【中古のモーターホームテスト】フランキア製アッパークラスキャンピングカー 18年を経た完全一体型キャンパーをテスト&評価

175

中古のフランキアキャンピングカー: 個性的なアッパークラスモーターホーム。この大型のフランキアA700BDのような高級キャンピングカーも、中古車になると手が届くようになる。この中古車市場で、29,990ユーロ(約410万円)で販売されている2004年製アルコーブ クラシックは買いだろうか?検証してみよう。

3万ユーロ(約410万円)までの価格帯の中古モーターホームでは、魅力的で建設的なクラスはむしろ稀だ。この「フランキアA700」の「BD」は、その例外として歓迎されるものだ。販売店ではあまり見かけないが、探してみる価値はあるだろう。

それこそ、通好みのクラシックだ。「A 700 BD」は、フランケン地方のマルクトショルガストにあるモーターホームビルダーが開発した、全長7.10mの3軸コンフォートモーターホームで、数週間にわたる休暇の冒険に適している。二重車床をはじめとする高度な断熱材により、マイナス15度までの外気温も問題ない。

しかし、残念ながら壁構造の結合部分は必ずしも永続的に寸法が安定しているとは言えず、経年変化により外壁に孤立したブリスターが発生することがある。「水濡れかもしれない」という突発的な問題は、幸いにも今回のテスト車では発生しなかった。

フランキアA 700 BD: 非常に高い生活価値

多くの購入希望者にとって、外観よりも内面的な価値の方が重要なのではないだろうか。また、防湿庫の内装は非常に高い居住価値を持ち、18年経っても古さを感じさせない。つまり、このフランジアはフラップの王様でもあり、最高の快適性を体験することができる。

トゥルマヒーター、2つ目のトイレカセット、2つのゾーンに分かれたリアガレージなど、どのエリアも模範的で、簡単にアクセスできるようになっている。しかし、この実用的な付加価値は、潜在的な建設現場でのプラスにもつながるのだ。すべてのフラップが試乗車のようにきれいに開閉・密閉されることは、当たり前ではない。

【車両データ】

モデル フランキアA 700 BD
パワーユニット 4気筒ディーゼル、フロント横置き
排気量 2800cc
最高出力 150PS@3500rpm
最大トルク 345Nm@2000rpm
駆動方式 前輪駆動、5速マニュアル
全長/全幅/全高 7100/2300/3040mm
平均燃費 8.0km/ℓ
乾燥重量 3255kg
最高速度 148km/h
ベース価格(2004年当時) 62,200ユーロ(約850万円)

それは、「圧倒的な自由度」だ。背の高い人でも十分な高さを確保できるのは、考え抜かれた家具作りと同じだ。後者は高品質で、充実した快適装備にマッチしている。イズリパイロットシート2脚を備えたドライバーズキャビンの後方には、ハーフダイネットと対向縦長のベンチシートを備えた広々としたリビングエリアが設けられている。ここでは、せいぜい古い椅子張りの生地の張替えが補修の対象になる程度だ。その他の機器も高い水準にある。

ドライバーズキャビンの後ろには、セミダイネットとベンチシートを備えた広々としたリビングエリアがある。後付けされたアルコーブのおかげで、広々とした空間を感じることができる。

屋根の上の壁に埋め込まれた衛星アンテナ付きのフラットスクリーンは、雨の日にも良いエンターテインメントを提供してくれる。前オーナーはインテリアをモダンにし、アルコーブベッドを半分にすることで、空間的な広がりをさらに向上させた。車体前部のブナ材の家具は、広範囲にウォールナット調のモダンなラミネート加工が施され、数年若返ったような印象を与えている。

車体中央にはL字型のキッチンがあり、3口コンロ、シンク、換気扇、ビルトインオーブン、97リットル冷凍冷蔵庫など、凝った食器棚とほぼすべての備品がそろっていて、現在でも非常に整然としている。さらに、細分化された多くの食器棚や収納スペースも納得のいくものだ。モバイル世帯に対応しやすい組み合わせとなっている。

豪華なインテリア: 頑丈な引き出しと豊富な収納スペースを備えたL型キッチンユニット。

キッチンの奥には、これまた贅沢な設計のバスルームが通路として作り込まれている。助手席側には、ゆったりとした洗面台とトイレ、さらに食器棚のコンパートメントがある。そして、運転席の反対側にはシャワートレイと固定式キュービクルを備えたフルサイズのシャワーがある。最後に、後方には居心地の良いダブルベッドの二段ベッドがあり、折りたたみ式のステップで簡単に登ることができ、快適な隠れ家として機能する。

