【フルテスト】25枚の写真&フルテストデータとともに楽しむ新型メルセデスAMG SL 高級ロードスターの走りとは?

203

メルセデス SLは、ロードスターの永遠の夢だ。新型メルセデスAMG SL 63 4MATIC+は、あなたを新しい夢の世界へといざなう。我々は、585馬力V8を搭載した高級ロードスターに試乗した。

モナコ、モルディブ、モーリシャス、マデイラ・・・。憧れの場所の多くがMで始まるのは驚きだ。あとは、もう1つ。メルセデス。正確には、「メルセデスAMG SL 63 4MATIC+」も頭文字はMから始まる。

まさにゼロから作ったクルマ。重量2トン弱の高級ロードスター、V8ツインターボ、585馬力、9速オートマチック、全輪駆動、セラミックブレーキ、アンチロール制御、後軸ステアリング、シートベンチレーション、マッサージなどなど。しかしハイブリッド、電動モーター、充電ケーブル、何トンもあるリチウムイオン電池などはない。

SLは先代の遺産をその肩に背負っているのだ。また、次期AMG GTの技術的なベースにもなっている。

偉大な遺産を受け継ぐ新型SL

新型「SL」、モデルシリーズ「R232」は、時に伝説的な先祖から見て、かなりの重荷を背負っている。結局、「SL」シリーズを継承するだけでなく、その技術はロードスターがなくなる次期「AMG GT」にも採用され、ある意味、「Sクラス カブリオレ」の代わりにもなるのだ。

大きなグリル、細いヘッドライト、長いボンネット。バックミラーに映るSLを見れば、誰もがスポーツカーがやってきたと感じるはずだ。

デザインに込められた追い越しのプレステージの数々

「R232」は、初めてAMGが全面的に開発した「SL」だ。そのデザインは、「SL」が堂々たる風格を備えていることに疑いの余地はない。AMGらしいワイドなパナメリカーナグリル、細いヘッドライト、長いボンネット、大きく後退したシート、フラットでやや丸みを帯びたリアエンド、やはり細いライト。また、走行状況に応じて位置を変える電動作動式スポイラーをリアに配置している。

「SL」には今回も折りたたみ式のファブリックルーフが搭載され、時速60kmまでなら15秒弱で開閉でき、先代のメタル製フォールディングルーフに比べ21kgの軽量化が図られている。2+2シーターとして設計されており、これは「R129(1989~2001)以来のことだ。後席の非常に狭い2席は、1.50mまでの小柄な人が座ることを想定しているが、実際にはほぼ実用的ではない。

新型SLの後部座席には、身長1.50mまでの人なら座ることができるはずだ。しかし、これは後席の狭さを考えると、かなり心もとない。

SLは、実は2シーターに近い

ラゲッジルームは最大240リットル(ルーフクローズド時)、213リットル(ルーフオープン時)で、過大な荷物は収納できない。2人で旅行するなら後席を荷物置場として有効に活用するべきだろう。

試乗車(パッケージ価格7,259ユーロ=約101万円)のタイトなマルチコントゥアーシートは、数種類の調整が可能で、ベンチレーション、マッサージ、ネックヘアドライヤーも備えている。しかし、まだ最適とは言えない。肩の部分のサポートが不足しているからだ。

SLのコックピットは気持ちいい。しかし、SLには大型のタッチパネルはどこか場違いな感じがするし、シートは横方向のサポートが不足している。

ほとんどすべてのものがドライビングにフィット

車内の奥深く、ドアと重厚で高いセンターコンソールの間にしっかりと調整された状態で座る。コックピットはまとまりのある完璧な造形で、縫い目は細かく描かれ、タービンの照明付き吹き出し口などのディテールは、少し遊び心があるように見える。12.3インチのインストルメントクラスター内のメーターは8種類のレイアウトを設定でき、いずれも絵に描いたような美しさで、とても見やすくなっている。

【車両データ】

モデル メルセデスAMG SL 63 4MATIC+
エンジン V8ツインターボ、フロント縦置き
排気量 3982cc
最高出力 585PS@5500rpm
最大トルク 800Nm@2500rpm
最高速度 315km/h
駆動方式 全輪駆動、入力ギア
全長/全幅/全高 4684/2020/1667mm
ホイールベース 2829mm
乾燥重量 1,922kg
前後重量配分 53対47
トランク容量 213~240リットル
0-50km/h加速 1.6秒
0-100km/h加速 3.5秒
0-130km/h加速 5.2秒
0-160km/h加速 7.5秒
0-180km/h加速 9.3秒
0-200km/h加速 11.4秒
0-230km/h加速 15.6秒
0-250km/h加速 19.4秒
60-100km/h加速 1.6秒
80-120km/h加速 2.0秒
制動距離(100km/h時より) 32.4m
制動距離(200km/h時より) 135.0m
平均燃費 8.4km/ℓ
テスト時燃費 5.0km/ℓ
基本価格 187,098ユーロ(約2,620万円)
テスト車価格 206,436ユーロ(約2,890万円)

