【テスト】VW ID.Buzzに初試乗 全世界が注目する新型ワーゲン ブリのドライビングインプレッション!

164

T1遺伝子搭載の全電気自動車VWブリの走りをインプレッションする。VWは、ID.Buzzとカーゴバンの仕様を発表した。まずは後輪駆動、204馬力の仕様からデリバリーが始まる。

プレゼンテーションと価格: ID.Buzz、現在注文受け付け中

フォルクスワーゲンのアイコンであるブリの電動化。「VW ID.Buzz」は、ショートオーバーハング、ツートーンペイント、大きなロゴなど、初代「T1バス」世代をイメージしたビジュアルになっている。また、先代と同様に後輪駆動を採用している。5人乗りと、2人乗りまたは3人乗りで、広い荷室を持つ電動バン仕様の「カーゴ」がある。

VWによると、欧州では早ければ、2022年9月中に最初の台数が納車される予定で、「ID.Buzz」は5月末から受注を開始している。5人乗りの「ID.Buzz」の価格は、64,581ユーロ(約904万円)からとなっている。

カーゴ仕様の場合、VWは最低でも54,431ユーロ(約762万円)する。こちらも、よりパワフルなバージョンで、まずは9月中に納品される予定となっている。2023年には、バスとバンのバリエーションに、ロングホイールベースのモデルも登場する予定だ。トランスポーターと内燃機関搭載の新型マルチバンは、当初は並行して提供される予定となっている。

ただし、環境ボーナスは基本価格から差し引くことができる。補助金を差し引くと、「ID.Buzz Pro」は56,606ユーロ(約792万円)から、カーゴバージョンは46,455ユーロ(約650万円)からとなる。また、VWはすでに完全自律走行版の「ID.Buzz」を公開しており、2025年から乗り合いタクシー「MOIA」向けにサービスを開始する予定だ。

外観とサイズ: ID.Buzzは、オリジナルのブリに近づけたい

「ID.Buzz」のデザインは、VWバスの初代「T1」を強く意識している。V字型のくぼみを持つ特徴的なフロントシールドは、当時すでに最も印象的なデザイン要素の一つであり、ニューモデルでもそれがテーマとなっている。また、追加料金でバスのアイコンであるツートンカラーの塗装を施すことも可能となっている。

オーバーハングが短く、窓の面積が大きく、フロントのロゴも大きい。「ID.Buzz」は、現行モデルの中で最も大きなVWエンブレムを冠している。Dピラーのエアインテークは、「T1」とは関係ない。「T2」、「T3」シリーズで採用された、エンジンの空気取り入れ口の「耳」などを引用している。

ツートンカラーの塗装、大きな窓周り、短いオーバーハングなど、T1へのオマージュが込められている。

全長は短くてもホイールベースは現行マルチバン並み

寸法を見ると、電動バスは現行の「T7」よりも短く、低くなっているものの、ホイールベースはほぼ同じだ。しかし、電動バスの幅はT7マルチバンより8センチ広くなっている。

【サイズ一覧】
• 全長: 4712mm
• 全幅: 1985mm
• 全高: 1937~1938mm(装備により異なる)
• ホイールベース: 2988mm
• ID.Buzzラゲッジルーム: 1121~2205リットル
• ID.Buzzカーゴスペース: 3.9m³

走行テスト: ID.Buzzは見た目通りよく走る

我々はこの電気バンを走らせる。出発地はコペンハーゲンだ。デンマークの首都は、自転車密度がアムステルダムを上回って久しいが、ここでは紛れもなく未来への兆しが見えている。電気自動車である「ブリ(Bulli)」を放し飼いにするには理想的な場所だ。

長距離走行性能: ID.Buzzは77kWhのバッテリーで400~450kmを走破することを想定している。実際には、もっと少ない走行距離に落ち着くだろう。

そして実際、ツートンカラー塗装を施した5人乗りブリは、非常に高い評価を得ている。どこでも注目され、親指を立てられる。意外かもしれないが街に溶け込む。「ID.Buzz」が意図的にそうしていることは、尊敬に値する。

快適な足回り、良好なステアリング、少ない走行音

車内も、明るい雰囲気になっている。マルチバンと比べると、「ID.Buzz」は少なくとも1クラス上の存在だ。「MEB」プラットフォームは、精巧なスペースステアリングリアアクスルのためのスペースを作り出し、その上に駆動部もぶら下がっている。「ID.Buzz」は20インチホイール(21インチも可能)を装着しているが、驚くほど滑らかで、ベルベットのような転がり方をする。

その心地よい正確なステアリングは、駆動の影響を受けることなく、全長4.71mの「e-ブリ」を、まるで皿の上で回転しているような滑らかさで走らせる。

30分で80%まで充電可能

最高速度が145km/hに制限されているのも、多くの電気自動車に設定されている最高速度だ。新しいソフトウェア3.2では、ついに音声コマンドが直接実装され、ナビゲーションシステムが充電ストップを自動的に計算するようになっている。

77kWhのバッテリー(ネット)とエアロダイナミクス(Cd値: 0.29)の組み合わせで、約420kmの航続距離を確保できるはずだ。最大170kWの出力で、残量5%の状態から80%の充電が30分で可能となっている。

テクニカルデータ: VW ID.Buzz
• 最高出力: 150 kW(204PS)
• 最大トルク: 310Nm
• 駆動方式: 後輪駆動
• 最高速度: 145km/h(電子制御式)
• 電池容量: グロス82kWh(ネット77kWh)

Text: Katharina Berndt, Andreas Huber and Sebastian Friemel
Photo: Volkswagen AG