【このクルマなんぼ?】生産台数400台&走行距離1,299kmのランボルギーニ ディアブロVTのお値段は?

436

ランボルギーニ ディアブロVTがハンマープライスで落札される。アメリカで、ランボルギーニ ディアブロVTが新車時に375,000ユーロ(約5,150万円)以上で販売された。V12ランボルギーニの価格が上がり続けている!

スティーヴン セガール主演の「DENGEKI 電撃」のように、ラッパーのDMXの気分を味わおう! 2001年の映画では、ラッパーが高級車店に入り、シルバーの新車「ランボルギーニ ディアブロVTロードスター」を購入し、現金で支払うというシーンがある。同年、「ランボルギーニ ディアブロ」は、特別モデル「6.0 SE」を44台のみ生産し、現在、そのスペシャルモデルの「ディアブロ」を新車で購入することなど、夢のまた夢というのが現実だ。しかし、今回はその例外中の例外なケースだ!

最近、アメリカで、黒いランボルギーニ ディアブロが39万9,226米ドル(約5,150万円)相当の額で落札された。注目すべきは、1994年に製造されたこの「ディアブロ」が、走行距離わずか1,299km(807マイル)という、ほぼ新車同様のコンディションで取り引きされたことだ。

ランボルギーニでは、シザースドアはV12のトップモデルにのみ採用されている。カウンタック、ディアブロ、ムルシエラーゴ、アヴェンタドール、どれもドアは上向きに開く。

残念ながら、この28年間、なぜこの「ディアブロVT」が1,300kmも走らなかったのかは不明である。履歴を見る限り、この黒いランボは無事故で、定期的に整備されていた(直近では2021年2月)。

写真で見る限り、492馬力の「ディアブロ」は非常によく整備されているように見えるが、走行距離が少ないことを考えれば不思議ではない。

ディアブロは325km/hを出すことができる – 少なくとも

「ランボルギーニ ディアブロ」は、伝説的な「カウンタック(現在は新エディションLPI 800-4もある)」の後継モデルとして、1990年に発表され、あらゆる分野で先代を凌駕することを目指したモデルだ。そのために、V12の排気量は「カウンタック」の5167ccから5707ccにまで拡大された。

「ディアブロ」の「ベーシックバージョン」は、最高出力492馬力、最大トルク580Nmを発揮し、最高速度325km/hを達成するのに十分なパワーを持っている。しかし、さまざまなテストでは、全長わずか4.46メートル、全幅2.04メートルの「ディアブロ」はさらに速く、イタリアのナルドのテストコースでは、「ディアブロ」は337km/hに達したと言われている。

ディアブロには多くの特別モデルが存在した

マルチェロ ガンディーニがデザインした「ディアブロ」は、当初は後輪駆動のみであったが、1993年に全輪駆動の「ディアブロVT」が追加された。どちらのバージョンも、自然吸気のV12は492馬力を発揮した。

その後、フリップアップヘッドライトを「日産300ZX」のライトに変更するなどの改良が加えられたほか、特別仕様車や小生産シリーズが多数生産された。

バケットシートは背もたれが硬く、赤いパイピングが施されている。ディアブロはマニュアルギアボックスのみの設定であった。

ここに紹介するのは、約400台が製造された極めて走行距離の少ない初期の「ディアブロ」である。ただし、「SE30」、「SV」、「GT」、「GT-R」といった、通常よりさらに高価な特別仕様車の話ではない。そんな中、39万9,226米ドル(約5,150万円)という価格は非常に注目され、明確なトレンドに沿っている。

物価は一方向しか知らない

「カウンタック」、「ディアブロ」、「ムルシエラーゴ」にかかわらず、V12ランボルギーニの価格はここしばらくの間、着実に上昇している。「アヴェンタドール(アルティマとして再びフィナーレを飾る)」の生産終了の発表とともに、ランボルギーニでもひとつの時代が終わりを告げた。

「アヴェンタドール」の後継モデルは、自然吸気のV12エンジンを搭載することに変わりはないが、電動アシストが付く。人生にはよくあることだが、あるものは手に入らなくなった時にこそ、そのありがたみがわかるものだ。

だから、ランボルギーニのV12スーパーカーが最近、特にアメリカで著しく価値を高めているのは、驚くにはあたらない。

初期のディアブロは、スピードメーターユニットが巨大で、前を見るのが非常に困難だったというオーナーもいたそうだ。

海外では、マニュアル車の「ムルシエラーゴLP640」が信じられないような値段で取引されているが、「ディアブロ」も徐々にその流れに乗りつつあるようだ。この価格動向は、ドイツおよび欧州市場でも顕著だ。

数年前まで、こちらでは初期の「ディアブロ」がまだ10万ユーロ(約1,380万円)で買えたのに、今では22万ユーロ(約3,000万円)以下のディアブロは皆無に等しい。

アウディに買収される前の最後のランボ

この誇大広告の理由は極めて単純で、現代の自動車はますますデジタル化され、運転体験はますます恣意的になっているからだ。発表から約30年、「ディアブロ」は伝説となり、同時にアウディの力を借りずに(ただしクライスラーの管理下で)作られた最後のランボルギーニとなったのである。

ちなみに、映画「DENGEKI 電撃」の中での、シルバーの「ディアブロVTロードスター」は28万5千USドル(約3,700万円)だった。ラッパーのDMXは現金で30万USドル(約3,900万円)を支払った。

Text: Jan Götze