【F1第10戦イギリスGP決勝】初優勝!フェラーリのカルロス サインツJrが混乱のレースを制す!

359

2022年F1イギリスGP@シルバーストーンサーキット: サインツ、恐怖のアクシデントを乗り越えての勝利。フェラーリドライバーのカルロス サインツがF1初優勝を飾った。

フェラーリのカルロス サインツJr.がセルジオ ペレス(レッドブル)、ルイス ハミルトン(メルセデス)を抑えてF1初優勝を飾った。オコン(アルピーヌ)の技術的欠陥により、セーフティカーが導入された際の判断が功を奏した。

背景: イエローフラッグ中、サインツJr.とハミルトンはソフトタイヤに交換、フェラーリ勢のシャルル ルクレールはハードタイヤのままコース上に留まった。それはフェラーリの戦略的な判断ミスでもあった。その後、サインツJr.はチームメイトのガード役にまわることなく、ルクレールから勝利を奪い取ったのだ。

「忘れられない特別な日になる」と、サインツはほくそ笑んだ。

特に今回のレースの最終盤の盛り上がりは、他の追随を許さないものがあった。ペレス、ハミルトン、ルクレールの間で何度もポジションが入れ替わった。ルクレールは長い間防衛に成功するが、その後4位に後退する。セーフティカーが入るまでは、勝利を見据えていたが、司令塔からサインツにポジションを譲るよう命じられたからだった。

単独走行: 14周目に突然グリップを失ったマックス フェルスタッペンのレッドブルマシンの問題により、フェラーリとルイス ハミルトンの両者が恩恵を受けた。ゴールまで、世界チャンピオンはミック・シューマッハの執拗な攻撃をかわして7位でフィニッシュした。

ミック シューマッハは初のワールドチャンピオンシップポイントを獲得した。

華々しく幕を閉じたレースは、スタート時の衝撃的な瞬間から始まった。メルセデスのジョージ ラッセルがアルファロメオの周 冠宇のリアに追突し、赤と白のレーサーは横転、グラベルを頭から滑って飛び出し、キャッチフェンスに激突して、フェンスとタイヤの山の間に停まった。レースは赤旗中断となった。

ラッセルは砂利の中を走って、中国人ドライバーの安否を確認した。幸いにして周は無傷だった。また、この事故にはアレックス アルボン(ウィリアムズ)とエステバン オコン(アルピーヌ)も巻き込まれ、リタイアしている。ウォールに激突したアルボンは病院へ搬送された。

シルバーストーンでのレースは、衝撃の瞬間から始まった。

事故の責任は誰にあるのだろうか?「ジョージ ラッセルは、何が起こっているのかをもう少しよく知るべきだった」と、元世界チャンピオンのデイモン ヒルはSkyチャンネルのインタビューで語っている。「スタートで失ったポジションを守ろうとしているように見えた。私の時代でも、スタート時には急に方向を変えないというのが鉄則でした」。

ラッセルはその後、チームメイトのルイス ハミルトンが表彰台に上るのを見ることになる。「周が無事でよかった。事故は、私にとっても、チーム全体にとっても、明らかに残念なことだ。スタートでハードタイヤのグリップがゼロになってしまったので、他のマシンに抜かれてしまったんだ。とても悔しいし、異常なレースだった」と悔いた。

なお、次戦、2022年F1第11戦オーストリアGPは、1週間後の7月10日(日)に、レッドブルのホームサーキット、レッドブルリンクにておこなわれる。フェラーリが調子を戻して再び接戦のシーズンとなった。果たして、レッドブルが本拠地で勝利を飾れるか。次戦もフェラーリがレッドブルの独走を停められるのか。はたまたメルセデスがチャンピオンシップ争いに加われる性能を得て戻って来るか。興味は尽きない。

2022年F1第10戦イギリスGP決勝結果(10位まで)
1位 カルロス サインツJr(スペイン)-フェラーリ 1時間21分20.440秒
2位 セルジオ ペレス(メキシコ)-レッドブル +3.779秒
3位 ルイス ハミルトン(イギリス) – メルセデス +6,225秒
4位 シャルル ルクレール(モナコ) フェラーリ +8.546秒
5位 フェルナンド アロンソ(スペイン)- アルピーヌ +9.571秒
6位 ランドー ノリス(イギリス)-マクラーレン +11,943秒
7位 マックス フェルスタッペン(オランダ)-レッドブル +18.777秒
8位 ミック シューマッハ(スイス/グランド) – ハース +18.995秒
9位 セバスチャン ベッテル(ヘッペンハイム)-アストンマーティン +22.356秒
10位 ケビン マグヌッセン(デンマーク) – ハース +24.590秒

ドライバーズチャンピオンシップランキング(第10戦終了時点10位まで)
1位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル 181ポイント
2位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル 147ポイント
3位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ 138ポイント
4位 カルロス サインツJr(スペイン) – フェラーリ 127ポイント
5位 ジョージ ラッセル(イギリス) – メルセデス 111ポイント
6位 ルイス ハミルトン(イギリス) – メルセデス 93ポイント
7位 ランドー ノリス(イギリス) – マクラーレン 58ポイント
8位 ヴァルテリ ボッタス(フィンランド) – アルファロメオ 46ポイント
9位 エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ 39ポイント
10位 フェルナンド アロンソ(スペイン) – アルピーヌ 28ポイント

コンストラクターズチャンピオンシップライキング(第10戦終了時点)
1位 レッドブル 328ポイント
2位 フェラーリ 265ポイント
3位 メルセデス 204ポイント
4位 マクラーレン 73ポイント
5位 アルピーヌ 67ポイント
6位 アルファロメオ 51ポイント
7位 アルファタウリ 27ポイント
8位 ハース 20ポイント
9位 アストンマーティン 18ポイント
10位 ウィアムス 3ポイント

Text: Bianca Garloff
Photo: autobild.de