【動画付き】閲覧注意!1億円のポルシェ カレラGTが暴走後クラッシュ!!!

423

見るも無残な事故 そのあと逃走 哀れなゲンバラ ミラージュGT

救いようのないバカが、NYで80万ユーロ(約1億円)のミラージュGTをクラッシュさせた。信じられない。ドライバーは覚せい剤を使用していたようで、逃げようとしたらしい。

コロナウイルスの深刻な影響を受けているNY市は現在非常事態下にあり、いつも大混雑している通りは空っぽで、ほとんどの人が家にいるのが現状だ。
しかし、4月7日(火)の朝、に住民の一人が、市街地の通りで、非常に希少かつ貴重なゲンバラ ミラージュGTで高速スピンを試みたのだった。
しかし、彼の試みは大失敗に終わった。
午前7時30分頃、警察がポルシェ カレラGTをベースに、25台しか作られていないゲンバラ ミラージュGTのうちの1台が交通事故を起こしたと通報を受けた。
スーパースポーツカーは大破しており、おそらく全損という状態。
しかし、正確には何が起こったのだろうか?

警察の聴取を受けた、33歳のベンジャミン チェンは、当初、彼の所有する670馬力ゲンバラ ミラージュGTは盗まれたと主張していた。
しかし、ハンドルの後ろに座っていたのは、ベンジャミン チェン本人だった事実がまもなく判明した。
それは多くのソーシャルメディアの投稿のおかげで、正確に何が起こったのかを再現することが可能だったからだ。

監視カメラの映像によると、紺色のポルシェは、11番街を高速走行中に、突然大きく右に振れてコントロールを失った。
その原因は、道路表面の不具合か、あるいは単にゲンバラ ミラージュGTの670馬力をコントロールできなかったかのどちらかだと判断された。
ベンジャミン チェンは、クルマを制御できず、1億円もするポルシェは、駐車していたバンの後部に全力でクラッシュした。
幸いなことに、この時、コロナウイルスの影響もあって、通りにはほとんど人がいなかったため、奇跡的にこの壮大なクラッシュで怪我をした人はいなかった。

信じられない。
2番目のビデオでは、チェンが衝突直後に車で逃げようとしているのが確認できる。
右の前輪が大きくひん曲がったミラージュGTはほとんど運転できないように見えたが、警察官が側にいるにもかかわらず、再びスタートし、赤信号を越えたところで、ゲンバラのフロントボンネットが飛んでいく。
あくまでも逃走しようとしている。
NY警察の説明によれば、ベンジャミン チェンは常軌を逸したドライブで他の車にぶつり、スーパースポーツカーは交差点内でついに停止した。

無責任だ。
後日、警察はベンジャミン チェンが運転中に薬物の影響下にあったことを公表した。
彼は起訴され、ゲンバラ ミラージュGT23/25はジャンク品として扱われることになるだろう。

併せて、言及しておかなければならないのは、ベンジャミン チェンがスーパースポーツカーを壊したのは、この珍しいポルシェが初めてではないということだ。
彼は数年前の「ゴールドラッシュラリー」ではマクラーレンMP4-12Cスパイダーとともに民家に突っ込んで壊しているし、別のイベントではたった3台しかないMT仕様の白いランボルギーニ ムルシエラゴLP670-4SVのうちの1台をクラッシュさせて壊している。
しかし、ベンジャミン チェンは他にもブガッティ ヴェイロンをはじめ、多くのスーパースポーツカーを所有しているという。それらの事故にもかかわらず、彼のガレージには、メルセデスCLK GTR、ブガッティ ヴェイロン スーパースポーツ パーブラン、ランボルギーニ ミウラSVJ、ランボルギーニ ディアブロSV、ランボルギーニ アヴェンタドールSV、ブガッティEB110 SS、メルセデスSLS AMGブラックシリーズなど、非常にレアで高価なお宝が溢れんばかりに詰まっているとのこと。

View this post on Instagram

WTF 🙃🙃 #porsche

A post shared by Exotics Vs Classics (@speedtimers) on

View this post on Instagram

Rough morning *photos taken by me*

A post shared by ronnie c 📷 (@ronniecnyc) on

完全に破壊されたゲンバラ ミラージュGTは、ニューヨークの警察署の前に証拠品として置かれている。
助手席側が最も大きな被害を受けており、フロントサスペンションは曲がっており、ヘッドライトは欠落しており、ボンネットは吹き飛んでいる。衝撃は激しかったようで、フロントガラスも割れている。
動画では、両方のエアバッグが開いており、車の後部も損傷を受けていることが見て取れる。
写真から判断すれば、ポルシェ カレラGTをベースにしたミラージュGTは残念ながら全損だろう。しかし、わずか25台しか製造されていないモデルであるため、このスーパースポーツカーのリビルトが行われる可能性は十分に考えられる。

以下、悲惨なクラッシュと逃走シーン、動画でご覧ください。

Text: Jan Götze