【ニューモデル情報】もうすぐ初公開予定の新型ポルシェ911 GT3 RS(992) 最も過激な911の最新情報をお届け! そのワイルドさとは?

945

ポルシェは、もうすぐ新型911 GT3 RSを発売する。2022年8月17日の初公開を前に、高性能スポーツカーはわずかにカモフラージュされ、ワイルドなエアロディテールが施された姿を見せている。最新情報!

【ハイライト】
・ 外観 – 新型GT3 RSは先代よりもさらにワイルドに
・ エンジン – 高回転型ボクサーエンジンをリアに搭載
・ 価格 – ベースはおそらく20万ユーロ(約2,800万円)を超えるだろう

「ポルシェ911 GT3 RS」は、最も過激な「911」である。これは第4世代でも変わらない。ポルシェはティザーで、正式なワールドプレミア(2022年8月17日予定)を前に、早くも「992」世代のスーパー「911」を公開したのである。

「911 RSR」と「GT3 R」のレーシングカーからインスピレーションを受けて開発された新型「GT3 RS」には、多くの期待が寄せられている。

先代RSよりもさらにワイルドなビジュアル

まずは見た目から。「GT3」の兄貴分には、まだじゃっかんのカモフラージュがされているが、そのワイルドさは明らかだ。このポルシェは本気だ! プレスリリースによると、新型「GT3 RS」は、「サーキットでの使用にこれまで以上に最適化」されているとのことだ。

「GT3」よりもワイドなターボボディとフロントホイールアーチベント(991.1 GT3 RS以降)に加え、我々は中央のダブルパイプエキゾーストを含む通常のブルートリアデザインを予想している。フロントのホイールアーチはまだカモフラージュされているが、その奥にはエアロダイナミクスに貢献するエアカーテンがあるのだろう。

「GT3 RS」は、エアロダイナミクスの面でもさらにワイルドになっている。リアのディフューザーは、従来よりもはるかに目立つようになる。新型のリアウイングは、後方に設置された「グースネック」と呼ばれるマウントが特徴的で、通常のGT3のウイングよりもかなり大きく、水平方向に2つのガイドエレメントを備えている。

高回転型ボクサーエンジンをリアに搭載

「GT3 RS」は高回転の自然吸気エンジンを搭載しているが、これはポルシェファンにとって嬉しいことだ。一方で、エミッション関連、他方で、先代を動力性能的に上回るということに関しても。

最高速度9000rpm、4リッターの排気量から520馬力を発揮する「991.2 GT3 RS」は、まさに例外的な存在だった。しかし、新型「GT3 RS」では、最高回転数を9500rpmまで引き上げるという噂もあり、開発者は馬力のねじをもう少し回すようだ。

GT3 RSのベース価格はおそらく20万ユーロ以上

その性能面で、どこへ向かうかは、推測するしかない。おそらく530~550馬力が現実的だろう。ギアボックスに関しては、今後もPDKが「RS」の唯一の選択肢であることは間違いないだろう。しかし、次期「GT3 RS」世代では、(他の現行911と同じ)8速PDKではなく、7速のPDKを搭載するという噂がある。

詳細は8月17日、新型「ポルシェ911 GT3 RS」が正式に発表されれば、はっきりする。販売店への導入はもう少し先で、基本価格はおそらく20万ユーロ(約2,800万円)の大台を超えるだろう。ちなみに、現行の「911 GT3」は179,299ユーロ(約2,510万円)からという価格設定になっている。

Text: Peter R. Fischer and Sebastian Friemel
Photo: Porsche AG