【名車物語 その7】ハイブリッドスーパースポーツカーの元祖 ポルシェ918スパイダー その革新的な技術とは?

209

電気で加速時の推力をアップ。革新的な技術による先取り: 約10年前のポルシェ スパイダー918は、今でも多くの現行新車より優れた走りを見せてくれる。

8年ほど前、彼らは「黄金の三羽烏」、つまり「聖なる三人の王」と言われていた。「フェラーリ ラフェラーリ」、「マクラーレンP1」、そして「ポルシェ918スパイダー」。ツッフェンハウゼンのメーカーは我々のこの取材のために、「918スパイダー」を工場内のミュージアムから特別に持ち出してくれた。感謝!

モードスピードから、翼が所定の位置に移動し、角度が2度、8度、14度から選択できる。

当時、この1台がテスト車として編集部に置かれていたとき、私は運転する機会を与えられなかった。今日は本当に本当にラッキーだ。なぜなら、ポルシェのスーパースポーツカーのエリートから発せられる魅力は、まだそこにあるからだ。

すでに10年前に電動化された918スパイダー

「918」は、まだ電気が「必要だから」ではなく、「欲しいから」搭載されていた時代に誕生した。加速するときのひと押しや、全輪駆動を効率的に行うために。

「ポルシェ918スパイダー」は、今でもそのすべてを、ほとんど気の遠くなるような事実として行っている。10年近く前のクルマが、今の新車のように走るのは、本当に驚き以外の何物でもない。

運転席で燃料を補給し、助手席で電力を補給する – この2つを混同しないように。

それこそがポルシェ効果なのかもしれない。他のメーカーの現行モデルでも、10年前のこの車と同じような走りをすることもあるが・・・。

テクニカルデータおよび価格: ポルシェ918スパイダー
エンジン: V8、ハイブリッド、ミッドリア横置き
排気量: 4593cc
システム最高出力: 887PS@8500rpm
システム最大トルク: 917Nm
駆動方式: 全輪駆動/7速DCG
全長/全幅/全高: 4643/1940/1167 mm
乾燥重量: 1,674kg
0-100 km/h加速: 2.6秒
0-200km/h加速: 7.3秒
最高速度: 345km/h
価格: 768,026ユーロ(約1億750万円=2014年当時)

結論:
縦加速度、横加速度の数値は、この世のものとは思えないほどだ。何度も何度も自分の頬をつねって、自分が実際に座っているのは何なのかを思い起こす必要がある。そうしてこそ、計り知れないポテンシャルを体感できるのだ。

Text: Alexander Bernt
Photo: autobild.de