やっぱりカッコイイ!「SUPER GT」のススメ 高性能なGTカーをベースとしたレーシングカーがバトルを繰り広げる

157

「SUPER GT」は、年間約40万人もの観客数を動員した名実ともに国内No,1のレースシリーズだ。2022年は全8戦で行われており、残すところあと3戦と終盤戦に差し掛かっているが、改めて国内最高峰のハコレース「SUPER GT」に着目し、その人気の秘密に迫っていく。

最大の特徴は、性能差のある2つのクラス、GT500クラスとGT300クラスの混走レースとなるところだ。日本の主要なサーキットをラウンドし、250km~800kmを走るスプリントレースでもあり、耐久レースでもある。抜きつ抜かれつ最後まで息の抜けない、戦略に富んだレース展開は見どころ満載だ。

各車の性能差をなくすように性能調整が行われている

GT500はゼッケンの色が白地に黒、トヨタスープラ、日産Z、ホンダNSXの3車種、15台、15チームが参戦している。

カルソニック IMPUL Z

実は、「市販車の改造車」とは別物で、モノコックは各車とも共通のカーボン製のものを使用しなけらばならず、車両の全長、全幅、全高、オーバーハング、ホイールベース、タイヤサイズも規定値に合致した車両で、エンジンも各メーカー直列4気筒直噴ターボと定められており、想定馬力は約500馬力(実際には600馬力以上?)。他にもトランスミッション、ECUなど共通パーツを使用することにより、コストダウンも図りつつ、各車の性能差が少なく戦闘力を均一化して、公正に戦えるようなレギュレーションとしている。ボディだけは、各社市販車に近い、それらしいものが被せられていて、エアロパーツなど縛りのない部分の自由度は極めて高い。それ故「世界で最も速いGTカー」とも言われる。タイヤはワンメイクではなく、ブリヂストン、ミシュラン、ヨコハマ、ダンロップが参戦している。

GT500のスタートシーン

GT300クラスはゼッケンの色が黄色地に黒、車種のバラエティーが豊富であり、その中でも大別としてFIA(国際自動車連盟)のGT3規格に沿って国内外各メーカーで作成された車両、またSUPER GTを運営するGTA規定に基づいて作成された車両、またGTA規定のマザーシャーシに専用のモノコック+エンジンにベース車に似せたボディーカウル付きのキットカーの参加に限られている。GT500クラス同様、GT300クラスのエンジン想定馬力は約300馬力(実際には550馬力以上?)。

グッドスマイル初音ミク AMG
Studie BMW M4

特にこの300クラスは車種がバラエティーに飛んでおり、Audi RS LMS、BMW M4 GT3、Ferrari 488GT3、NSX GT3、Lamborghini HARKAN GT3、LEXUS RC-F GT3、MercedesAMG GT3、日産GTR NISMO GT3、スバルBRZ GT3、トヨタGR86、GR Supra、MC86、GR SPORT PRIUS PHVなど計28台で戦っている。GT300クラスも性能調整がされており、吸気をリング形状のリストリクターで制限、ターボ車であればブースト圧の制限によるエンジンパワーの抑制、最低重量や最低地上高の設定を行なっいる。

Team Lumans Audi R8 LMS
GT300のスタートシーン

また、SUPER GTの特徴の一つに、サクセスウエイト制がある。年間8戦ある6戦目まではレース毎に得点の累積を基準に次回のレース時にはウエイトが課せられ、最大100kgのウエイトまたは、燃料リストリクターの装着となり同一チームが勝ち続けるを難しくしている。7戦目は6戦目までの加算されたサクセスウエイトが半減され、最終戦の8戦目はノーウエイトのガチンコレースとなる。

GT500ドライバーランキング(第5戦終了時点の上位5位)
1位 #12 カルソニック IMPUL Z 平峰 一貴 / ベルトラン・バゲット
2位 #37 KeePer TOM’S GR Supra サッシャ・フェネストラズ / 宮田 莉朋
3位 #3 CRAFTSPORTS MOTUL Z 千代 勝正 / 高星 明誠
4位 #17 Astemo NSX-GT 塚越 広大 / 松下 信治
5位 #14 ENEOS X PRIME GR Supra 大嶋 和也 / 山下 健太

GT500クラス ENEOS X PRIME. GR Supra

GT300ドライバーズランキング(第5戦終了時点の上位5位)
1位 #56 リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R 藤波 清斗 / ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
2位 #10 TANAX GAINER GT-R 富田 竜一郎 / 大草 りき
3位 #61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人 / 山内 英輝
4位 #18 UPGARAGE NSX GT3 小林 崇志 / 太田 格之進
5位 #4 グッドスマイル 初音ミク AMG谷口 信輝 / 片岡 龍也

GT300クラス リアライズ日産メカニックチャレンジ GT-R

次戦は9/17-18に宮城県のスポーツランドSUGOで第6戦が開催される。このサーキットはコース幅が比較的狭く、高低差もかなりあることから、このサーキットには魔物が住んでいると言われるほどアクシデントの多いサーキット。しかもシリーズチャンピオンを巡る戦いも佳境に入り、バトルは勿論、戦略も重要な鍵となるのは間違いないだろう。

次回はレースの結果をレポートしながらSUPER GTの魅力をお伝えしたい。

Photo&Text:Hisao sakakibara

【筆者の紹介】
Hisao sakakibara
モータスポーツフォトグラファー。レーシングカー好きが高じて、サーキット通いに明け暮れる。モータスポーツの撮影取材を始めて25年のベテランフォトグラファー。