カングーオーナーが農業でつながる「ルノー カングー ファーム」オープン

64

ルノー・ジャポンは千葉県成田市にある成田ゆめ牧場の敷地内に、「農業」や「野菜」をキーワードに、カングーオーナーたちが繋がる「カングーファーム」をオープンした。

「カングーファーム」では、トップシェフによる料理教室、ポップアップレストラン、オリジナル商品の開発、SNSを通じてカングーファン同士が繋がれるキャンペーンなどイベントが行われていく予定で、現在「代官山青果店」の協力で、ナスやズッキーニ、パプリカなどの数種類の苗が植えられている。代官山青果店のディレクターを務める色川裕也氏らがカングーに乗って定期的に来農し、ファームの管理を行い準備を進めており、今後、オリジナル商品の開発、販売、野菜が成長していく過程やファームの状況などが、ルノー・ジャポンオフィシャルInstagramで公開される。

カングーファームには数種類の苗が植えられているが、イベント実施時以外は立ち入ることができない。

成田ゆめ牧場は、約9万坪(東京ドーム約7倍)の面積を持つ観光牧場。都心からクルマで約1時間と、休日のドライブにもちょうどよい距離に位置しており、オートキャンプ場も隣接しているため、アウトドアを楽しむには最適な環境としている。
https://www.yumebokujo.com/

Text:アウトビルトジャパン
Photo:ルノー・ジャポン