しかし、中央の11.9インチ縦型タッチスクリーンだけは、「SL」の調和の取れたアンサンブルになじんでいない。なんとも後付のような印象だ。しかしそれでも少なくとも、30度傾けることができる。これは、屋根が開いていて、日差しが強いときに、読みやすさを向上させるためのものだが、いつもうまくいくわけではない。しかし、基本的には、ディスプレイは常に鮮やかなビジュアルで、多くの情報を提供し、メニューは極めて包括的でありながらよく構成されており、いつものように巧妙で高速なMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンスシステム)ボイスコントロールは最高の状態にある。

珠玉の内燃機関: 4リッターV8ツインターボは、最高出力585馬力、最大トルク800Nmを発揮する。

「SL 63 4MATIC+」では、おなじみの4.0リッターV8ツインターボの最新バージョンで、585馬力@5500rpm、最大トルク800Nm@2500rpmを発揮する。このV8は、アクティブエンジンマウントを配して搭載され、パワフルで速く、豊かなサウンドを奏でる、現在最高の内燃機関の一つである。単純にすごく楽しい。これは、黎明期のエレクトリック時代に長く記憶されることだろう。

【テスト評価】

本体 フロントは快適な空間、リアは狭い、ラゲッジルームが狭い。ソフトトップ、高負荷容量。レイアウトが不明確。 5点中3点
駆動システム 卓越した性能を発揮する4.0リッターV8。高速オートマチックトランスミッション。燃費の悪さは許せる。 5点中5点
ドライビングダイナミクス 非常に優れたトラクション、ロール補償を備えた俊敏なシャシー、ダイレクトな全輪操舵、最高のブレーキ。 5点中4.5点
インフォテインメント 鮮やかな光学系のタッチスクリーン、非常に優れたMBUXシステム、拡張現実感、携帯電話のカップリングは完璧だ。 5点中5点
対環境問題 比較的大きい、重量が大きい、消費量が多い。大きな外音。 5点中2点
快適性 快適なシート、適切なポジション、成功した操作性。アダプティブ・シャシーと心のこもった快適性。 5円中4点
コスト 基本料金が非常に高い、維持費が高い。年1回のメンテナンス、短い保証期間。 5点中1点
AUTO BILDテストスコア   2-

試乗車の「SL」は、0-100km/h加速3.5秒、0-200km/h加速11.4秒、最高速度315km/hと、いずれも息を呑むような数字がずらりと並んでいる。「メルセデスAMG」の走りに関しては、以下、フォトギャラリーとともにどうぞ。

