【初テスト】新型メルセデスAMG C 43 4MATICに初試乗&レポート!AMG製高性能Cクラスは408馬力4気筒+14馬力で武装する

1935

これが新しいC 43 AMGの走りだ!AMGはC 43で、Cクラス向けのパフォーマンスプログラムを開始した。

発表と価格: C 43は71,000ユーロ(約994万円)からとお買い得

新型「Cクラス」がついにAMG化!「C 43」として、今回初めてスポーティな4気筒が搭載され、将来的には従来のV6のガソリンエンジンは廃止される予定だ。

エンジンは基本的に「Aクラス45」から流用しているが、電動ターボチャージャーで補完している。「C 43」は現在注文を受け付けており、価格はサルーンが71,460ユーロ(約1,000万円)から、エステートは73,245ユーロ(約1,025万円)からとなっている。

C 43には4輪操舵のステアリングが標準装備されている。リアは、4本のクロームメッキテールパイプトリムが印象的だ。

外観・内装: コントラストの効いた縫い目でAMGらしさを表現

「C 43」のボディワークは、通常の「Cクラス AMGライン」とあまり変わっていない。一見したところ、ウィングのバッジと4本の丸いエキゾーストテールパイプだけが、最も小さな「C-AMG」を思わせる。

インテリアでは、カーボン調の装飾やアルカンターラ素材のスポーツステアリングホイール(オプション)が特徴的だ。

インテリアでは、新開発のAMGスポーツステアリングホイールや、オプションの装飾がひときわ目を引く。ダッシュボードとドアパネルに施されたコントラストステッチが、適度な質感を与えている。また、「C 43」では、オプションのパフォーマンスシートも新世代の形状のものが導入された。

ドライビング: C 43の4気筒はこんな感じだ(アップデート情報!)

従来まではAMGとダウンサイジングは、なかなか相容れないものだった。アファルターバッハの高貴なチューナーたちは、ここ数十年、ヒスノイズの出る6気筒や、泡立つV8エンジンで、多くのユーザーを甘やかしてきた。しかし今や「Cクラス」に4気筒?そんな先入観を持たずにアプローチするだけだ。

大型のエアインテークとAMG特有の縦型ストラットを備えたグリルは、最高のオーバーテイクプレステージを約束する。サイドスカートと迫力ある20インチホイール(標準は18インチ)は、巨大なディフューザーと2本のツインテールパイプを持つリアへと続く。

大型のエアインテークとAMG特有の縦型ストラットが、C 43のオーバーテイクの威信を保証している。

インテリアでは、ドライバーと助手席はグリップ感と重量感が最適化されたスポーツシートが用意され、さらにAMGセレクトスイッチを操作することで自分好みの設定をすることができるようになっている。

全輪駆動は良いが、音が悪い

街中では、まず「C 43」が目立たないことに気がつく。コンフォートモードでは、どんなにひどい路面でもスムーズに転がり、スロットルコマンドにはかなり慎重に反応する。しかしスポーツモードを選択すると根本的に変わる。AMGデュアルクラッチの9段が常に作動し、電気スタータージェネレーターによる14馬力の追加パワーによって、408馬力のパワーが飛び出す準備が整っている。低回転域でターボチャージャーをアシストする電動モーターにより、パワフルな500Nmを実現している。

フロント31%、リア69%の全輪駆動は完璧なトラクションを確保し、リアホイールステアリングは優れたロードホールディングを実現する。しかし、音はかなり貧弱で、エグゾーストから流れるサウンドはAMG純粋主義者には忌み嫌われるような音質である。

しかしそんな部分のAMGらしい感動はやや薄らいだとしても、日常の使い勝手はこれまで以上に良くなっている。それでもどうしても6気筒でないと嫌だという人は、これからの時代は、最低でも「Eクラス」以上でないと無理だろう。

結論:
そう、新型「C 43」は厳しい排ガス規制の犠牲者なのだ。しかし、それでも「AMG C43」はこの制限の中で何が可能かを見事に示している。日常的な運転では無敵だ。

装備&エンジン: C 43用エレクトリックターボ

パワーアップに加え、「C 43」モデルには常に全輪操舵が装備されている。Aクラスに搭載された「M139」エンジンをベースに、メカニックによる完全組み立てのパワーユニットが「C 43」に搭載されている。

パワー: Cクラスで400馬力以上

マイルドハイブリッドの出力は408馬力(+ハイブリッドブースト14馬力)で、特に電動ターボチャージャーによりターボラグがなく、レスポンスが良い。ここでは、ターボチャージャーの軸に小型の電動モーターを配置しているため、エンジン回転数や排気ガス量に依存しない運転が可能だ。トランスミッションは湿式発進クラッチ付の9速オートマチックである。

「C43」には、サルーンに加え、より実用的なエステートも用意されている。

「C 43」の0から時速100kmまでの標準的なスプリントはわずか4.6秒で、エステートはそれより10分の1長い。最高速度は、2,250ユーロ(約32万円)の追加料金で制限速度が緩和され265km/hまで引き上げることができる(AMGドライバーズパッケージ)。

【ABJのコメント】
グッドウッドの会場で「BMW M3」のステーションワゴンバージョン、「M3ツーリング」が展示された、という記事を読んでいた瞬間、届いたのが、今回のコンテンツであった。「M3」のライバルはといえば、まあ間違いなくこの「メルセデス・ベンツAMG C43」であり、その「C43」のワゴンが、上の写真の一台である。この時期に相次いで登場した2台の好敵手だが、一番の違いは言うまでもなくエンジンで、「M3」が直列6気筒でツインターボを搭載するのに対し、「C43」は4気筒で、電動ターボエンジンという成り立ちがまずは大きく異なっている。その一方で、同じ部分は、「xDrive」と「4MATIC」、つまりどちらも4輪駆動という点だろうか。もちろん2台とも、同じ4輪駆動とひとくくりに言ってはいけないほどの違いがあることはさておき、昔はどちらもFRだったのに、いつのまにか、フルタイム4輪駆動高性能車になっているという事実には間違いがない。

そんな2台の最高速度(公表)は280km/hと265km/hで、「M3」のほうが速い。そりゃ6気筒にターボが2基付いてれば速いのは当たり前だし、こんなご時世に最高速度だなんだというのが時代遅れで非現実的な比較であることは認めざるを得ない。だがあっさりとメルセデス・ベンツの高性能モデルであるはずのAMGがライバルに負けちゃっていいものなのか、と感じてしまうことも事実である。なんとも罪深いことではあるが、

長年、武蔵と小次郎みたいに書かれて、常に比較されてきた2台なのだから避けるわけにもいかない、というのが正直なところでもある。

しかし今回は「M3」のほうが速いのか、と思うのは早計で、どうやら今後「C43」にはもっと高性能の、おそらく数字が違うモデルも出るらしい。まだまだ高性能競争は続くし、ドイツのエンジニアたちも、本心では、高性能を常に追い求めることを止めたくはない、ということなのではないだろうか。2台を見ながらそんなことを考えた。(KO)

Text: Andreas Huber and Malte Büttner
加筆: 大林晃平
Photo: Mercedes Benz AG