【初テスト】電動ミニのオープンモデル ミニ エレクトリック コンバーチブルのプロトタイプに初試乗

292

Eはトップレスがいい: 電動ミニ コンバーチブルのプロトタイプで初ドライブ。屋根を下ろして、音楽をかけ、静かに転がる。ミニはオープンと電動が完璧な組み合わせであることを示した。

2020年秋、ミュンヘン。我々はBMWのボス、オリバー ジプセと会い、コロナ、半導体用チップ不足、そしてコンバーチブルについて語り合った。その際、「ジプシーさん、BMWとミニ、どちらが初の電動オープンカーを作るんですか?」という我々の問いに、彼は笑いながら、ただ「みなさんを驚かせましょう」とだけ答えた。

2022年夏、アメリカ、アッシュビル。それから約2年後、我々は驚きのオープン状態の電動ミニでブルーリッジ山脈をドライブし、顔に太陽、髪に風、そして耳に風の音を感じている。ラジオから流れるジョン デンバーの歌声だけが、私たちが転がるカントリーロードを歌っている。ミシンのようにガラガラと音を立てる3気筒も、ヒュイーンという熱いV6サウンドもなく、ただただ柔らかい音が響く。

E-ミニとコンバーチブルを手作業で合体

「ミニ」が啖呵を切った!イギリスのカルトブランドが、電動オープンカーを実現した。テスラは2008年にロードスターでオープン2シーターを発表したが、当時はまだ電気自動車の技術は黎明期だった。

また、「フィアット500e」や「スマートEQ」もコンバーチブルとして点数を稼ぎたいのだろうが、結局は屋根が折りたためる小型車「だけ」なのだ。しかし、我々が今乗っているのは、最高のフレッシュエア感、煩わしいルーフバーがないこと、必要なら4人乗りの部屋(背は高くない)、そして洗練された電気駆動を備えた本物のオープンカーなのだ。

2つが1つに: プロトタイプでは、ミニは電気自動車クーパーとコンバーチブルを結婚させた。

プロトタイプの車体には、シリーズの技術が搭載されているのだから当然だろう。このコンバーチブルは、新世代の「ミニ(2023年に内燃機関および電気自動車として発売予定)」の具体的なプレビューにはなっていない。その代わり、このワンオフモデルにはシリーズ生産モデルの技術が使われている。「ミニ コンバーチブル」と、現在3ドアモデルしかない電動ミニを、100時間弱の手作業で組み立てたものだ。

VWには、オープントップの電気自動車をつくるというアイデアもあった

コンバーチブルの場合、ルーフがないにもかかわらず、ボディ剛性をいかに確保するかが技術的な課題となる。そこで、腹にバッテリーを搭載して剛性を高めた電気自動車用ボディが活躍するのだ。内燃機関に比べて、電気自動車は比較的簡単に脱帽できる。

電気自動車の詳細: ミニのオープントップ電気自動車は、黄色いアクセントが特徴だ。

2021年春、フォルクスワーゲンのボス、ヘルベルト デュースがツイッターで「電動オープンカーをどう思うか」と問いかけ、オープントップの「ID.3」の図面を投稿すると、当時VWの開発責任者だったラルフ ブランドステッターが飛びつき、「とても魅力的なアイデア」、「まったく新しい、並外れた自由感」と口を揃えたという。

ヴォルフスブルク社は、どうすれば電動オープンモデルを実現できるかを検討中だという。この検討の結果は未定だが、社内では「ID.3カブリオは保留」ということになっている。

低重心化により、ゴーカートフィーリングが強調されている

確かに、オープンカー市場は簡単なものではない。販売台数が減少しているからといって、自動車メーカーがオープンシートの開発を急ぐとは限らない。しかし、ミニにとってコンバーチブルは大きな役割を担っており、バイエルン系英国人がこの国で販売する5台目の車からは、ルーフを取り外すことができる。

トグルスイッチやソフトトップとテールランプに描かれたイングランド国旗など、遊び心あふれるインテリアがEコンバーチブルを彩っている。

そして、正直なところ、オープンで電動、それがミニを運転する(だけでなく)、最高の方法なのだ。バッテリーの搭載により低重心化を実現し、すでによく引き合いに出されるゴーカート感覚をさらに強調している。「ミニ エレクトリック」に搭載された184馬力のモーターが、パワフルな推進力を発揮する。コンバーチブルのボンネットの下でゴロゴロと音を立てるV6やV8はもう死語なのだ。

電気自動車はコンバーチブル化が容易で、オープントップ走行では航続距離が最も重要な要素ではないため、電気自動車はセグメント全体に新たな刺激を与える可能性がある。そして、ミニはEコンバーチブルで再びカルト的な地位を獲得する可能性がある。

電動ミニは2025年に新世代で登場する可能性がある

「ミニ コンバーチブル」は、マイアミビーチやコートドーゼル、シルト島で「それらしい」クルマになるために必要な要素を備えている。将来の新郎新婦も、結婚式には「ポルシェ911タルガ」ではなく、オープンなミニで出席するだろう。

低重心でゴーカート感覚を強調し、184馬力の電動出力で快適な走りを実現した。

しかし、他のメーカーに先を越される前に、このブランドは急ぐべきだろう。次のコンバーチブルの世代は2025年までない。そして、クラシックな3ドアモデルとは異なり、ミニはまだ後継モデルが電気自動車であることを確認していない。ミュンヘン本社の技術者や意思決定者は、オープンタイプの電気自動車に早くゴーサインを出したほうがいい。オリバー ジプセもそのように見ているようだ。

Text: Michael Gebhardt
Photo: Mini