【上質なコンパクトSUVバトル】アウディQ3対BMW X2対ボルボXC40 果たして勝者は?

773

ボルボXC40は、アウディQ3やBMW X2と競合する。2リッターのガソリンエンジンを搭載した3台の優れたコンパクトSUV、アウディQ3とBMW X2とボルボXC40を比較してみた。

「最初のマイナーチェンジの前に新車を買ってはいけない」と叔父はよく言っていた。もちろん、そのことは以前からわかっていたことだ。今回の3台のコンパクトSUVは、1台が5年前に開発され、残りの2台は4年間、すでに道路を走っている。我々は、ボルボXC40、アウディQ3、BMW X2の3台を比較してみた。

誕生から5年目を迎えた「ボルボXC40」には、ようやく競争力のあるマルチメディアが登場した。スウェーデンの4.44mのSUVには、Googleベースのシステムも組み込まれており、我々の試乗車は最高装備ライン「アルティメット」で、ようやくアウディやBMWで長年知られているボイスコントロールさえ機能するようになった。だから「ハンブルクのアクセル=シュプリンガー広場1番地まで送ってくれ」とか「ラジオNDR2を流してくれ」と言えば、システムは数秒で反応してくれる。しかしなんと言っても、どれも5万ユーロ(約700万円)前後のクルマなのだから、それくらいは期待できて当然だ。

XC40は決して小さな車ではないが、荷物を積むとすぐに窮屈になる。そして、後席の乗員は居心地が悪い。

手狭になるのはXC40が一番早い

「XC40」は、サブメニューの画面による空調コントロール、低すぎて狭いリアシート、428リットルの最小ラゲッジルームなど、他の弱点もそのまま残されているのが残念だが、買い物袋をかけられるフック付きの折りたたみ式ダブルロードフロアは便利だ。ボルボは、メイド イン ベルギーの「XC40」の細部にまで気を配っている。例えば、ドアポケットにカーペットを敷いて、ガタつきがないようにしているなどなど。

ガラケーといえば。アウディ!「Q3」は全高が4.48mとこの比較では最も高く、ラゲッジルームは530リットルと最も大きく、そして – もちろん – アウディの後部座席は3台中、最も居心地が良い。大きなドア開口部、快適な乗降性、十分なヘッドルームとレッグルームを実現している。そして何よりシートも快適なので「Q3」のときだけ、後ろに乗って長旅をしたくなる。

アウディQ3は品質上の欠陥が見られる

しかし、それでも我々は認めざるを得ない。アウディは、もはや品質世界王者ではないということを。この比較では、「Q3」は品質部門で20点満点中16点しか与えられず、ボルボより1点、BMWより2点劣っている。

4.48mのアウディQ3は、この比較で最も大きく、530リットルのラゲッジルームも最も大きい。

なぜかというと、ボンネットは裏面を塗装していないし、小物入れやドアの棚板にも安っぽい硬質プラスチックが使われているし(ここはガタガタする)、荷室床のカーペットの端は縫われていないし、トランクを仕切るプラスチック部品は多分冗談だろう!? まだ開発責任者がハッケンバーグと呼ばれていた時代なら、「Q3」も道筋が違っていたかもしれないが・・・。

BMWはマルチメディアのアップデートが必要

「BMW X2」がなぜ今回の比較テストに参加しているのか、簡単に説明する必要がある。4.36メートルと最も短く、傾斜したルーフラインを持つが、470リットルのトランクは最も小さいものでもない。しかし、本来なら、「X1」がこの比較テストに参加すべきだろう。しかし、「X1」はまだ新しすぎて、今回の比較テストには不適切だったのだ。

BMWのコックピット。X2は、アナログの計器類が並ぶ旧来のBMWのままだ。またiDriveも、最新のものではない。

「X2」は、中身が少し時代遅れなことに気がつく。デジタルインスツールメント?いや!マルチメディア?いい感じだが、「iDrive 6」は一世代前の「3シリーズ」から搭載されているため、ナビゲーションとラジオコマンドしかコントロールできない。当然のことながら、他の新しいBMWモデルのデジタルインスツールメントやマルチメディアは、競合他車よりずっと進んでいるのだ。

「X2」はハッチバックSUVとしての役割を十分に果たし、リアシートもまずまずで、フロントのMスポーツシート(500ユーロ=約7万円)はスリムフィットタイプ用で、完璧な横方向のサポートを提供する。広いCピラー、傾斜したルーフライン、狭い窓のために、風景が見えにくくなっていること? それらは、この「X2」は走るためにあるため犠牲となっている。

