【2022年F1第7戦モナコGP】フェラーリ予選で再び圧倒的な速さ見せる フェラーリ1-2 レッドブル3-4 ガチンコ勝負続く 予選速報

287

F1: モナコGP予選。公国レース大混乱&大渋滞、ルクレール最速。モナコGPのポールポジションからスタートするフェラーリのスター、シャルル ルクレール。レッドブルのセルジオ ペレスが交通渋滞を引き起こした。

フェラーリはその速さと強さを再び証明して見せた。グランプリ モナコの予選で、フェラーリのスター、シャルル ルクレールは、センセーショナルなラップタイムで、母国GPで、今季5回目のポールポジションを獲得した。「それはかなり特別なことだ」と彼は熱い想いを語る。その一方で、「ペースが良いのは分かっていたので、自分の仕事をするだけだった」と冷静に振り返る。

レッドブルのペレスは、トンネル手前のコーナーでガードレールに接触するも、3位でフィニッシュした。フェラーリ2号車のサインツはブレーキが間に合わず、ペレスのレッドブルにクラッシュしてしまった。しかし、サインツは災難に見舞われたものの、無事2位をキープした。

一方、マックス・フェルスタッペンは、機嫌が悪い。現世界チャンピオンは、タイヤのスピンや激しいオーバーステアに悩まされた。最終ラップになって初めて本格的な追い上げを見せたが、チームメイトのアクシデントで完走はかなわず、最終的には4位スタートとなった。「アクシデントが起きるまでは、コンマ3秒速かったので、ルクレールとは同等だった」とレッドブルのチーフコンサルタント、ヘルムート マルコは説明する。「しかし、彼は今、最高の気分じゃない」と、フェルスタッペンのメンタル部分を思いやった。

レッドブルのセルジオ ペレスが交通渋滞を引き起こした。

特に、クラッシュの原因を作ったのは、他ならぬ彼のチームメイトだったのだから。マルコ: 「ペレスは単純に速すぎて、クラッシュバリアにリアをぶつけたんだ。フェラーリ2台が前にいるのはまずいけど、明日は雨の可能性が高いらしいし、雨のレースに強いマックスをフェラーリは侮れないだろう」と気を引き締める。

オランダ人レーサーは雨中でのダンスは得意だ。カメラの前で苦笑いしながら、「結局、フェラーリとシャルルが強すぎた。そして、赤旗が出て終わり」とだけ語って、決勝レースに向けてサーキットを去って行った。

メルセデスでは、ジョージ ラッセルが再びルイス・ハミルトンを打ち負かした。しかし、前年度コンストラクターズチャンピオンは、依然苦戦しており、2台のシルバーアローは、6番手と8番手からスタートする。

モナコGP決勝レースは、モンテカルロ市街地コースで、2022年2月29日の15時スタートとなる。激戦必至のレースとなろう。果たして勝者は誰か?

母国のモナコGPレースでポールポジションを獲得して満足げなシャルル ルクレール。

2022年F1第7戦モナコGP予選結果(10位まで)
1. シャルル ルクレール(フェラーリ) 1分11秒376
2. カルロス サインツ(フェラーリ) +0.225秒
3. セルジオ ペレス(レッドブル) +0.253秒
4. マックス フェルスタッペン(レッドブル) +0.290秒
5. ランドー ノリス(マクラーレン) +0.473秒
6. ジョージ ラッセル(メルセデス) +0.736秒
7. フェルナンド アロンソ(アルピーヌ) +0.871秒
8. ルイス ハミルトン(メルセデス) +1.184秒
9. セバスチャン ベッテル(アストンマーティン) +1.356秒
10. エステバン オコン(アルピーヌ) +1.671秒

Text: Frederik Hackbarth
Photo: automobile.de