【動画付き】新型ホンダ シビック タイプRの初同乗インプレッションを含むアップデート最新情報を動画とともにお届け!

1295

ゴルフGTIのライバルに初同乗。研ぎ澄まされたデザイン、分厚いリアウイング、VTECターボ4気筒を搭載した新型ホンダ シビック タイプRは、次のラウンドへと向かう。初の同乗インプレッションを含む新情報!

「シビック」の誕生50周年に合わせ、ホンダは欧州でも人気の高いスポーツタイプの「タイプR」をリニューアルした。先日発売された「シビックe:HEV」のシルエットをベースに、お調子者の弟分として、よりコンパクトに、より低くした日本車のホットなコンパクトスポーツカーだ。

ボンネットの下には、先代の心臓が鼓動している。VTECターボ4気筒は、若干の変更により、従来よりもさらなるパワーアップを果たしている。このコンパクトスポーツカーは、2023年初めに欧州で発売される予定で、ベース価格は4万ユーロ(約550万円)台となると推測される。

大型のリアスポイラーは残されているが、よりモータースポーツを連想させるデザインとなった。また、先代同様、3本のテールパイプが中央に配置されている。

外観: シビックタイプRに5種類の塗装仕上げを設定

まずはデザインから。フロントでは、細くなった新型ヘッドライトに加え、大きくなった中央のエアインテークが印象的だ。ボンネットは先代よりもやや控えめで、エンジンから暖かい空気を吸い上げるためのベントが設けられている。

もちろん、シビック タイプRには大型のリアウイングが必須であり、これによってさらなる大きなダウンフォースを得ることができる。

また、空力特性に有利な、前輪後方の大きなエアアウトレットや、大型のリアディフューザーもデザイン要素として採用している。例によって、Bピラーから先のサイドウィンドウは暗くなっている。「タイプR」のカラーは、「チャンピオンシップホワイト」、「ラリーレッド」、「レーシングブルー」、「クリスタルブラック」、「ソニックグレー・パール」の5色が設定されている。

次期シビックタイプRは再び3本のテールパイプを採用

新型スポーツシビックにも大型のリアウイングが装備されているが、ややフィリグリーでフラットなデザインに変更された。また、先代の重要な特徴である、中央に配置されたテールパイプも踏襲されている。しかし、従来は3本のテールパイプのうち、真ん中のパイプが他の2本よりも小さかったが、今回は一番大きくなっている。

インテリア:スポーティなアクセントとドライビングモードの改善

インテリアを見ると、新型「シビック」の水平基調のコックピットはそのままに、タイプR専用デジタルメーターグラフィック、スポーツシート、アルミニウム製ギアノブなどが装備されている。そしてもちろん、黒と赤のタイプRワールドとなっている。

インテリアは通常のシビックから引き継がれ、赤いType-Rトリムなど、シビックをさらに引き立てる装備が施されている。

性能データロガー「Honda LogR」が改良され、収集したデータをスマートフォンのアプリに送信するようになった。そのため、ドライバーはさまざまな測定値をリアルタイムでモニターし、記録することができる。また、ドライビングモードのセッティングもスポーツ向けにトリミングされており、「コンフォート」、「スポーツ」、「+R」の各モードで、6つのパラメーターを個別に設定することが可能となっている。

エンジン&ドライブトレイン:リーク情報により性能数値が判明

性能データについては、ホンダはまだ正式なコメントを出していない。しかし、データリークによれば、2リッターVTECターボ4気筒を搭載する新型「タイプR」は、330馬力@6500rpmと420Nm@2600rpmを発揮する可能性があるとのことだ。そのパワーユニットは、先代モデルでは、2リッターの排気量から320馬力と400Nmの最大トルクを引き出していた。ちなみに、ホットハッチライバルの、現行「VWゴルフR」の2.0リッターTSIエンジンは、320馬力の出力を持っている。

6速マニュアル変速機、前輪駆動

新型「タイプR」には、マニュアルギアボックスが搭載される予定だ。6速ギアボックスをさらに進化させ、ドライバーとクルマがよりダイレクトにつながる感覚を実現している。最適化されたブレンボ製ブレーキシステムが減速に寄与している。

19インチのアルミホイールの奥には、さらに進化したブレンボ製ブレーキシステムが搭載されている。

新型「シビック タイプR」は前輪で駆動し、19インチのホイールとカスタマイズされたミシュラン製パイロットスポーツ4Sタイヤは、最適なトラクションを確保することを目的としている。パワーシビックは、この後のテストで、そのポテンシャルが明かされる。

乗ってみた!シビック タイプRのお行儀のよさは見た目だけ!

新型「シビック タイプR」は、発売が来年となるため、技術的なデータはまだ少ない。しかし、我々AUTO BILDは、すでにレーシングタクシーとして予約し、いち早く助手席に座ることが許された。ビジュアル面では、お行儀がよく、随所に「普通」の「シビックe:HEV」の輝きが感じられる。

しかし、前輪駆動車のノルトシュライフェ(ニュルブルクリンクサーキット北コース)でのラップタイプ新記録を達成するために、ホンダは部品の軽量化や空力特性の大幅な改善に力を注いできた。ターボチャージャーは、よりコンパクトなハウジングに変更され、コンプレッサーブレードの最適化により、10~20馬力の出力向上が期待できる。

シビック タイプRがニュルブルクリンクで最速のフロントスクラッチャーになるという大きな野望を持っていることは、助手席からでも十分に感じ取れた。

さあ、いよいよ出発だ。助手席から見ると、すぐに新しいインテリアデザインが目に入る。先代同様、バケットシートはややふっくらとした印象で、着座位置は低めだ。

高いグリップレベル、正確なステアリング

アルゼンチンのプロレーサーであり、ホンダのファクトリードライバーでもある、ネストル ジロラミは、今日、AUTO BILDのために「タイプR」をドライブし、輝くようなクリーンなパフォーマンスで新型高性能スポーツコンパクトカーの素晴らしさを我々に印象づけた。新設計のエキゾーストシステムのサウンドは、よりスポーティで量感のあるサウンドを実現している。グリップレベルは非常に高く、熱的に最適化されたブレーキはシャープに噛み合い、非常に明確だ。また、以前は20インチだったホイールが、新たに19インチになったことも、ここでは役立っているようだ。

併せて、ギアスティックも一新され、素晴らしいレブマッチングが、さらによく効くようになっている。しかし、最も印象に残ったのは、新型「タイプR」が旋回時にリアと協調し、最適なポジションを取れるという遊び心だ(少なくともジロラミはそう思っている)。9月、我々はAUTO BILDは自ら新型「タイプR」のハンドルを握る。楽しみで仕方がない!

Text: Robin Horning, Katharina Berndt and Sebastian Friemel
Photo: Honda