【新型ハイパーカー情報】ケーニグセグ初代モデル CC8Sへのオマージュモデル 1385馬力ケーニグセグCC850登場 全情報!

100

ケーニグセグ新型CC850は最高出力1385馬力。20年前、最初のケーニグセグが市場に登場した。CC850は、CC8Sへのオマージュとして、パワーアップと特別なギアボックスを搭載した限定モデルだ

20年前、ケーニグセグブランドの最初のモデル、「CC8S」が市場に登場した。やがて、スウェーデンのハイパーカーメーカーは、国際的にその名を知られるようになった。ケーニグセグは、この記念すべき年に、「CC8S」にパワーアップと特別なギアボックスを搭載した50台限定モデル、「CC850」を発表した!

デザインはCC8Sへのオマージュ

「CC850」を外から見ると、すでに見慣れた形をしている。ヘッドライトの形状、3分割のテールライト、特徴的なルーフは初代モデルを踏襲しており、ケーニグセグらしく脱着可能になっている。

CC850のリアは非常にフラットに保たれており、3つのテールライトはブランドのファーストモデルを彷彿とさせる。リトラクタブルリアスポイラーを新たに採用した。

全長は4.36メートルと「CC8S」よりわずかに長く、全幅は2.02メートルと4センチほど広くなっている。高さだけは1.13mと変わっていない。回転するドアもケーニグセグらしい。

CC850は純粋なマシンであるだけでなく、エアコンやApple CarPlayなどのアメニティも搭載している。

「CC850」の内装は左右対称なので、左ハンドル、右ハンドルの設定も可能だ。デジタルエレメントに加え、メカニックが露出したシフターは特に目を引く。

マニュアルとオートマチックトランスミッションを一体化

5.0リッターV8ツインターボを搭載したスーパースポーツカーで、燃料は通常のガソリンだけでなく、E85燃料も使用可能だ。ガソリンエンジンの場合、「CC850」は1185馬力、E85の場合は1385馬力という驚異的なパワーを発揮する。

5.0リッターV8は最高出力1385馬力を発生し、重量は1385kgとなり、1馬力あたり1kgのパワーウェイトレシオとなる。

しかし、最大の革新はトランスミッションにある。新型「CC850」では、走行モードや公道・サーキットでの使用状況に応じて、変速比が異なる「エンゲージシフトシステム」(略称:ESS)を初めて採用した。

「ESS」トランスミッションが特別なのは、マニュアルとオートマチックが一体化したトランスミッションであることだ。ドライバーの好みに応じてオートマチックを選択すれば、クラッチ操作なしでスムーズに9段のギアを変速することができる。また、よりドライビングを楽しみ、ドライバーとクルマの距離を縮めるために、トランスミッションはマニュアル操作も可能で、その場合は6段のギアが用意され、クラッチも用意されている。

Text: Sebastian Friemel
Photo: Koenigsegg