【ショッキングなニュース!】いいなあ 好きだなあアメリカンマッスルカー でも次期型ダッジ チャージャーとチャレンジャーもついにEV化・・・

223

咆哮が啼き声になる。残念ながら、ダッジ チャージャーとチャレンジャーの次世代モデルは、V8を搭載しないことが明らかになった。

残酷な泡立ち、あるいは深い咆哮、それがダッジ チャージャーとチャレンジャーの特徴だ。しかし、マッスルカーを見て、雄叫びをあげているヤンキーマッスルカーファンの皆さん、今すぐ座ってください。2024年からは、エンジンが静かになり、穏やかなハミングに変わるのだから。さようならV6とV8、こんにちは電動モーター。ダッジによれば、(哀しいことに)次世代(2024)のマッスルカーは電気自動車のみになるそうだ。

太いテールパイプは、次世代ダッジ チャージャーでは不要になる。

エンスージアストの目には、ヘミV8がないことは、十分なパワーだけが言い訳に映ったのだろう。現行のチャレンジャーは309馬力、チャージャーは304馬力と、最も小さいエンジン(3.6L V6)をベースにしている。E-ダッジのパワーは最低でもそれに匹敵し、大きく凌駕するはずだ。エンジンサウンドは別にして・・・。

2022年2月には、すでに電気自動車のマッスルカーに関する噂や詳細が発表されていた。

Text: Kim-Sarah Biehl
Photo: Dodge