【ル・マン24時間レース2022】 トヨタ5連覇の偉業達成 伝説のサルト サーキットの24時間レースで歴史に名を刻む

64

トヨタが1-2フィニッシュの圧勝で5連覇。ソフィア フローシュが挑むドイツ勢はLMP2で不発。ポルシェの第90回ル・マン24時間レースやいかに。

今年もトヨタがル・マン24時間レースを制した。サルト サーキットで開催された第90回大会で、日本の自動車メーカーは5回目の成功を収めた。歴史的な成功: これまで、少なくとも5連覇を達成したのは、フェラーリ、ポルシェ、アウディだけである。

優勝したトヨタは、スイス人のセバスチャン ブエミ、日本人の平川 亮、ニュージーランド人のブレンドン ハートレーの3レーサーがステアリングを握った。このトリオは、ディフェンディングチャンピオンのマイク コンウェイ、小林可夢偉、ホセ マリア ロペスのトヨタを2位に降格させた。

スイスの元F1ドライバー、ブエミはル・マン24時間レースで4度目の優勝、元F1ドライバーのハートレーは3度目の優勝を果たした。そして、ルーキーの平川が初挑戦で初優勝を飾った。

ソフィア フローシュのル・マン挑戦は今回もうまくいかなかった。

ドイツ人レーサー、ソフィア フローシュ(Sophia Flörsch)にとって、事態は決して楽観的ではなかった。21歳の彼女は、スタート直後に、LMP2プロトタイプのギアボックスを交換するため、ピットに戻らなければならなかった。「残念ながら悲劇だ。24時間レースで信号が青になる前からセンサーが壊れるなんて、それはいいこととは言えない」と嘆いた。

今シーズン、DTMで活躍するソフィア フローシュ。

スタート時点ですでに5周遅れだったため、ソフィア フローシュのチームである「アルガルベ プロ」はLMP2カテゴリーで20位という結果に終わった。

LMP2の人気チーム「WRT」は、ルネ ラストがロビン フラインスの事故によりリタイアとなった。しかし、スタート時にラストが相手と接触し、1分間のピットストップのペナルティを受けたことで、すでに勝利の可能性を失っていた。

総勢62台のレースカーがグリッドに並び、ドライバーにはハリウッド俳優のマイケル ファスベンダーが名を連ねた。8台が完走できなかったものの、それ以上のアクシデントはなかった。

一方、ポルシェはル・マン24時間レースのGTE-Proカテゴリーで勝利を収め、総合成績をさらに伸ばした。

一方、ポルシェはル・マン24時間レースの「GTE-Pro」カテゴリーで勝利を収め、自身の持つ総合優勝記録を伸ばした。「GTE Pro」クラスでは、ゼッケン91の「ポルシェ911 RSR」を操るジャンマリア ブルーニ(イタリア)、リヒャルト リエッツ(オーストリア)、フレデリック マコヴィッキィ(フランス)のトリオが優勝を果たした。

ル・マンのレコードウィナーであるポルシェは、13.626kmの伝統的なコースでの成功の記録を更新した。シュトゥットガルトに本社を置く同社は、約100年の歴史を持つ世界で最も有名な耐久レースで、19回の総合優勝と合計109回のクラス優勝を果たし、誰もが認めるトップメーカーとなっている。

Text: ABMS
Photo: autobild.de