しかし、それでもBMWは品質王者であることを強調しておきたい。上質なプラスチック、フロントドアとリアドアの間のシールによる風切り音の防止、コックピットのガタつきのなさ、などなどだ。

ダイナミクス。張りのあるセットアップとシャープなステアリングは、X2がコーナリングを欲していることを物語っている。

スポーティなドライバーのためのX2

走りとドライビングダイナミクスの章ではBMWが勝っている。178馬力とライバルに比べると馬力は劣り、0-50km/h加速2.7秒、0-100km/h加速7.9秒とアウディ(2.5秒&7.4秒)に劣るものの、スポーツドライバーにとって笑顔が似合う車だ。

以下、テストの詳細は、フォトギャラリーとともにご覧ください。

上質なコンパクトSUV3台をテスト

2リッターガソリンエンジンを搭載した3台の優れたコンパクトSUV: ボルボXC40とBMW X2とアウディQ3を比較する。
「ボルボXC40」は、発売から5年が経過した最も古いモデルで、全長4.44mに及ぶ。
「Q3」は4.48mで、この比較では最も大きなサイズだ。アウディは、4.36mとトリオの中で最も短いBMWと同じように、4年前から存在している。なぜ、「BMW X2」のようなタイプがこの比較対象になっているのか、簡単に説明する必要がある。本来なら「X1」だろう。しかし、モデルが新しすぎて、比較対象とはなり得なかったのだ。
「X2」は、中身が少し間延びしていることに気がつく。デジタル楽器?いや!コックピットには、まだクラシックなデバイスが残っている。
iDrive 6は一世代前の3シリーズから搭載されているため、ナビゲーションとラジオコマンドしかない。BMWは実は他車よりずっと進んでいるのに、残念なことだ。
「ボルボXC40」では、大音量と静粛性のための太いロータリーコントロールを備えたアップライトなナビゲーションシステムを見つけることができる。
デジタルディスプレイを標準装備し、最高の装備ではナビゲーションマップを変化させることができる。
ボルボの2022年: ついにスマートフォンのように簡単にナビゲートできるようになった。最高装備レベル「アルティメット」の試乗車では、ボイスコントロールでさえ、ようやくアウディやBMW並みに機能するようになった。
「アウディQ3」では、タッチセンサー式のナビゲーションシステムが少し低く、ロータリーコントロールもどこかへいってしまった。ただし、良かったのは、クライメートコントロールユニットだ。
デジタルディスプレイ付きバーチャルコックピットは、大型ナビゲーションシステム付きのパッケージで2,565ユーロ(約36万円)という高額な価格設定になっている。
張地は好みが分かれるところだが、アウディのシートはテスト車中で最も快適だった。
「X2」のMスポーツシートは500ユーロ(約7万円)で、Mスポーツ(プラス4,400ユーロ=約60万円)とセットとなっている。
「XC40」のシートは快適だが他車に比べると横方向のサポートが弱い。横に揺れる。
ボルボの後席?そんなに快適じゃない!それは、シートが短くて低いからだ。
ハッチバックSUVとしては驚くほどの広さがある「X2」だが、小さな窓からの視界はあまりよくない。
後席はアウディに乗るのが一番だ。十分な広さと快適な乗り心地、そして素晴らしいベンチシートが備わっている。
ラゲッジスペースに関してもアウディは最大で、後席の後ろに常に530リットルが収まり、ラゲッジルームは最大1525リットルまで拡張することが可能だ。
428リッターから1304リッターと、「XC40」が最も小さなトランクを持つ。しかし、後席を倒すとトランクは完全にフラットになり、買い物袋をかけられるフック付きの折りたたみ式ダブルロードフロアは素敵だ。
ボルボとアウディの間で、「BMW X2」は470リットルから1355リットルのラゲッジスペースを提供している。走りとドライビングダイナミクスでは、BMWが勝っている。パワーでは、178馬力とライバルに比べると馬力は劣り、0-50km/h加速2.7秒、0-100km/h加速7.9秒と明らかにアウディ(2.5秒&7.4秒)に負けるが、それでもスポーツドライバーに多くの笑顔をもたらす存在だ。
225/45 R 19のピレリP-Zeroタイヤを装着した「X2」は、高速コーナリングを得意とするクロスオーバーであり、ほとんどふらつかないようにしっかりチューニングされている。ドライビングモードボタンでコンフォート(固め)とスポーツ(かなり固め)を選ぶことができ、ステアリングはもはやダイレクトというより、シャープと言ったほうがいい。もしあなたがそのすべてを受け入れられるなら、「X2」は少し高めの着座位置を持つ完璧なコンパクトスポーツSUVとなるだろう。
居住性はじめ「X2」はコーナーを追いかけるだけではない日常生活における快適性では不満にもなるだろう。
そして、もう一方のシャシーのセットアップだ。1769kgのボルボは高速カーブでは体の動きでそれが顕著に表れる。また、唯一マイルドハイブリッドシステムを搭載し、その電気的ブーストがスプリントをサポートすることになっているにもかかわらず、あまりそれを感じさせない。0から50km/h、100km/hまではBMWより0.5秒遅く、130km/hまでは「X2」の方がさらに1秒以上速いのだ。しかも、ボルボの方が20馬力近くも高いにもかかわらず・・・、だ。
「XC40」はボルボらしい走りをする。ステアリングはコミュニケーションなしで、中間位置の遊びが大きすぎるが、スムーズなドライブ、長いストレートでの快適性は良い。しかし、ヘアピンカーブに差し掛かったら大変だ。
「Q3」はカーブの多い高速の田舎道などではタイヤのサイズがものたりない。235/55 R 18というサイズはほとんど風船タイヤを連想させる。だから、アウディは曲がる前から鳴くのだ。
「Q3」は、兄弟の「VWティグアン」ほど、ドライバビリティが高くないことがわかった。ステアリングが軽すぎるのだ。しかし、日常の運転ではこれが変わってくる。スポーティに走らず、滑るように走るだけなら、アウディが一番楽しいと思う。

