【テスト&モデル情報アップデート】フェイスリフトされたプジョーのコンパクトSUV 新型2008 電動と内燃機関との比較テストを含む全情報!

223

3008の弟にできること。プジョー2008は大きく成長し、電気駆動のe-2008もあり、それは兄貴分の3008によく似ている。

発表と価格:プジョー2008は27,000ユーロ強から

2013年に初代「プジョー2008」が生産ラインを離れ、それから約6年の歳月を経て、2019年に2代目の小型SUV「2008」が発売された。そしてこのたびフェイスリフトを受けさらに進化した。PSAの新しい「CMP」プラットフォームをベースにしており、「プジョー208」や「オペル コルサ」と技術的な基礎を共有していることになる。プジョーは、「ルノー キャプチャー」と「VW T-Cross」を主なライバルとして視野に入れている。

内燃機関は、ガソリン2種類、ディーゼル1種類から選択可能で、エントリーレベルのガソリンエンジン(101馬力)は27,200ユーロ(約380万円)から、ディーゼルエンジンは最低でも34,250ユーロ(約480万円)からとなっている。さらにBEVの「e-2008」を選択した人は、最低でも37,900ユーロ(約530万円)の出費が必要となる。

外観&サイズ: 2008はより大きく、より角張ったデザイン

ビジュアル面でも、「2008」は大きく前進した。初代「2008」の丸みを帯びたデザインは、もう何も残っていない。2代目は、「208」や大型SUVの「3008」からスタイリングのヒントを得て、より角張ったデザインになっている。

全長4.30mの2008は、サイズ的にはほぼコンパクトSUVのセグメントに属する。

基本的な形状は、大型でどちらかといえば未来的なスタイルのコンパクトSUVだが、フロントに兄弟車である「208」からそのディテールを借りている。

3分割のイルミネーショングラフィックが爪のように見えるLEDヘッドライト、ワイドなトリムストリップが付いた大型グリル、エプロンの奥まで伸びるサーベル型のデイタイムランニングライトなど、様々なデザインが採用されている。しかし、プジョー最小のSUVである「2008」では、これらはヘッドライトに直接接続されていないデザインとなっている。

2008第2弾は、より長く、よりフラットに

いずれにせよ、もはや「2008」は「小さい」というサイズではないのだ。モデルチェンジにより、「2008」は全長が14cm長くなり、全長4.30mは明らかにコンパクトSUVの境界を越えた。なにより、ホイールベースが2.61mに拡大されたことで、リアスペースは大幅に拡大された。

同時に、全幅は1.77メートル(プラス3センチ)、全高は1.55メートルと約1センチ縮小された。横から見ると、板金に打ち込まれた2つのビーズがひときわ目を引く。この2つのウィンドウは逆向きに配置され、リアウィンドウの急勾配のラインと相まって、「2008」モデルを兄貴分と視覚的に区別している。

「3008」との共通点は、リアにも見られる。しかし、典型的なクローライトのグラフィックを持つLEDテールランプは、大幅に幅が狭くなっている。また、ライオンロゴをテールゲートのさらに下側に配置した。その代わり、「2008」には、プジョーのレタリングが施されている。

【サイズ一覧】
• 全長: 4300mm
• 全幅: 1770mm
• 全高: 1550mm
• ホイールベース: 2605mm
• 回転半径: 10.4m
• ラゲッジコンパートメント容量: 405~1467リットル

インテリア: 3Dコックピットと2列目のゆとりある空間

インテリアに関しては、1列目にはほとんど驚きはない。近未来的なダッシュボードや操作系は、すでに「プジョー208」でお馴染みのものだ。つまり、ドライバーは小さく低く設定されたステアリングホイールで操縦し、高い位置にあるデジタルメータークラスターを直接視界に入れることができるようになっている。

デジタルメーターと低く構えたステアリングホイールが、「2008」を特徴づけている。その技術は、より小さな208から転用されたものだ。

プジョーによると、これによってヘッドアップディスプレイが廃止されるとのことだ。デジタルメータークラスターは10インチで、3Dディスプレイを搭載している。そのため、最も重要な情報が前面に出てきて、ドライバーに向かってくるように感じられる。ベーシックな”Allure”トリムでは、クラシカルなアナログメーターも引き続き使用可能となっている。

ラゲッジルームの容積を大幅に拡大

インフォテインメントシステムのタッチスクリーンは、運転席に向かって傾斜しており、バージョンによって7インチまたは10インチの大きさになっている。センターコンソールには、スマートフォン用の誘導充電コンパートメントのほか、複数の収納コンパートメント、USBポート、2つのカップホルダーが用意されている。

試乗した「GTライン」のインテリアは、全体的に上質感があった。これも、カーボンルックのトリムパーツやピアノラッカーをふんだんに使って、随所に華やかさを演出しているためだ。

リアでは、外寸の拡大がプラスに作用している。膝が入るくらいのスペースがあり、オプションのサンルーフにもかかわらず、膨らみのおかげで頭上には十分なスペースとエアが入っている。つまり、背の高い人でも充分にリアに座り、過ごせるスペースがあるということでもある。

ボンネットの下には、最高出力131馬力の3気筒と4気筒のエンジンが搭載されている。そして電動2008は最大136馬力を発揮する。

「2008」はトランクルームも広くなった。ラゲッジコンパートメントは、従来の350リットルから405リットルになり、リアシートを倒せば、「2008」のトランクは最大1467リットルになり、先代(最大1194リットル)より273リットルも多く収納できるようになっていて、実用性は格段にアップしている。

