【ニューモデル情報】フェイスリフトを受けてリフレッシュされた新型BMW 3シリーズ正式発表 ファーストシートチェックを含む全情報!

703

滑らかな外観、モダンなコックピット、新しいインフォテインメントシステム、マニュアルギアボックスの廃止、標準装備の充実 – それがBMW 3シリーズ フェイスリフトだ。エンジン、価格、ファーストシートチェックを含む全情報を公開!

BMW 3シリーズがフェイスリフトを実施

「3シリーズ」は、BMWにとって安全な銀行だ。青と白のプロペラをロゴに持つこれまでの7台すべてが、「3シリーズ」を代表する車だ。そして、ビルドコード「G20(サルーン)」または「G21(エステート)」を持つ7代目が特に成功を収めている。2019年のモデルチェンジ以降、BMWは110万台を購入者に届けた。

この成功曲線がバイエルンの空を指し続けるように、ミュンヘンの会社は今、「3シリーズ」に、「LCI(ライフサイクル インパルス)」、つまりBMW以外の人はフェイスリフトと呼ぶかもしれない改良を施した。

フェイスリフトモデルは44,000ユーロ(約616万円)弱から(アップデート情報!)

しかし、BMWは標準装備を充実させることで、この価格を正当化している。「318i」セダンの価格は39,350ユーロ(約550万円)ではなく、少なくとも43,900ユーロ(約614万円)になる。

ヘッドライトの幅を狭め、より滑らかなフロントエンドを実現

一目見て、すぐにポジティブなムードになる。新型「3シリーズ」では、一部で酷評されているミュンヘンのデザイン部門は、あえて実験的なことはしていないのだ。

BMWはレーザー光線を廃止するそうだ。その代わり、マトリクスLEDライトにはブルーの素子が使われている。

それどころか、フェイスリフトのヘッドライトはより細く、直線的なデザインになり、キドニーグリルには、ダブルストラットが付き、エプロンはより構造化されたものになった。

フェイスリフトで3シリーズのホイールの新標準サイズは17インチになった。

リアでは、スカートを新たに設け、テールパイプの径をプラス1cm大きくした。リアランプは何も変えていない。全体として、美容的な介入は成功したとしか言いようがない。

BMW 3シリーズに大型スクリーンを備えた「i4」コックピットを搭載

「i4」でおなじみの曲面ディスプレイが標準装備され、計器用に12.3インチモニター、センターディスプレイとして14.9インチのタッチスクリーンが選択できるようになった。

この画面風景は、BMWインフォテインメントの最新世代の登場を意味する。頭文字をとって「OS 8」と呼ばれ、操作の中心をボタンから、タッチや音声コントロールにシフトしている。そのため、クライメートコントロールやオーディオコントロールの直感的なボタンがほとんどなくなった。

新しいギアセレクター、常にオートマチック

人間工学的に模範的な「3シリーズ」のコックピットは間違いなく整然としているが、新しい操作系のレイアウトが日常的な使用でその価値を発揮するかどうかは未知数だ。8速オートマチックのギアセレクターレバーは、ノブから可動式バーへと小型化され、インテリアデザイナーの手によって新たにデザインされた。小さくても、機能性は変わらない。

3シリーズは背の高い人がフロントに座っても、フィット感は上々だ。

自分でギアを変えたい場合は、ステアリングホイールにギアシフトパドルを標準装備するようになった。そうなると必然的にギアボックスの話になる。マニュアル仕様「3シリーズ」の時代は、フェイスリフトでついに幕を閉じる。その代わり、おなじみのエンジンは、常に定評のある8速オートマチックと連動する。

エンジンはそのまま

エンジンと駆動システムには1つだけ変更がある。前述の通り、フェイスリフトに伴い、3シリーズにはマニュアルギアボックスの設定がなくなった。それ以外は、すべて慣れ親しんだ、試行錯誤の連続だ。

MスポーツパッケージにProエクステンションを追加

BMWは、モデルチェンジに伴い、装備リストを簡素化した。将来的には、「3シリーズ」は「ベーシス」トリム(BMWによると以前の「スポーツライン」に匹敵)、または「Mスポーツパッケージ」のみで利用できるようになる。

さらに、もう少しスポーツを楽しみたい人には、「Mスポーツパッケージ プロ」を追加注文することができる。ダークヘッドライトインレイ、レッドキャリパー付きスポーツブレーキシステム、ブラック化されたキドニーとテールパイプは、スポーティさを求めるプロの要求に応えることを意図している。

今後、3シリーズにはベーシックモデルとMスポーツパッケージ(写真)のみが設定される予定だ。

ニュー「3シリーズ」では、装備の選択肢を減らしてもなお、カスタマイズを楽しめるように、「スカイスクレイパーグレー」、「Mブルックリングレー」、「フローズンピュアグレー」、そしてグレーになりすぎないように「フローズンタンザナイトブルーメタリック」の4色が新たに設定されている。

3シリーズのフェイスリフトは標準装備を強化

ポジティブな面では、フェイスリフト以降の「3シリーズ」には、3ゾーンクライメートコントロール、サットナビゲーション、ストレージパッケージ、フロント&リアPDC、オートディミングインテリアミラーなどが標準装備されている。

結論:
新型「BMW 3シリーズ」には弱点がない。フェイスリフトは、スマートで滑らかでシャープな印象を与える。「3シリーズ」のインテリアもぐっとモダンになった。一瞬の衝撃の後、標準装備の拡充で、価格上昇を相殺することができる。フラッグシップのBMWを会計士仕様で注文する人はいないだろうから。

Text: Peter R. Fischer
Photo: BMW AG