【VWハイライト10選@PSデイズ】900馬力のVWルポ? ありえねー 馬力数&クールな外観&伝説の1台 VWチューンナップモデル10選

140

PSデイズ ハノーバー2022: VW、チューニング、R32、T3、ビートル。900馬力のルポなど、PSデイズのVWハイライト10選。PSデイズに500台(!)以上のチューニングカーが集結!ここでは、VWを愛するすべての人のために、10台のハイライトをご紹介。

数年の時を経て、「PS Days 2022」が再開された。チューニングカーフェアは、さまざまなブランドやチューニングスタイルの組み合わせで、素晴らしいショーとなった。レベラ、ソナックス、VW、JPパフォーマンスなど、有名メーカーのプロジェクトカー100台を紹介。2つのホールに400台以上のチューンナップモデルが展示され、愛情を込めて演出されている。今回は、その中からVWのハイライトの10台を紹介する。多くの馬力、クールな外観、本物の伝説、そして何よりも絶対にユニークな作品群だ。

VWゴルフR32: フォルクスワーゲンの伝説

VWの歴史に残る伝説。最初のRモデル: ゴルフ4 R32。もちろん、チューニングフェアでも、このアイコンモデルは欠かすことができない。コミュニティガレージで見つけた逸品。深いブルーに塗られ、典型的なマルチスポークホイールを備えたクラシカルなデザイン。

しかし、それを除けば、「R32」はビジュアル的には非常に標準的なものだ。それはVWに害はない。なぜなら、今も昔も美しい、時代を超えたクルマだからだ。そして、それが当然我々のハイライトの1台となっている。正確には、オリジナルに近いからだ。

VW T3: V6搭載のフレッシュなクラシック

「VW T3」は、人気の高い名車となった。「アウディS4 B5」のV6 2.7リッターツインターボエンジンを備えたこの旧型は、なんと400馬力&最大トルク600Nmを発揮する。さらに、ローダウンされ、昔からクソ高いBBS製ルマンホイールというクラシックなものも装着されている。

このVW T3の外観からは、荷台の下にどんなパワーが眠っているのかがわからない。「S4 B5」のV6は400馬力を絞り出す。
外見は地味、中身は画面一杯。このボーラのトランクには、プレイステーションも入っているのだ!

VWルポ: 900馬力!!!

正面から見ると、この「VWルポ」は実に目立たない小型車だ。しかし、この小さな車はすぐにその正体を現す。通常はトランクがある場所に、フラップを開けると野太いエンジンが目に飛び込んでくる。この小さなクルマには、ターボチャージャー付きのVR6エンジンが搭載されているのだ!排気ガスはテールゲートの穴から直接消えていく。エンジンに必要なスペースを確保するため、ホイールベースはやや長めになっている。このパワー「ルポ」は、なんと、900馬力!!!を発揮すると言われている。

排気ガスはトランクリッドを通過し、余分なブースト圧だけが底に抜けていく。

VW Golf 5: 4輪のディスコ

このゴルフ5の心臓部はエンジンではなく、トランクに搭載された76,000ワットの音楽システムだ。レーシングカーのように見えるゴルフは、実はかなり目立たない「GTD」だ。目を引くカラーリング、巨大なリアウィング、19インチの極太ホイールによる迫力のワイド化、「R32」のエキゾーストシステムに加え、このゴルフにはとんでもなく大きなミュージックシステムが搭載されているのだ。18台のラウドスピーカー、合計76,000ワットの出力で、この音を奏でる。