装備と接続性: アシスタントに不足はない

もちろん、プジョーはその最小のSUVモデルである「2008」にもさまざまなアシストシステムを提供している。例えば、最新の「2008」モデルでは、ドライバーはアクセルとブレーキを踏むだけで、勝手に駐車することができるようになっている。また、緊急ブレーキアシスト、交通標識認識、眠気覚まし、ブラインドスポットアシストも搭載している。

8速オートマチックとの組み合わせで、ブレーキと再加速が独立して行われるアダプティブクルーズコントロールがある。新開発のレーンキーピングアシストは、車線内でのクルマの位置をドライバーが判断することができるようになっている。ハイビームは、対向車が来ると自動的に減光する。また、現在の交通情報をもとにルートを自動調整するTomTom社の3Dナビゲーションシステムも別料金で用意されている。

MirrorLink、Apple CarPlay、Android Autoを介してスマートフォンをインフォテインメントシステムに接続することができるようになっている。サウンドシステムは、フランスの専門メーカーであるフォーカル社のものを採用。「2008」と「e-2008」には、外観も異なるActive、Allure、GT-Line、GTが設定されている。

エンジン: 3気筒、4気筒、およびEバージョン

エンジンは、ガソリン2種類、ディーゼル1種類から選択できる。ガソリンエンジンは、1.2リッターターボ3気筒ユニットで、101馬力と131馬力。また、6速マニュアル変速機を標準装備している。130馬力のバージョンには、おなじみの8速オートマチックがオプションで用意されている。

「e-2008」は、フロントから見ると、ボディカラーのラジエーターグリルと、わずかに変更されたライオンのロゴが目印になる。

プジョーでは、長距離を頻繁に運転する人のためにディーゼルも用意している。1.5リッター4気筒は、131馬力を発揮する。ここでは、8速オートマチックがギアチェンジを標準的に受け持つ。ガソリン、ディーゼルを問わず、すべてのエンジンが排出ガス規制「ユーロ6d」に適合している。

航続距離300km超の電気自動車仕様

フランス車メーカーは、2代目の「2008」には全輪駆動を廃止している。悪路では、オプションのグリップコントロールが効果を発揮するはずだ。少なくとも1.2トンの重量を持つこのSUVは、スペインのヴィーゴで製造されている。

2代目となる「2008」では、初めて純電気自動車仕様が登場した。前車軸に搭載された100kW(136馬力)の電動モーターは、1,620kgのSUVを9秒で0から100km/hまで加速する。50kWhのバッテリーにより、航続距離は342kmとされている。

比較: 電気自動車と内燃機関の駆動システム対決

購入希望者が何度も口にする質問のひとつに、「どのパワーユニットを選べばいいのでしょうか?」というものがある。内燃機関か電気か? 「プジョー2008」にはその両方が搭載されている。

基本的に両者の違いはそれほど大きくなく、視覚的にはラジエーターグリルのディテールや、末尾に「E」が付くナンバープレートなどから、「e-2008」が電気自動車であることが分かる程度だ。3D効果もあるフルデジタルディスプレイは、どちらのバージョンでも利用可能となっている。我々の比較テストでは僅差で、電動「2008」が勝利を収めた。面白いので、購入前に、ぜひ、試乗してみることをお勧めする。

旧世界と新世界: e-2008は内燃機関の兄弟と競争し、最終的に勝利を収めた。

背もたれに傾斜がある運転が好きな同僚は、ここで正しい着座位置を見つけるのが難しいと感じる人も多いだろう。しかし、その一方で、このコンセプトを賞賛する人もいるのだ。操作は同様のゲームを踏襲し、多くの機能をタッチ操作で設定する。

追加料金で入手できるオートマチックトルクコンバーターの代わりに、我々はマニュアル・ギアボックスを推奨する。

e-2008は心地よい静粛性

「e-2008」に乗り換え: 「DS 3 e-tense」ほどの快適性はないものの、絶妙な静粛性と落ち着きがある。静かな音を重視するなら、電気自動車が最適だ。ちなみに、テスト段階では(ドイツでは、という注釈がつくが)、充電インフラにほとんど問題はなかった。「e-2008」は、兄弟車と同様、急速充電器で、わずか30分で80%まで充電することができるようになっている。また、「CMP」プラットフォームにより、「e-2008」はガソリン車と同等のスペースとトランクルームを実現している。

【ABJのコメント】
「プジョー2008」、乗ってみれば、プジョーの長所が生かされた使いやすくスタイリッシュな小型SUVである。パワーユニットもガソリンエンジンモデル、ディーゼルエンジンモデル、そしてBEVと豊富だし、毎日使うのに適したサイズのプジョーといってもいいだろう(この上のモデルだと急に車幅も大きくなってしまうし、毎日気楽に使えるSUVの上限サイズはこれくらいなのではないだろうか)。

そんな魅了的な一台なのに、昨今報道されているのは「208」と「2008」のBEVモデルのトラブルのこと、である。路上で立ち往生してしまうというトラブルが結構な頻度で発生し、どうやら未解決らしい。BEVもプラグインハイブリッドを含むハイブリッドシステムも、従来までのシステムと比較するとはるかに複雑であり、こういうトラブルが発生した場合に原因追求には時間がかかるのだろう。だが路上で停止してしまうというのは、言うまでもなく危険であり、一刻も早く対応することが望まれるし、メーカー・インポーターとしても必須のことなのではないだろうか。

昨今のプジョーとシトロエン(含むDS)は実に魅力的なだけに、こういう部分で信頼性を失って、人気の低下を招くことは残念でならない。速やかに対応されて信頼回復することを心から願っている。(KO)

Text: Elias Holdenried and Sebastian Friemel
加筆: 大林晃平
Photo: Stellantis N.V.