メルセデスAMG SL 63 4MATIC+のテスト走行

新型メルセデスAMG SL 63 4MATIC+は、あなたを飄々とした夢の世界へといざなう。我々はV8を搭載した高級ロードスターを試乗した。
R232は、初めてAMGが全面的に開発したモデルだ。そのデザインは、SLが堂々たる風格を備えていることに疑いの余地はない。
AMGらしいワイドなパナメリカーナグリル、細いヘッドライト、長いボンネット、後方に配置されたシート、フラットでやや丸みを帯びたリア、細いライトなどが特徴だ。
走行状況に応じて位置を変える電動伸縮式スポイラーをリアに配置した。
SLは今回も折りたたみ式のファブリックルーフを採用し、わずか15秒弱で60km/hまで開閉することができ、先代のメタル製フォールディングルーフと比較して21kgの軽量化を実現している。
2+2シーターとして設計されており、これはR129(1989~2001年)以来のことだ。非常に狭い後席は、1.5mまでの小柄な人が座ることを想定している。ラゲッジルームは最大240リッター(ルーフクローズド時)、213リッター(オープン時)で、過大な荷物は入らない。
ドアと重厚で高いセンターコンソールの間にしっかりと調整された状態で座る。コックピットはまとまりのある完璧な造形で、縫い目は細かく描かれ、タービンルックの照明付きエアベントなどのディテールは、ちょっとした遊び心に満ちている。ただ、中央の11.9インチ縦型タッチスクリーンは、「SL」の調和のとれたアンサンブルにはなじんでいない。
SL 63 4MATICでは、おなじみの4.0リッターV8ツインターボの最新バージョンで585PS@5500rpm、最大トルク800Nm@2500rpmを発揮する。このV8は、アクティブエンジンマウントを備えたSL63に搭載され、パワフルで速く、豊かなサウンドを奏でる、現在最高の内燃機関の一つである。単純にすごく楽しい。
0-100km/h加速3.5秒、200km/h加速11.4秒、最高速度315km/hと、いずれも息をのむような数値だ。
V8は、パワフルなスタートと、どんな状況でも力強い推進力を発揮し、熱血漢でレブハッピー、そしてクルージングではスムーズで、カジュアルでリラックスした走りを実現している。V8らしい深く濃い泡立ち、適度な荒々しさがありながら、凶暴なまでに力強く鳴らすこともできる。
トルクコンバーターの代わりに湿式発進クラッチを採用した9速オートマチックは、ここでも高いレベルで役割を果たし、気配りのある迅速な反応と、必要なときには素早く激しい反応を示す。
SLでは初めて、全輪駆動、後軸操舵(100km/hまでは前輪と逆方向に、それ以上は並列に操舵)、SL 63では、アダプティブダンパー、油圧式ロール安定装置、後軸のリミットスリップデフを備えたシャシーが採用されている。これらはすべて標準装備だが、セラミックコンポジットブレーキは別料金(8,925ユーロ=約125万円)だ。例によって、さまざまなチューニングが可能で、基本的に「スムーズ」から「レース」まで6種類の走行プログラムが用意されている。
快適な乗り心地と、よりパワフルでスポーティな乗り心地を両立させている。しかし、基本的にはAMGの遺伝子がはっきりと現れていて、SLはふくよかで安定感があり、サスペンションも非常にドライで優れたものだ。
メルセデスはどのモデルでも一流のステアリングシステムを作っているが、SLでもこれを見事に実現。非常にダイレクトでありながら神経質にならず、フィードバックもいい。エネルギッシュで力強い動き、正確な走り。しかし、2トン近い重さは常に気になる。
100km/h走行時から33.3メートルで完全停止。しかし、セラミックブレーキは、システムがあまり敏感に反応しないなど、不満が残る。
テストでは、SL63は1リットルあたり6.8kmと燃費は悪いが、我々のテストラップはフルスロットルのステージを含む。つまり、日常的な運転では、1リットルあたり8.3km以上の数値も非現実的ではない。
試乗車の206,436ユーロ(約2,890万円)も、なんだかこの世のものではない感じだ。

結論:
「AMG SL」は、超強力で超高速なラグジュアリーロードスターである。堂々としたデザイン、素晴らしい内燃機関(純粋な内燃機関V8!)、そして多くの精巧な技術が搭載されている。このようなものがまだ存在することを、私たちは喜ぶべきだろう。
AUTO BILDテストスコア: 2-

【ABJのコメント】
まだ日本の路上で遭遇したことはないが、「メルセデス・ベンツAMG SL」には、良い部分と個人的には馴染めない部分が混在している。良い部分は、久しぶりにソフトトップが「SL」に帰ってきたことと、本文中にも記されているように、大きなディスプレイだけは不釣り合いながらインテリア全体の雰囲気はなかなか悪くないこと、そして4座も(座れないながらも用意されていること)で、この点に関してはなかなかいい方向への回帰なのではないかとさえ感じている。

一方で、なんだかなぁ、なのはやはり「AMGブランド」として「SL」が開発され販売されることで、ここだけはなんとしても「普通のメルセデスブランド」として登場してほしかった。もう何回も書いて、くどいかもしれないが、「SL」が高性能路線まっしぐらに歩むのは個人的にはまったく馴染めず、もうちょっと絶対的性能をおさえてでも、エレガントとか、ゆったり乗れる方向性でいてくれたなら、という残念気持ちは感じてしまう。買えるか買えないか、あるいは所有できるか所有できないかは別として、おじいさんになってのんびり乗る自動車として「SL」のような自動車は一つのあこがれだし、こういう自動車で悠々と都会やたまには避暑地などを走ってみたい、という自分にはまったく似合わない見果てぬ夢を描くようなオープンモデル、それが僕の頭の中の憧れの「SL」である。

噂ではマイバッハブランドの「SL」も出るようではあるけれど、それはさらに遠くの世界の自動車だし、ここまでの性能は要らないので、穏やかで安楽な「普通の」モデルも出してくれたらいいなぁ、というのは外野の勝手なわがままである。(KO)

Text: Berend Sanders and Dirk Branke
加筆: 大林晃平
Photo: Mercedes Benz AG