そろそろレジに行こう。ボルボはアウディ(43,050ユーロ=約600万円)、BMW(45,150ユーロ=約630万円)を大きく引き離して、51,600ユーロ(約720万円)となっている。

第3位 800点満点中528点: BMW X2 xDrive20i
スポーティなチューニングを施したBMWそれは素晴らしい出来栄え、素晴らしい走り。しかし、装備などは貧弱だ。

第2位 800点満点中533点: ボルボXC40 B4 AWD
デザインファンのための居心地の良いヘビー級、最終的に優れたマルチメディアを備えた最適な装備だが室内が狭い。

第1位 800点満点中551点: アウディQ3 40 TFSIクワトロSトロニック
最高の空間を持つ快適なオールラウンダー。素晴らしいエンジン、素晴らしいシート – しかし、品質はもっと良くあるべき。

結論:
車は4、5年後で陳腐化してしまうのだろうか??No!この3台のSUVは、永遠の若さが存在することを示している。結局、「アウディQ3」がオールラウンドに最高の特性を発揮して1位を獲得した。最も小さな価格で多くのスペースを確保した、それが勝因だ。「ボルボXC40」がようやくナビ時代と肩を並べた。しかし、「BMW X2」がここでは真のドライビングマシンだった。

【ABJのコメント】
今回の比較テストのポイントは、3台とも、モデルが発表されてからそれなりの時間が経過しているというところである。「アウディQ3」も気がついてみれば発表以降結構な時間が経過しているし、あんなに新鮮で今までにないボルボという感覚を覚えた「XC40」もすっかり見慣れた感じがする。「X2」も「X1」と「X3」に挟まれた、なんともニッチなモデルを出してきたものだと思っていたけれど、CピラーにBMWのエンブレムをつけたX2を街中で見ない日はないほど浸透している。

そしてこういう風に街中で見慣れて、こなれてきた時点だからこそ、冷静にかつ客観的に比較することができるのではないかと考えることもできよう。そんな今回の比較テストの勝者は「アウディQ3」だったが、これはAUTO BILDのテスターがバランスの良いSUVという視点から選んだものであると考えることができよう。やはりこういう比較テストの場合、どの部分を重視してテストするかで、結果はがらりと変わるものなのである。そして今回のようにバランスよく、かつ優等生的な視点から選べばやはり「Q3」はかなり高得点を得る結果となろう。

「X2」はその点やや精彩をかいてしまうが、「Q3」と(特に優等生な評価をするのであれば)比較するのならば「X3」を持ち出すほうが良かったのではないか、と思ってしまう。そういう部分がちょっと残念である。「ボルボXC40」は大変スタイリッシュで、お洒落だと思うが、実用面では特にスペースユーティリティの部分で見劣りがしてしまうし、個人的にはパワーユニットのディーゼルが選べないのが残念である。もうボルボはEV化まっしぐらであり、ディーゼルエンジンはオワコンであることは理解していても、SUVのパワーユニットにはやっぱりディーゼルエンジン悪くないのになぁ、と小生はついつい思ってしまうのである。(KO)

Text: Berend Sanders and Andreas May
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de