スプリンターではないが、チップチューニングのおかげでそれなりのエンジンを搭載

当時トップのディーゼルエンジンを搭載していても、フランキアは決してスプリンターにはならない。しかし、150馬力と350ニュートンメートルのトルクがあれば、チップチューニングのおかげで十分な動力性能を発揮し、低山脈での移動ルートを計画する必要はない。3軸車はリアにエアサスペンションを搭載しているため、積載量や横風の乱れを気にせず、気持ちよく走ることができるようになっている。

2つのエアバッグ、クルーズコントロール、ABS、運転席用エアコン、パワーステアリングにより、長時間の移動でもリラックスして過ごすことができる。しかし、操縦には十分な計画が必要で、15.90mの回転半径は市街地走行には適さない。また、時代遅れの白黒反転カメラは、残念ながらくっきりとしたガイド線ではなく、おぼろげな見通ししか得られない。

注) 3500kg仕様の「フランキアA 700 BD」は、480kgの積載量にとどまる。このサイズの車には明らかに少なすぎる! 試乗車は4.5トン登録で、1トンを超える積載量を誇るが、何も窮屈なことはない。低排出ガス地帯では、Hプレート(クラシックカー用プレート)取得はまだ先なので知っておくことが重要。パティキュレートフィルター(DPF)の装着には、別途費用がかかることが予想されるため、購入を検討される人は知っておくべきだろう。

フランキアの中古モーターホームの試乗記

年齢を経ると高級なモーターホームも手が届くようになる。しかし、29,990ユーロ(約410万円)ので中古アルコーブクラシックは現実的にどれほどふさわしいだろうか?
「A 700 BD」は、全長7.10mの3軸コンフォートモーターホームで、年間を通じて数週間の休暇を過ごすのに適している。
二重車床をはじめとする高度な断熱材により、マイナス15度の外気温も問題ない。
18年経っても古さを感じさせない、非常に高い生活価値を持つインテリアだ。
背の高い人でも十分に立てる高さは、巧みにデザインされた家具と同じように印象的で、後付けされたアルコーブの効果もあり、広々とした空間を感じることができる。内装の生地に関しては張替えたほうがいいかもしれないが。
アルコーブベッドとリアベッドを合わせると、3つの快適な寝床となる。
車体中央にはL字型のキッチンがあり、食器棚や3口コンロ、シンク、換気扇、オーブン、97リットルの冷凍冷蔵庫など、ほぼすべての設備が整然と並んでいる。
キッチンの奥には、これまた贅沢な設計のバスルームが通路として作り込まれている。助手席側には、ゆったりとした洗面台とトイレ、さらに食器棚のコンパートメントがある。そして、運転席の反対側には、シャワートレイと固定式キュービクルを備えたフルシャワーがある。
当時のトップのディーゼルエンジンをもってしても、フランキアをスプリンターにすることはできない。しかし、150馬力と350Nmのトルクがあれば、チップチューニングのおかげで十分な動力性能を発揮し、低山での移動ルートを計画する必要はない。

結論:
品質と快適性は、高品質フランジアの最大の切り札だ。18年の歳月を経たとはいえ、全体のコンセプトは納得のいくものだ。しかし購入時には、ちゃんと、外壁の傷みや内装などの部分を詳細にチェックしよう。

【ABJのコメント】
今回のレポートは新しい着目点で大変興味深かった。というのも当たり前のことではあるが、こういうキャンパーも当然中古車になるわけだし、そういう物件(?)がどういう程度を保ち、果たして使い物になるのかどうか、大変興味深かったからである。まあ今回の一台は、築18年ということで、なかなか年月の経過した一台ではあるが、写真を見る限りなかなかきれいそうで悪くない雰囲気である。

もちろん使い方により、千差万別であることは言うまでもないが、それでも「悪くないんじゃないか」というのが正直な感想であった。とはいっても、こういう物件は写真だけではわからないし、実際にチェックしたり、この目でみてみたりしなければわからない部分は多いはずである。そうであれば、もっと詳細なディテールの写真や、解説があったらよりよかったのではないだろうか。なにしろ不動産(?)に近いのだから、アパートや別荘を買うような感じで心して接していかないと、あとで補修メンテナンスに高額なお金を必要とする場合もあるはず、なのだから・・・。(KO)

Text: Lars Jakumeit
加筆: 大林晃平
Photo: Frankia