【初テスト】アストンのパワーSUVトップバージョン アストンマーティンDBX707に初試乗 そのドライビングインプレッション!

178

大本命?アストンマーティンは、SUVのトップバージョンを持ってきた。DBX707は、最高出力707馬力、最大トルク900Nm、最高速度310km/hと、数々の優れた特性を備えている。初ドライブ&そのレポート!

「アストンマーティンDBX707」。その通り、707は、707馬力の略だ。700馬力が開発目標だったが、目標を少し上回った。「DBX707」は、2020年から就任したアストンマーティンのボス、トビアス ムアースが初めて担当するクルマといえる。ムアースは以前、AMGに長年在籍しており、エンジン担当のラルフ イレンベルガーを連れてアストンマーティンへやってきた。

AMGの壮大な4.0リッターV8はよく知られているが、仕上げへの細かい作業はアストンマーティンが行っている。結果: 707馬力、900Nm@2600rpm。そして、素晴らしいサウンド。

そこで、AMGの最もよく知られた4.0リッターV8ブロックに救いの手が差し伸べられたのである。ボールベアリングを採用した新しいターボチャージャーや、制御システムの再プログラミングなどが行われた。このエンジンは、アストンマーティンだけが持っている、とイギリス人は自負している。

その結果、前述の707PS@6000rpmの出力と900Nm@2600rpmのトルクを実現した。「DBX707」は、少なくとも2.2トンの重量を持ち、ゼロから100km/hまで3.3秒で疾走し、最高時速310kmで走ることになっている。550馬力、700Nm、4.5秒、291km/hという数値のノーマル「DBX」と比較すると、明らかに大きく向上している。そしてそれは、実はアストンマーティンがメインライバルと位置づける「ランボルギーニ ウルス(650馬力、3.6秒、305km/h)よりも「DBX707」を速くすることになるのである。

カーボンセラミックブレーキを標準装備

動力伝達は、同じくAMGでおなじみの湿式発進クラッチ付9速オートマチックと、電子制御多板クラッチによる4輪駆動が担当する。フロントにダブルウィッシュボーン、リアに電子制御式リミテッドスリップデフを備えたマルチリンクアクスルのシャシーも再設計され、3チャンバーのエアサスペンションが適応された。さらに、48Vのロール補償とカーボンセラミックブレーキを標準装備し、そのサイズはフロント420mm、リア390mmとなっている。

ここで、サイズを推測することができる。DBX707は全長5m以上、ホイールベースは3m以上ある。

しかし、特にブレーキは、最初の公道走行では全く問題がないとは言えなかった。気温は9度前後と比較的寒く、時折激しく雨が降る中、試乗した「DBX707」は23インチのホイールにピレリP ZEROを装着していた。ブレーキング時の感覚は常に微妙に拡散し、ブレーキは躊躇しつつ反応し、減速もかなり慎重になるなど、決してハッピーな状況とは言えない。ホットロッドシステムがサーキットでまったく違う動きをするのは、そういう条件だったということなのだろう。

DBX707に搭載された轟音V8

しかし、アストンマーティンは、エンジンとトランスミッションの組み合わせをほぼ完璧に仕上げている。威嚇するようにパワフルなV8は、いざとなると猛然と回転を上げ、「DBX707」をその場から激しく引き離し、残酷なまでに突き進むのだ。このテストでは、0から100km/hまで、たったの3.3秒で、本当に到達できることも実証された。V8のサウンドも軽快で、深い音から激しい雷鳴まで、決してうるさいと感じることはない。

9速オートマチックは素早く反応し、例えば「Sport+」モードでは、容赦なくギアを踏み込むが、それ以外は迅速かつ驚くほどスムーズなシフトチェンジで楽しませてくれる。

グリップスポーツシートだが、DBX707の着座位置は少し高すぎる。

だから、「DBX707」は狂ったようなスピードでその辺を疾走するのだが、車重とほとんどそれ以上のサイズが常に目につく。なにしろ「DBX707」は、全長5メートル以上、全幅2メートル、ホイールベースは3メートル以上もあるのだ。

しかし、そのエネルギッシュで、常に広い視野を持った努力家ぶりが印象的だ。そして、「DBX707」は快適性にもかなり優れている。エアサスは特に長い段差に敏感だが、横のつなぎ目などは特に嫌いで、時々ギクシャクと反応することがある。ステアリングはダイレクトかつ正確に反応するが、もっとフィーリングがあってもいいと思える。たとえば、ポルシェは「カイエン」で、もっとうまくやっている。

アストンマーティンの空間の素晴らしさ

アストンマーティンが駆動やシャシーに徹底的にこだわったように、通常の「DBX」との違いはデザインや外観に限られる。フロントでは、「DBX707」はサテンクロームの大型グリルと大型エアインテークに加え、スポイラーとスプリッターを備えた新しいバンパーを装備している。サイドには力強いサイドスカートが、リアには力強いルーフスポイラーと大型ディフューザー、そして4本の太いテールパイプが装備されている。

典型的な曲線の細いライトを持つリア。大型ルーフスポイラー、ディフューザー そして、太い4本のテールパイプ。

アストンマーティンは、コックピットのレイアウトは、ドライバー用に12.3インチディスプレイ、中央に10.25インチスクリーン(タッチパネルなし!)を備えている。センターコンソールのデザインも若干変更され、走行モードの選択スイッチが新設されている。ナビとマルチメディアは・・・、どう表現したらいいんだろう? – 今のメルセデスというより、一昔前のメルセデスに近いかもしれない。いずれにせよ、ナビゲーションの機能範囲、操作性、品質が時代遅れになっている。

しかし、「DBX」の空間は常にポジティブな驚きを与えてくれる。特に、驚くほど風通しの良いリアは最高だ。3ピースの折りたたみ式背もたれや、十分なトランクスペース(アストンマーティンによれば638リットル)も備えている。しかし、それで本当に富裕層が興味を持つのだろうか。価格は238,500ユーロ(約3,290万円)からで、今年の半ばに発売される予定だ。とても大きな数字だ、この「DBX707」は。

テクニカルデータ&価格: アストンマーティンDBX707
• エンジン: V8ツインターボ、フロント縦置き
• 排気量: 3982cc
• 最高出力: 707hp@6000rpm
• 最大トルク: 900 Nm@2600 rpm
• 駆動方式: 全輪駆動/ほぼ自動変速機
• 全長/全幅/全高: 5039/ 1998/1680 mm
• 乾燥重量: 2,245kg
• ラゲッジコンパートメント容量: 638リットル
• 0-100km/h加速: 3.3秒
• 最高速度: 310km/h
• 平均燃費: 7.0km/ℓ
• CO2排出量: 23g/km
• 価格: 238,500ユーロ(約3,290万円)より

結論:
エンジン、トランスミッション、シャシー、エアロダイナミクス、エレクトロニクス、ブレーキ・・・。アストンマーティンは、「DBX」に多くの手を加えた。「DBX707」は、驚くほど速く、シャープで正確な走りを実現する。そして、十分な広さと上質なインテリアを同時に提供する。

Text: Dirk Branke
Photo: Aston Martin