【このクルマなんぼ?】えー このフォード エスコートRSコスワースが約2500万円? 新型911GT3より高いその訳は?

361

完全にクレイジー: このフォード・エスコートは175,000ユーロ(約2,450万円)以上するそうだ。RSコスワースとして、普通のフォード エスコートがラリーロケットに変身した。イギリスでは、新品状態の個体がハンマープライスで売られている。

フォード・エスコートが175,000ユーロ(約2,450万円)?いや、それは間違いではないし、ゼロが増えすぎたわけでもない。この赤い「エスコート」は、実際には149,995英ポンド(約2,475万円)相当と言われている。しかし、この25年以上前のフォードを特別なものにしているのはいったい何なのだろうか?

まず、eBayに出品されたフォードは、ただの「エスコート」ではなく、1992年から1996年の間に7,145台しか製造されなかった特別な「エスコートRSコスワース」モデルである。さらに、このコンパクトスポーツカーは中古車として宣伝されているが、実際には新車に近い状態の個体だ。

伝説モデル、シエラ コスワースの後継

1980年代末には、「フォード シエラ コスワース」は時代遅れになっていた。世界ラリー選手権で発言力を持つには、何か新しいものが必要だったのだ。そこでフォードは、「エスコートMK V」のボディを「シエラ コスワース」の技術基盤に乗せるだけで、新しいラリー弾が完成した。このように簡単に思えることでも、もちろん数年の開発期間を要している。

残念ながら、広告には内装の写真はない。提供されるRSは、クランクイン用のウィンドウを備えた「スタンダードエディション」だ。

当時、ラリーカーのホモロゲーションにはロードバージョンが必要であった。そして1992年、ルーフをはじめ細部に至るまでノーマルの「エスコート」と共通化された「フォード エスコートRSコスワース」が誕生した。

素人目にも、これが普通の「エスコート」でないことはすぐにわかるはずだ。ワイドなウィング、ボンネットのエアベント、フォグランプ付きフロントエプロン、ブラックのフロントスプリッターなど、ノーマルのエスコートに比べ、すべてが10段階ほどスポーティに見える。

巨大なリアウィングはRSの必須アイテムであった

しかし、その際立った特徴は、フレアーウイングでも、ローナル製の5本スポークの16インチホイールでもなく、もちろん巨大なリアウィングである。

フォード エスコート RS コスワースのリアは、XXLサイズのリアウィングが特徴的だ。この部品は1995年以降に注文できるようになった。

フォード愛好家間で人気の高い「クジラテール」ウィングは、時に無知な人の混乱を招き、笑いを誘うことがある。しかし、フランク ステファンソン(後にマクラーレンP1やマセラティMC12などをデザインした人物)が考案したウィングは、単に「RS」の一部でしかないのだ。

わずか7,145台しか製造されなかった特別モデル

しかし、7,145台のRSコスワースのうち、ホモロゲーションモデルとされるのは最初の2,500台(1994年5月まで)だけである。これは、「エスコートRSコスワース」が1995年モデルで小改良を受け、その過程でエンジンが見直されたためである。さらに、この時から巨大な翼を取り外すことが可能になった。

ターボチャージャーで差をつける

初期のホモロゲーションモデルと後期型との最大の違いは、ターボチャージャーにあった。当初使用していた「ギャレットT3/T04」ターボチャージャーは、出力が少し上がったものの、3500rpm手前で大きなターボラグが発生するようになった。その後、より小型の「ギャレットT25」に交換され、ドライバビリティが大幅に改善された。

「エスコートRSコスワース」では、すべてのバージョンで同じ2.0リッター4気筒エンジン(コスワースYBT)が使用され、初期モデルでは最高出力227馬力、最大トルク304Nmを発揮していた。「T25」ターボを搭載した場合、出力は224馬力とわずかに低下しているという。

前後34/66の配分を持つ全輪駆動のおかげで、ハンドシフトの「RS」はわずか1,275kgの重量を5.7秒で0から100km/hまで加速し、これは現在でも最高値であり、1992年当時は素晴らしいタイムだった。 フォードは最高速度を232km/hとしているが、大きな翼がなければ237km/hも可能だったと言われている。

4気筒エンジンは、排気量1993cc、最高出力224馬力を発生する。0から100まで5.7秒と、2022年現在でも本当に高性能だ。

eBayのディーラー「KGF Classic Cars」が出品した「ラディアントレッド」カラーの「フォード エスコートRSコスワース」は、過去におそらくこれほど速く走ったことはないだろう。「エスコート」は1995年10月にライン(NRW州)のカルマン工場を出発したが、登録されたのは1996年8月1日であった。このため、希少な「スタンダードエディション」は、「RSコスワース」最後の1台となった。

25年以上かけてわずか349キロメートル

残念ながら、「RSコスワース」は今日まで、どちらかというと刺激的でない人生を歩んできた。最初のオーナーは、グッドモーターズの会長であり、「RS」のスペシャリストとして知られるグラハム デレク グッド氏である。しかし、2010年まで、このホットな「エスコート」は主に展示用として使用され、ほとんど運転されることはなかった。

2代目のオーナーもコレクターで、事実上、「エスコート」にはまったく乗っていない。だから、初年度登録から25年以上経った今、右ハンドルの「エスコート」のスピードメーターがわずか349km(217マイル)であることは驚くには当たらないのだ。

175,000ユーロ(約2,450万円)を超える高速フォード

今、この高速フォードは、高値で売却されることになった。希望価格は175,148ユーロ(149,995英ポンド=約2,450万円)相当で、これは現行のポルシェ911(992)GT3の価格より高い。

価格には、すべての書類、すべてのキー、検証可能な履歴が含まれている。もし、新しいオーナーが英国製ホットハッチに乗ることを考えているならば、エンジンのオーバーホールのために数千ユーロ(約十万円)の予算が必要となるだろう。さらに、「RS」は、1995年のオリジナルタイヤのままなので、タイヤも交換する必要がある。

ちなみに、このクルマでは価格比較の問題すら発生しない。「フォード エスコートRSコスワース」には、99.9%の確率で新品状態の2台目が存在しないだけでなく、ドイツでは「RSコスワース」は事実上存在しないのである。

ごくまれに、大きく改造されたモデルが4万〜6万ユーロ(約560~840万円)の価格で提供されることがあるが、ドイツ国内で販売されているものはごくわずかである。そんな中、「フォード エスコート」が175,000ユーロ(約2,450万円)というのは信じられない金額かもしれないが、コレクターにとってはまたとないチャンスなのだ。

Text: Jan Götze
Photo: ebay/kgfolasslocars