PSデイズ2022: VWの見どころ10選

VWの歴史に残る伝説。最初のRモデル: ゴルフ4 R32。もちろん、チューニングフェアでもこのアイコンは欠かすことができない。深いブルーに塗られ、典型的なマルチスポークホイールを備えたクラシカルなデザインだ。それ以外のR32の外観は、ほぼ標準的なオリジナルに近いもので、今も昔も美しい、時代を超えたクルマだ。
「VW T3」は、人気の高い名機となっている。「アウディS4 B5」のV6 2.7リッターツインターボエンジンを搭載し、出力400馬力と最大トルク600Nm(!)を発揮する。
20年間同じ人の所有した1990年式の「VWコラード」には、数々のチューニングが施されている。オーナーによれば、今回のチューニングには4万ユーロ(約560万円)の費用がかかったという。全体的に調和のとれたパッケージだ。すべてがグレーと黒のダークな色調だ。ホイールやグローブボックスなど、細部に至るまでカーボンを多用。
VWの旧車は、3リッターのVR6自然吸気エンジンをブーストして駆動し、出力は200馬力と推定される。この「VWボーラ ヴァリアント」は、細部まで完璧に仕上げられていて、オリジナルがあまり残っていない。すべての変換と革新を列挙すると、あまりに長くなってしまう。「ボーラ」のハイライトは、エアサスペンション、19インチホイール、そしてGRPトリム、23インチTV、12個のサブウーファー、Play Station 4といった「ゴルフR32」の装飾がたくさん入っていることだ。ダークパープル(アウディエクスクルーシブのベルベットバイオレット)の塗装仕上げと、ブラックのアプリケーションを使った非常に明るいインテリアの組み合わせが強烈な印象とともに、目を引く。「ボーラ ヴァリアント」が2シーターとして登録されているのは、後席にエアライド用の銅パイプ付きエアタンクが設置されているためだ。
「ゴルフ」や「ビートル」、「コラード」などと違い、「VWダービー」のチューニングカーは極めて珍しい。だから特別なのだ!そして、「ダービー」の初代モデルは、あと数年(2027年)で50歳を迎えるのだ!フロントのエプロンを除けば、ボディはまったく手付かずの状態だ。しかし、ホイールや車体近辺はそれほどオリジナルではない。チューニングミーティングやフェアでの希少性は間違いなく目玉商品だ。
正面から見ると、この「VWルポ」は実に目立たない小型車だ。しかし、この小さな車はすぐにその正体を現す。通常はトランクがある場所に、フラップを開けると野太いエンジンが目に飛び込んでくる。この小さなクルマには、ターボチャージャー付きのVR6エンジンが搭載されているのだ! 排気ガスはテールゲートの穴から直接消えていく。エンジンに必要なスペースを確保するため、ホイールベースはやや長めになっている。このパワー「ルポ」は900馬力!!!を発揮すると言われている。
もちろん、VWのハイライトに「ビートル」も欠かすことはできない。この特別な個体は、目を引くペイントや、特別なワイドニングによって目立つだけでなく、レトロなVWはインテリアにも多くの魅力を備えている。フロントに金属製のシート、リアにケージを装備。リアアクスルにはプッシュロッドサスペンションが採用されている。ワイルドなビートルには、巨大なスポイラーがリアに飾られている。
ゴルフのレーシングカーのように見えるのは、実はかなり目立たない「GTD」だ。目を引くカラーリング、巨大なリアウィング、19インチの極太ホイールによる迫力のワイド化、「R32」のエキゾーストシステムに加え、このゴルフにはとんでもなく大きなミュージックシステムが搭載されているのだ。18台のラウドスピーカー、合計76,000Wの出力で、この音を奏でる。音楽システムの重量は1,000kgに達し、そのためにボディの剛性を特別に高めている。
キャンプは絶対的なブームを迎えている。チューニングもそうだ。モーターホームでもトレーラーでも、その選択肢は多様だ。しかし、このチューナーは特別で、キッチンの代わりにラウンジがゲストを待っているのだ。また、その中で夜を過ごしたいという人には、トレーラー内のソファコーナーが220×145cmのベッドに早変わりする。
エアサスペンションを搭載したラリーカー。ありえない?いえ、この場合、そうなる。それによって、この「VWポロ」はラリールックになっている。ホイールは初期のレーシングモデルのエアロホイールを彷彿とさせ、追加された4灯のヘッドライトはレーシングルックを強調している。リアの大型ディフューザーの下には、ツインテールパイプを備えたシングルフローエキゾーストシステムが搭載されている。印象的なストライプと「スポンサー」ステッカーが、レーシングルックを完璧なものにしている。

Text: Sebastian Friemel and Kim-Sarah Biehl
Photo: autobild.de