【動画付き】F1エンジンを積んだ狂気のハイパフォーマー メルセデスのハイパーカー「メルセデスAMG One」をサーキットでテスト!

2194

公道で楽しむF1エンジン、4桁の性能、空力的なワンダーボーイ – 1063馬力のメルセデスAMGのハイパーカー「One」は、別の惑星からやってきた。そして、我々はそれをドライブした。20枚の写真とともにその全容をレポート!

街灯に貼られたポスターを想像してみてほしい。

サーカスベンツの登場!1063頭のキビキビした馬、巨大なオーケストラ、息を呑むような床のアクロバットだ。隅の方に書いてある。さあ行くぞ!

5年前。「メルセデスAMG One」とは、だいたいそんな感じだった。

メルセデスはこのハイパーカーを2017年に発表し、カーボンシェルの下に本物のF1技術を採り入れ、世界で最も妥協のないハイブリッドドライブを搭載し、他のスーパースポーツカーに本当に神の恐怖を与えたいと考えていたのだ。そして5年の時を経て、驚異のAMGモデルは完成、サーキットへ姿を現した。それはいったいどんなものなのか?実態かつ実体を身をもって体験する。

貴重な手仕事: メルセデスはAMG Oneを275台のみ生産している。価格は約300万ユーロ(約4憶2千万円)。

275台のみ生産予定

すでにモデルは完売済み。購入希望者は猛烈な勢いで300万ユーロ(約4億2千万円)を支払った。AMGは「One」を、275台だけ手作業で組み立てた。「One」はF1マシンという最高峰のレーシングマシンからエンジンを取り出しただけではない。すべてベストなテクノロジーが注ぎ込まれた最高かつ絶対的なエンジニアリングの結晶なのだ。

【車両データ】

モデル メルセデスAMG One
エンジン V6ターボ、ミッド横置き+電動モーター4基
排気量 1599cc
システム最高出力 782kW(1063PS)
駆動方式 全輪駆動、7速マニュアルトランスミッション+自動運転
全長/全幅/全高 4756/2010/1261mm
乾燥重量 1695kg
0-100km/h加速 2.9秒
0-200km/h加速 7.0秒
最高速度 352km/h
平均燃費 11.4km/ℓ
価格(税抜き) 2,750,000ユーロ(約3億8,500万円)

それは、コンセプトの「個別データ」だけで証明されている。例えば、ターボチャージャーを駆動する電動モーターだけでも、「VWゴルフTSI」並みのパワー、すなわち122馬力を発揮する。電動モーターでコンプレッサーを毎分10万回転させ、排気ガスでさらに勢いよく吹き飛ばす。

フロントアクスルでは、合計326馬力の2基の電動モーターが最大5万回転で出力軸を回し、1.6リッターV6ガソリンエンジンに加えて、163馬力の電動ユニットがクランクシャフトを強力にプッシュする。

AMG Oneはテクノロジーの花火だ

ボディはカーボンファイバー製、サスペンションはプッシュロッドとプルロッドキネマティクスを採用、ホイールベアリングにはセラミックボールが回転し、リジッドスポイラーの代わりにアクティブルーバー、フラップ、ウィングがダウンフォースを高めて車を地面に吸い付けている。

禁断の速さ: ドライビングモード「ストラト2」では、メルセデスAMG Oneは公道での登録を失い、レーシングカーとなる。

このパフォーマンスの狂気が一般道やカントリーロード、そして高速道路でも発揮されるように、AMGは「One」の排気ガスに4つの触媒コンバーターと2つの微粒子フィルターを規定した。排気系は、スタート直後に高電圧システムにより電気的に予熱される。要するに、かなり複雑なのだ。

AMG Oneは純電動でのジェントルな走りが可能だ

そして、その走りはどうなのか? 全然複雑ではない。金属的な感触とカチッとした最終的な戻り位置のあるシフトパドルをDに引き、アクセルを踏んで発進する。むろんその走りはモードによって異なる。Oneは、純電動でも優しく、「日常的な」走りにも耐えられる。そして、飛び跳ねたい願望を見せたり、サーボを駆使して操舵を手伝ったり、微妙なアンダーステアで普通車との親和性のようなものを感じさせたりする。

「ストラト2」モードでは、ロードリーガルであることを失う

しかし、まったく別のこともできるのだ。レースモードでは、信じられないほど速くなり、「ウーバーベンツ」はスーパースポーツカー特有のスピードでサーキットを駆け巡り、おどろくほどの激しさで駆け抜けるのだ。ほぼ標準化された直線的な忠誠心と横柄なレイトブレーキで、おそらく世界中の「911」、そして「F1」以下の純正レーシングカーの横を、悠々と走り抜けていくだろう。

