【名車物語 その4】アウディのスーパースポーツカー アウディR8 GT クラブスポーツに初めて挑戦した4リングモデル

155

アウディR8 GTはかつてパイオニアであり、現在ではコレクターズアイテムとなっている。アウディR8 GTの爽快なドライビング体験: 2010年、このスーパースポーツカーは、「4つの輪」を持つブランドとして初めてクラブスポーツに挑戦した。

今日、「アウディR8」は、スーパースポーツカーオリンパスに登場して久しい。2010年には、パワーアップと軽量化、セラミックブレーキ、手動調整式コイルオーバーサスペンションを標準装備した333台限定の「R8 GT」を発表し、その基礎を築いた。

編集者のステファン ヘルムライヒは、「オートエアコンやナビゲーションシステムは、ルーキーミスで済ませたはずだ」と、アウディの矛盾した対応に憤慨した。しかし、駐車場のピーピー音は?標準で?クラブスポーツのクルマで?万が一、またグリッドで操縦することになったら?やれやれ。

ファイナルエディション、R8 LMXまでは、GTの560馬力が初代R8の最終パワーステージであった。

アウディのオーナーたちは、「911GT3 RS」に慣れ親しんでいるため、完全にネイキッドでウルトラコンシャスなものを好まないだけなのだ。とはいえ、「R8 GT」は約100kgの軽量化を実現し、V10の525馬力に35馬力を追加した。

0から100km/hまで3.7秒

全輪駆動とシーケンシャル6速ギアボックス(R8 LMSと同様)の組み合わせは、最終的にはもっと可能性があったにせよ、それでも爽快なドライビングエクスペリエンスを実現した。

ケージ、バケットシート、4点式シートベルトは、エンプティクリア特別仕様車の「Race」パッケージに設定されている。

重い全輪駆動でなくても実現可能なことは、アウディが後継機で二次的に試したに過ぎない。我々が計測した0-100km加速3.7秒は、当時、GT3 RSを本物の縦型ダイナミックにするのに十分なタイムだった。もちろん、それはラップタイムのために快適性を犠牲にし、4輪に引っ張られて前に逃げることを求めないからでもある。

当時193,000ユーロ(約2,700万円)という破格の値段だったR8 GTにディフューザーと人目を引くウィングを装備。アウディにとって、クラブスポーツの方向性は初めての試みだった。

テクニカルデータ: アウディR8 GT
エンジン: V10、ミッドリア横置き
排気量: 5204cc
最高出力: 412kW(560ps)/8000rpm
最大トルク: 540Nm/6500/min
駆動方式: 全輪駆動、6速シーケンシャル
全長/全幅/全高: 4434/1930/1242mm
乾燥重量: 1,595kg
0-100km/h加速: 3.6秒
最高速度: 320km/h
平均燃費: 6.9km/ℓ
価格: 193,000ユーロ(約2,700万円=2010年当時)

結論:
「R8 GT」は、アウディが初めて本格的にトラックデイフリークコーナーに進出したモデルであり、今日では画期的な存在となっている。カーボンファイバーを多用したことで、当時の価格は、20万ユーロ(約2,800万円)近くまで上昇した。中古は、今またその方向に向かっている。

Text: Alexander Bernt
Photo: Audi AG