【初テスト&アップデート情報】新生BMW X7の全情報とファーストドライブをレポート!

308

フレッシュな外観とパワフルなエンジン – 新生BMW X7のファーストドライブ。イルミネーションキドニーグリルに加え、BMWはフェイスリフトでX7に新しいライト配置を与えている。

価格:ニューX7は10万ユーロ(約1,400万円)以下から

「BMW X7」は、2019年の市場投入時に、すでにその完成度は高かった。当時、「7シリーズ」から派生した強力なSUVは、オーバーサイズのダブルキドニーグリルが主な特徴だったが、今回のフェイスリフトでも、その印象的なフロントデザインを初代モデルからシームレスに踏襲している。

その理由は、BMWが新型「X7」に新しいラグジュアリークラスの顔を与えた最初のモデルシリーズだからだ。研ぎ澄まされたデザインのコックピットやニューデコールが採用されている。ボンネットの中は、すべてのエンジンがマイルドハイブリッドとなる。

価格面では、フェイスリフトした「X7」は97,700ユーロ(約1,370万円)から始まり、直列6気筒ガソリンエンジンと380馬力を持つ「xDrive 40i」を手に入れることができる。ディーゼル車は最低でも99,700ユーロ(約1,400万円)、よりスポーティな「xDrive M60i」は127,200ユーロ(約1,780万円)からとなっている。

外観:X7の新しい顔

今後、「BMW X7」は、デイタイムランニングライト、メインヘッドライト、大型グリルで構成される水平分割型フロントエンドを採用する。また、ダブルキドニーには、オプションでイルミネーションをつけることができるようになっている。

リアエンドは若干の変更にとどまった。ハイライトは、新しいライトとプレキシグラス下のクロームバーだ。

市販のBMWに装着されるものとしては最大級のホイールセットがオプションで用意されている。23インチと、従来よりも2インチ大きくなったホイールは、「X7」の存在感を高めるためのものだ。リアはテールランプが新しくなり、プレキシガラスの下にクロームストリップが走るように備わっている。

ニューBMW X7のディメンション
● 全長: 5181mm
● 全幅: 2000mm
● 全高: 1835mm
● ホイールベース: 3105mm

インテリア: 新しいスクリーンとBMW OS 8.0

BMWは、「X7」の3列シートによるインテリアのコンセプトに根本的な変更は加えていない。7人乗りのレイアウトは標準のままだが、オプションで6人乗りにもなり、より快適なSUVになる。

新しいインフォテインメント: BMWはX7フェイスリフトで多くのものを投入している。

最も印象的な革新は、おそらくコックピットに見ることができる。将来的には、「X7」に対角12.3インチのインストルメントクラスターと14.9インチのインフォテインメントスクリーンを一つのガラス面に組み合わせた「カーブドディスプレイ」も搭載される予定だ。

これにより、「X7」にも新しいオペレーティングシステム「BMW OS 8.0」が搭載された。ダッシュボードデコールインサートは、半透明で「X7」の文字が入った新しいものとなっている。

ドライビング: フレッシュなX7で初周回(アップデート情報!)

「X7 40i」のクリーミーな6気筒(380馬力)は、ブルーリッジマウンテンを巡るツアーで、以前よりもさらにスムーズに、スロットルに直接触れ、スイス時計のようにスムーズにパワーを発揮する。ただ、急にパワーが必要になったときに、トランスミッションがギアチェンジをするのに時間がかかることがある。

全長5.18mの大きなボディは運転するとほとんど気にならない。このSUVは便利そうだし、新しい6気筒エンジンは実に機敏だ。

しかし、それは最高レベルの不満であり、「X7」が森の中をゆったりとクルージングし、その質量にもかかわらず、コーナーでスムーズにステアリングを切ることができると、すぐに忘れ去られてしまう。

ディーゼルは欧州で最も重要なエンジンであろう

4.4リッターV8エンジンは、「M50i」から「M60i」に変更され、最適化されたターボチャージャー、強化されたクランクシャフト、クロスシリンダーバンクエキゾーストマニホールド、マイルドハイブリッドシステムにより、レスポンスとパワーデリバリーが向上している。そして、パワー面では530馬力を維持しながら、Eブーストによるサポートが追加されている。

V8は、滑らかさという点では決して直6に劣らず、さらに強調され、喉越しのよい音になっている – ただし、ヨーロッパではほとんど聞くことができない音である。ここでは、最高出力352馬力の6気筒ディーゼルが引き続き最も重要な役割を果たし、現在はマイルドハイブリッドとしても使用されている。

装備: SUV用新型インフォテイメント

「X7」のインフォテインメントのアップデートにより、最新のアシストもBMWに移行した。また、追加料金で「スピードリミットアシスト」や「リバースアシスト」などの機能も搭載できる。後者は、200m先までドライバーが運転していたのと全く同じように操作して戻ることができるようになっている。

また、新しい「コンフォート」パッケージでは、リアに最大45Wの充電が可能なUSBポートを設け、ノートパソコンの充電にも十分対応できるようにしている。

ダッシュボードのデコレートも見直された。新機能として、助手席の前にライトストリップを設置した。

エンジン: BMW X7はマイルドハイブリッドのみ

基本的に、「BMW X7」はおなじみのエンジンレンジを踏襲している。しかし、大型SUVのベーシックバージョンでは、47馬力のパワーアップを実現している。プラグインハイブリッドはまだないが、すべてのエンジンに48ボルトの主電源とベルト駆動のスタータージェネレーターが搭載され、つまりすべてのモデルにマイルドハイブリッドドライブシステムが搭載されている。オルタネーターは必要に応じて短時間昇圧し、3モデルとも最大12馬力と200Nmを発揮する。

エントリーグレードの「X7 xDrive 40i」は380馬力の直列6気筒を搭載、ディーゼルの「xDrive 40d」は340馬力を発生する直列6気筒を搭載している。トップモデルの「M60i xDrive」はV8を搭載し、530馬力を維持している。

X7エンジン一覧
● BMW X7 xDrive 40i
エンジン: 直6ガソリンエンジン、排気量: 2998cc、最高出力: 380PS、最大トルク: 540Nm、燃費: 9.5km/ℓ、トランスミッション: 8速オートマチック

● BMW X7 xDrive 40d
エンジン: 直列6気筒ディーゼル、排気量: 2993cc、最高出力: 340PS、最大トルク: 700Nm、燃費: 11.4km/ℓ、トランスミッション: 8速オートマチック

● BMW X7 M60i xDrive
エンジン: V8ガソリンエンジン、排気量: 4395cc、最高出力: 530PS、最大トルク: 750Nm、燃費: 7.5km/ℓ、トランスミッション: 8速オートマチック

Text: Andreas Huber and Michael Gebhardt
Photo: BMW AG