要なのは、BMWがM2にどのキドニーグリルを選ぶか、ということだ。

話題の「ビーバーキドニー」は、Mバージョンとノーマルモデルの区別をより強くするためのものだそうだ。しかし、「普通」の「BMW 2シリーズクーペ G42」は、比較的ワイドなダブルキドニーを装着しているが、「4シリーズ」と違って高さはそれほどない。「M2」に関しては、大型のMキドニーグリルを批判する人たちの期待を集めているのは確かだ。

また、BMW M社は、すでにMパフォーマンスパーツの予告を行っている。どうやら、上位の「2シリーズ」には、将来的にリアにスポイラーやカラーホイールを装着することも可能なようだ。カモフラージュされたプロトタイプでは、テールパイプが斜めにオフセットされ、1本ずつ上に配置された「M3」や「M4」でおなじみのパフォーマンスエキゾーストシステムも確認することができる。

価格: 新型BMW M2は先代より高価になる予定

2023年4月に新型「BMW M2」がディーラーに到着したとき、おそらく先代モデルよりも少し高価になることだろう。410馬力の「M2コンペティション」は、前回は約62,500ユーロ(約875万円)から販売されていた。次期「M2」のエントリー価格は、おそらく65,000ユーロ(約910万円)程度になると思われる。

Text: Katharina Berndt, Andreas Huber and Jan Götze
Photo: BMW AG