システム出力は1063馬力、内燃機関出力は574馬力@9000rpm。

そして、「ストラト2」モード。禁断の速さだ。本当の意味で。油圧でボディを約4cm下げ、リアウィングにエアフラップを、フロントフェンダーに合計8枚のフラップを開くことで、「One」は車検証を紛失してしまうのだ。

V6は1.6リッターから574馬力を発揮し、最高速度は352km/hに達する

しかし、フォーミュラーレースへの最後の召集令状を勝ち取ったのである。コンマ1ワットまで絞り込まれ、1メートル単位の精度でコースに適合するバッテリーは、1.6リッターを可能な限りサポートする。おしとやかなはずのV6エンジンは11,000rpmまで回転し、最高出力574馬力は9,000rpmで発揮される。

メルセデスAMG Oneドライビングレポート

メルセデスは2017年にこのハイパーカーを発表し、そのカーボンシェルの下に本物のF1技術を採り入れ、世界で最も妥協のないハイブリッドドライブを搭載し、他のスーパースポーツカーに本当に神の恐怖を与えたいと考えた。そして今、「AMG One」は正式に登場し、我々は最初の試乗を行った。
275台しか生産されないこの猛烈な乗り物のためにオーナーたちは、300万ユーロ(約4億2千万円)を支払っている。もちろん、すでに全生産台数が完売している。
F1テクノロジー: 2023年モデルは、エンジニアリングの極みで、フロントアクスルには、最高出力326馬力の2つの電動モーターが最大5万回転で出力軸を回転させる。システム出力:1063馬力という驚異的なパワー。
このパフォーマンスの狂気が公道でも使用できるように、AMGはOneの排気ガスに4つの触媒コンバーターと2つの微粒子フィルターを規定した。
だが、その走りは全然複雑ではない。ギアシフトパドルをDに引き、アクセルを踏んで発進。「One」は、純電動でも優しく、「日常的な」滑走にも耐えられる。サーボ操作で操舵を助け、緩やかなアンダーステアで一般車との親和性のようなものを併せ持つ。
しかし、まったく違うものになることもある。レースモードでは超高速で、スーパースポーツカー特有のスピードでサーキットを駆け巡り、おどろくほどの激しさで抜き去っていくのだ。ほぼ標準化されたラインへの忠誠心と傲慢なレイトブレーキングで、おそらく世界中の911、そしてF1以下の生粋のレーシングカーを抜き去って行くだろう。
それは「ストラト2」モードだ。禁断の速さだ、本当の意味で。油圧でボディを約4cm下げ、リアウィングにエアフラップを、フロントフェンダーに合計8枚のフラップを開くことで、「One」は車検証を紛失してしまうのだ。
加速は超現実的で、自動化されたマニュアルギアボックスのギアチェンジの間に明らかに目立つ間があるにもかかわらず、「One」はトラクションの喪失を知らず、車は352km/hで推力限界を感じるのみだ。
電気系統の音、スパーギアの明るい音、高回転のエンジンの音、排気の音。すべて同時に、すべての轟音を鼓膜が対処することはほとんどできない。
6ピストン固定キャリパーは、フラップボックスの空力的なトリックに助けられ、気流による抑制が強力なブレーキ効果を発揮している。
極限のダウンフォース、極端に少ない横方向の傾斜がアスファルトに「One」を糊付けにする。通常、この遠心力を使いこなすのはツーリングカーのチャンピオンだけだ。
確かに公道でのF1だ。AMGの狂気のパフォーマンスに拍手。

自動変速マニュアルの変速には明らかに間があるのに、加速は超現実的で、トルクで息苦しくなり、「One」はトラクションを失うことなく、352km/hで推力の限界を感じる程度である。

同時に、カーアコースティックの持つあらゆる音色で、「One」を鳴らすことができる。電気系統の音、スパーギアの明るい騒音、高回転のエンジンの鼓動、排気ガスの鋸音・・・。すべて同時に、すべての音、すべての轟音、すべてのヒスノイズは、鼓膜が対処することはほとんどできないレベルだ。

「The One」はまさに公道用のF1

容赦なく引き込むと同時に、激しくアンカーをかける。6ピストン固定キャリパーは、フラップボックスによる空力的なトリックに助けられ、気流による余分な抑制が強力な効果を発揮する。そして、コーナリング性能だ。極限のダウンフォース、極限のタイヤ、極端に少ない横方向の傾きで、アスファルトに「One」を強引に密着させる。

F1の走りを垣間見て、限界ドライブを経験した編集記者には「メルセデスAMG One」の強烈な印象が消え去らない。

サーキットを1周すると、首の筋肉が痛みを呼び起こす。通常、この遠心力を使いこなせるのは、ツーリングカーのチャンピオンだけだ。明らかに公道でのF1だ。AMGの狂気のパフォーマンスに拍手。

Text: Jan Horn
Photo: Mercedes Benz AG