【ニューモデル情報】2024年にデビュー予定のアウディQ5&Q5スポーツバック&Q6の新着最新情報! 最後のガソリン&ディーゼルモデル

738

アウディの新型Q5、2024年初頭に登場 – ガソリンとディーゼルはこれで最後。ニューデザインの初画像とともに現時点での全情報をお届け!

今後登場する内燃機関を搭載した新しいアウディは、すべて最後となることは間違いない。インゴルシュタットに本社を置くメーカーは、2026年以降、少なくとも世界の大部分において、電気自動車モデルのみを市場に投入する意向だ。最後に発売される内燃機関は2025年の新型「Q7」で、その1年前、つまり2023年末に発表される可能性もあるが、「Q5」の新型もガソリンエンジンとディーゼルエンジンを搭載して発売される予定である。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを搭載した新プラットフォームMLB

技術的なプラットフォームは、最初の2世代と同様、モジュール式縦置きツールキット(MLB)で、次の「A4」世代も再びこれを採用する。ガソリンエンジンのラインナップは、引き続き約200馬力から270馬力までとなるが、アウディが引き続き3種類のディーゼル(現在163馬力から286馬力まで)を提供するかどうかは現時点では未定で、今後数ヶ月の需要の発展次第で決定されると推測されている。

アウディ関係者がAUTO BILDのために独占的にコンピューター画像を作成した。写真はQ5スポーツバック。

すべての内燃機関をマイルドハイブリッドに、燃費は5リッター以下も可能

現在とは対照的に、すべての内燃機関には48ボルトのハイブリッド化が導入され、ガソリンエンジンではリッターあたり14.1㎞、最も経済的な前輪駆動ディーゼルではリッターあたり20㎞まで燃料消費を減らすことができる。また、100km以上の純電動走行が可能なプラグインハイブリッドも引き続きラインナップに残る。強力なプラグインハイブリッドモデルが341馬力の「SQ5 TDI」のポジションを奪う可能性もある。一方、アウディがついに前代未聞の超ハイパフォーマンスモデル、「RS Q5」の発売を敢行する可能性は低いと思われる。

大ヒットモデルAudi Q5スポーツバックの新型車

しかし、「スポーツバック」にも将来性があることは確かだ。リアに向かって傾斜のあるルーフを備えたクーペSUVが流行っており、販売価格も高く、開発労力も比較的少ないからである。ちなみに、サイズはあまり変わらず、全長約4.70mの「Q5」は、ポートフォリオにぴったりと収まるサイズです。

ちなみに、「Q5」の社内対抗馬である、純電動式の「Q6 e-tron(2023年登場予定)」もサイズは似ているが、専用の「PPE e-プラットフォーム(ポルシェがE-マカンにも採用)をベースに、室内はかなり広くなるはずである。

より上質な素材と高度な技術には、代償がある
インテリアについて言えば、ここでは、アウディの「よりラグジュアリーな」戦略の本気度を見ることができるだろう。さらに上質な素材選びが期待される。操作面では、音声操作の大幅な改善が焦点になりそうだ。価格もラグジュアリー? 時期尚早だが、「Q5」は5万ユーロ(約700万円)を下回る価格で発売されることはないだろう。

アウディQ5&Q5スポーツバック(2024):

Q5:
2024年に登場する新型「Q5」は、次世代のモジュール式縦置きツールキット(MLB)をベースにしている。

Q5スポーツバック:
ベストセラーモデルもリニューアルされる。将来的には、すべての内燃機関が48V技術、つまりマイルドハイブリッドモデルとなる。価格は5万ユーロ(約700万円)からと現実的には想定される。

Q6 e-tron(2023):
「Q5」の電気自動車の弟分である「Q6 e-tron」。「Q6」は早ければ2023年に発売され、ポルシェの「PPE」プラットフォームを共有する。外観は同じような大きさだが、内燃機関の兄弟車に比べて室内が広くなっている。リアから見ると、次期「Q6」はCピラーから広いショルダーを持つダイナミックなデザインとなっている。

Text: Michael Gebhardt
Photo: Audi AG / autobild.de