【ユニークな比較テスト】BMW製ディーゼルSUV対決 BMW X3対BMW X5 果たして勝者は?

2436

BMW X3が兄貴分のX5と対面して比較テスト。BMWの人気SUV対決の結論は、「少し小さくても十分」というものだった。

BMWの2台のSUV、「X3」と「X5」を比較すると、今までのクルマの成長がよくわかる。全長4.71メートル、全幅1.89メートルの「X3」は、初代「X5」とほぼ同じサイズになのだ。現行の「X5」は、全長4.92メートル、全幅2メートルとなっている。この大きさは、駐車場を探すときに問題になる。ほとんどのガレージや駐車場は、この「X5」のサイズのために作られたものでもないからだ。

「X3」は後部座席まで気持ちよく広々としているが、広々とした「X5」はどこもかしこもさらに数センチ広くなっていて、とても大きい。ラゲッジルームに関しても、「X3」は最大1,600リットルなのに対し、2分割テールゲートの「X5」はさらに広く、最大1,870リットルの収納が可能となっている。BMWは「X5」のみ、3列目に2つの折りたたみ式シートを装着している(1,700ユーロ=約24万円のオプション)。

模範的な走りの文化: X3とX5は、同じ3リッター直列6気筒のパワーで加速する。

X3、X5には直6が似合う

おすすめはどちらとも、3.0リッター直6ディーゼルエンジンだ。それは力強さと調和された静かな音の名機だ。ZF製8速オートマチックは、素早くスムーズにシフトアップする。どちらも走行性能は自信満々たるものだ。「X3」は、アダプティブダンパー(1,000ユーロ=約14万円)を装着していて、より生き生きとした機敏な走りを見せてくれる。一方で、ダイレクトで正確なステアリングを神経質に感じる人もいるだろう。

【車両データ】

モデル BMW X3 xDrive 30d BMW X5 xDrive 30d
エンジン 直列6気筒ディーゼル、フロント縦置き 直列6気筒ディーゼル、フロント縦置き
最高出力 286PS 286PS
最大トルク 650Nm@1500rpm 650Nm@1500rpm
駆動方式 全輪駆動、8速AT 全輪駆動、8速AT
0-100km/h加速 5.7秒 6.1秒
最高速度 245km/h 235km/h
テスト時平均燃費 13.3km/ℓ 12.0km/ℓ
全長/全幅/全高 4708/1891/1676mm 4922/2004/1745mm
ラゲッジルーム容量 550~1600リットル 650~1870リットル
乾燥重量 2008kg 2282kg
基本価格 62,600ユーロ(約876万円) 76,800ユーロ(約1,075万円)

エアサスペンション(2,100ユーロ=約29万円、X3には設定なし)付きの「X5」は、より緩やかなスプリングで、よりリラックスした状態を保つ。このサイズと重さでありながら、非常に扱いやすい。

バーゲンに期待しない

「X3 xDrive 30d」は62,600ユーロ(約876万円)から、「X5 xDrive 30d」は76,800ユーロ(約1,075万円)からで、いずれも全輪駆動、オートマチックトランスミッションなどが標準装備されている。オフロードパッケージ(4つの走行モード、ディファレンシャルロック、アンダーライドプロテクションを含む、2,950ユーロ=約42万円)は、後輪操舵(1,250ユーロ=約17万円)と同様に、「X5」にのみ用意されている。トレーラーカップリングは、「X3」が1,150ユーロ(約16万円)、X5が1,200ユーロ(約17万円)となっている。

より安く: X3はX5よりなんと14,200ユーロ(約200万円)も安いのだ。しかし、それでも今やそのベース価格は62,600ユーロ(約876万円)と、やはり贅沢な設定になっている。

テスト時の燃費は、「X3」がリッターあたり13.3km、「X5」がリッターあたり12.0kmと、いずれも走行性能を考えると非常に立派な数値だ。

結論:
「BMW X3」と「X5」は、特に素晴らしい3リッターディーゼルが搭載された、このクラスで最高の車だ。しかし、ここで私たちが選ぶのは、明らかに小型の「X3」のほうだ。本当に「X3」でも十分な広さがあり、日常生活でも運転しやすくなっている。しかもかなり安い。

【ABJのコメント】
毎度の思うことながら、自動車のサイズというのはモデルチェンジの度に大きくなりながら、より上方のセグメントに向けて成長し続けていくもの、というのは昔から変わらないことである。フォルクスワーゲンでいえば、「ゴルフ」はすでに昔の「パサート」の大きさと価格になり、その下のセグメントの「ポロ」は昔の「ゴルフ」の大きさである。仕方なく(?)フォルクスワーゲンは「ポロ」の下に「Up!」や「ルポ」を作り・・・と、ラインナップは拡大の一途をたどるわけだが、BMWもまったく同じように成長し続けている。

もはや街で「X1」とか「X3」を見かけると、後ろに回っていってバッチを確認しなければ、目の前の自動車が「X1」なのか「X3」なのか、判別がつかない状況だが、「X5」だけは、大きさが非常に大きいので、「ああこれはX5かぁ」と見分けることができるが、目の前の車を大きいなぁ大きいなぁと思って納得していると、「X7」だったりするので油断も隙もありゃしない。

とにかくもはや街中で使うサイズとしては、「X3」が上限で、「X5」はもてあますほどのディメンションを誇るし、その「X3」も800万円~900万円、オプションをつけると1,000万円の自動車なのである。これだけの費用を出せば、完成度も内容も悪いはずもなく、もう十分立派な高級SUVなのだが、ラインナップの中では、中堅程度の存在なのだから、いつの間にか世の中は変化していることに驚いてしまう。今回の対決は「X3」の勝ちということだが、今の自分ではその「X3」でさえ購入するのにかなりハードルが高いという現実に、ちょっと脱力感さえ感じてしまうのである。(KO)

Text: Dirk Branke
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de