フォルクスワーゲン、スタイリッシュな「新型ポロ」発表

272

フォルクスワーゲン ジャパンは、新型「Polo(ポロ)」を発表。4グレード展開。全国希望小売価格は、2,572,000円~3,299,000円。

今回のマイナーチェンジで新型「Polo」は、エクステリアデザインの刷新により、先代より10~25mm伸び、全長が4,085mmとなった。エンジンは最新世代の1.0TSIエンジンを搭載。フロント、リアは新デザインにアップデートされスタイリッシュに、よりスポーティな印象となっている。

グレードは4グレード展開。従来のTrendlineに代わりLEDヘッドライトなどを標準装備する『Active Basic』、Comfortlineに代わりデジタルメータークラスター“Digital Cockpit Pro”などを標準装備する『Active』、Highlineに代わり同一車線内全車速運転支援システム“Travel Assist”やLEDマトリックスヘッドライト“IQ.LIGHT”を標準装備する『Style』を設定。また、スポーティな専用内外装を身に纏った『R-Line』も設定される。

ボディカラーは新色のヴァイブラントヴァイオレットメタリックの他に、キングズレッドメタリック(有償オプションカラー)、アスコットグレー、リーフブルーメタリックなど合計7色の設定。

<全国希望小売価格(税込)>
新型「Polo」:4グレード展開
・TSI Active Basic | 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG | ¥2,572,000
・TSI Active | 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG | ¥2,821,900
・TSI Style | 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG | ¥3,245,000
・TSI R-Line | 1.0L TSI(70kW) / 7速DSG | ¥3,299,000

Text:アウトビルトジャパン
Photo:フォルクスワーゲン ジャパン