ロールス・ロイス、 「ペブルビーチ・コレクション」 2022を発表

126

・モントレー・カー・ウィークでロールス・ロイス・モーター・カーズが特別な「ペブルビーチ・コレクション 2022」ビスポーク・コミッションを展示
・フォービドゥン・ピンクで仕上げたビスポークのブラック・バッジ・カリナンが世界初公開され、ブラック・バッジがいつもブラックとは限らないことを大胆に表現
・クリスタル・オーバー・サガノ・グリーン仕上げがロールス・ロイス・ゴーストに施され、世界デビュー


「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」においてファントム・シリーズ IIが北米初公開されるのに合わせ、スペシャル・コレクションの2つのコミッションも発表

ロールス・ロイス・モーター・カーズ、ビスポーク部門責任者、ジョナサン・シムズ

カリフォルニア州モントレーの芝生に、世界中から壮観な自動車が何百台も集まる中、ロールス・ロイス・モーター・カーズでは、色鮮やかで特別なロールス・ロイスのコミッションを集めた、「ペブルビーチ・コレクション 2022」 を公開します。デザイナーたちは、比類ないデザインと仕上げの能力を発揮し、モントレー・カー・ウィーク期間中に展示する特別なビスポーク・コミッションを準備してきました。そのうちの2台、ブラック・バッジ・カリナンとゴーストは、これまでのグッドウッドには存在しなかったカラーと仕上げでデビューします。この2台は、モントレー・カー・ウィーク期間中に「ザ・クエイル・モータースポーツ・ギャザリング」において北米で初公開される新型ファントム・シリーズ IIと同時に発表されることになります。

フォービドゥン・ピンクのブラック・バッジ・カリナンは、ブラック・バッジのカラーパレットを新たなレベルへと引き上げます。この大胆なカラーは、これまでロールス・ロイスの自動車で使用されたことがなく、ブラック・バッジが必ずしもブラックである必要はないことを再認識させてくれます。インテリアでは、鮮やかなグレース・ホワイトのハンド・クラフト・レザーに、カシミア・グレーのハイライトが巧みに配され、ブラック・バッジの既成概念が覆されています。レザーのディテールはライム・グリーンで、インテリア・デザインに絶妙な色合いを添えています。高級ジュエリーの留め金のようにカリナンのリヤ・テールゲートが開くと、ラゲッジ・ルームからはビスポーク・ビューイング・スイートが姿を現します。この象徴的な装備は、モントレー・カー・ウィークのイベントに最適なシートとし
て、初めてピオニー・ピンクのレザーが採用されました。

このカラフルなカリナンを引き立てるのが、ロールス・ロイスの世界初公開となるビスポーク・カラー仕上げである、クリスタル・オーバー・サガノ・グリーンのゴーストです。これは、当社のエクステリア・サーフェイス・フィニッシュセンターの熟練職人が何時間もかけて1層ずつ丁寧に手作業で磨き上げた、6層の仕上げでできています。最後の2層のクリア・コーティングを終える前に、少量のカラーの微粒子を用いてクリスタル仕上げを施すことで、脱・贅沢なデザインのゴーストに光沢のある多次元的なきらめきが生まれています。さらに、ボディ全長にわたって手作業でコーチラインが描かれ、グロス・ブラック塗装のホイールに装着されたピンストライプのタイヤを美しく引き立てています。このゴーストをモントレーに引き渡す前に、何時間もかけて手作業で磨き上げたものを、専用のライト・ブー
スで検査することで、完璧な仕上がりを保証しています。

デザイン・チームが手がけた他のビスポーク・コミッションも、モントレー・カー・ウィーク期間中に展示されます。これらの作品は、フェスティバルの週末を通して展示され、その後、正規販売店を通じて販売されます。

Text:アウトビルトジャパン
Photo:ロールス・ロイス・モーター・カーズ