【初テスト】アドベンチャーパネルバン VWキャディ パナメリカーナに初試乗 テクニカル&性能データを含むドライビングレポート!

189

悪名高いアラスカ-ファイアランドルート間の名である「パナメリカーナ」を冠して、VWキャディ パナメリカーナは、小さなSUVを演じているわけだ。2.0 TDIと全輪駆動で、果たしてどこまでオフロードな冒険ができるのか?

VWは、地味で実用本位のパネルバンである「キャディ」を、新鮮なアウトドアルックでドレスアップした。「キャディ2.0 TDI 4MOTIONパナメリカーナ」は、VWグループで定評のある、「4MOTION」全輪駆動システムと、122馬力の2リッターディーゼルエンジンを搭載し、パワフルでありながら経済的な仕様になっている。

そして、その前面、背面、側面、内面には、この巧妙な箱の冒険心を示す多数のレタリングが施されている。両端にアンダーライドプロテクションを表示したグレインバンパー、サイドスカートとホイールアーチの黒いプラスチック板、シルバーカラーのルーフレール、17インチのアルミホイールで、徹底的に魅力的な外観を完成させている。

キャディの外観はとても魅力的だ

インテリアでは、パナメリカーナは「パインストライプ(Pinestripe)」と呼ばれる新しいシートカバーと高いスタイル機器の要素によって認識され、ステアリングホイールとギアシフトブーツの革だけでなく、ペダルとフットレストのアルミルックでアピールする。見ていて気持ちのいいものばかりだが、値段も結構する。我々の試乗車は、122馬力の2リッターTDIと全輪駆動システムを搭載していた。

堅牢な外観: プラスチック製の板材とアンダーライドプロテクションにより、パナメリカーナは冒険家のような外観になっている。

全輪駆動にするとすごく高くなる

パナメリカーナはショートホイールベースのみ、4MOTION全輪駆動システムは6速マニュアルギアボックスのみの設定だが、それでも伝説の称号を持つ「キャディ」の基本価格は39,597ユーロ(約545万円)と、このドライブを持つ最もベーシックなキャディよりも5,230ユーロ(約72万円)高くなっている。そして、VWが150馬力の「ティグアン2.0 TDI 4MOTION」に課す料金(42,260ユーロ=約583万円)よりわずか2663ユーロ(約38万円)安いだけだ。

【車両データ】

モデル VWキャディ2.0 TDIパナメリカーナ
エンジン 4気筒ディーゼルターボ、フロント横置き
排気量 1968cc
最高出力 122PS@2750rpm
最大トルク 320Nm@1600rpm
最高速度 185km/h
駆動方式 全輪駆動、6速マニュアル
全長/全幅/全高 4500/1855/1833mm
ホイールベース 2755mm
ラゲッジルーム容量 760~2556リットル
平均燃費 16.6km/ℓ
CO2排出量 159g/km
基本価格 36,241ユーロ(約500万円)
テスト車価格 42,132ユーロ(約580万円)

理論的なことはさておき、パナメリカーナは実際に何ができるかを示さなければならない。しかし、「普通のキャディ」の仲間たちと比べても、実際には何の付加価値もないのだ。もちろん技術的な基盤は変わらず(MQB evo)、4MOTION全輪駆動は多板クラッチとアクスル間の連続可変動力配分で通常通り機能する。

オフロード能力は限られている

決して豊富とはいえない122馬力は、まず前輪を引っ張り、トラクションを失う恐れがある場合は後輪に助けを求める。これは、素早く目立たないように機能するものの、そのオフロードの才能は狭い範囲にとどまる。地上高は14.5センチと相変わらず貧弱で、クロスカントリーロードを使って近道しようという気にはならない。

パフォーマンス キャディは11秒で0から100km/hに到達し、185km/hの最高速度を有する。テストでは、リッターあたり14.7kmの燃費を記録した。

燃料消費は制限値内

少なくとも「2.0 TDI」は、アスファルトの上をキャディがスムーズに泳ぐことは可能にしている。バンは11秒強で0から100km/hにまで達し、最高速度も185km/hに達する。しかし、テスト時の消費量は、リッターあたり14kmと制限内である。320Nmのトルクは、キャディが高速トランスポーターに変身することなく、追い越しを安全に行うことを可能にする。

輸送タスクは問題なし

このVWではとにかく輸送に重点を置いているのだ。リアには堅牢なリジッドアクスルが引き続き採用されているが、リーフスプリングの代わりにコイルスプリングが使用されている。つまり、キャディは550kgの荷物を積むことができるのだが、時には厄介な霜の盛り上がりの上で、あまり優雅に跳ねないこともある。特に2列目では、子供たちが長時間の移動のためだけでなく、その窮屈さに泣き言を言うこともあるだろう。しかし、リアシートは取り外すことができ、最大2,556リットルの荷物を車内に入れることができる。

テスト: VWキャディ パナメリカーナ

その名前には、悪名高いアラスカ-ファイアランド間のルート、「パナメリカーナ」が冠されている。そして、「VWキャディ パナメリカーナ」は、小さなSUVを演じているわけだ。2.0 TDIと全輪駆動で、果たしてどこまで冒険ができるのか? テストしてみた。
前面、背面、側面、そして内側には、冒険心をくすぐるレタリングが多数施され、賢い箱であることを表している。
両端にアンダーライドプロテクションを表示したグレインバンパー(エンジンとギアボックスのプラスチック製プロテクションは256ユーロの追加料金)、サイドスカートとホイールアーチの黒いプラスチック板、シルバーカラーのルーフレール、17インチのアルミホイールで、徹底的に魅力的な外観を完成させている。
インテリアでは、新しいシートカバーとスタイル機器の要素によって認識され、ステアリングホイールとギアシフトブーツの革だけでなく、ペダルとフットレストのアルミルックと見ていて気持ちのいいものばかりだが、値段も結構する。
試乗車は122馬力の2リッターTDIと全輪駆動を搭載していた。「パナメリカーナ」の装備はショートホイールベースのみ、4MOTIONは6速マニュアルギアボックスのみだが、それでも伝説の称号を持つキャディの基本価格は39,597ユーロ(約545万円)と、最もベーシックなキャディよりも5,230ユーロ(約72万円)高い。そして、VWが150馬力の「ティグアン2.0 TDI 4MOTION(42,260ユーロ=約583万円)に課す料金よりもわずか2,663ユーロ(約38万円)安いだけだ。
もちろん、技術的な基盤に変更はなく(MQB evo)、それに応じて4MOTION全輪駆動も従来通り多板クラッチと軸間の連続可変動力配分で作動する。
決して十分とはいえない122馬力のパワーは、まず前輪で引っ張り、トラクションを失う恐れがあるときだけ後輪に助けを求める。これは、素早く目立たないように機能するが、オフロードの才能は狭い範囲にとどまる。地上高は14.5センチと相変わらず貧弱で、田舎に帰る道をオフロードを使ってショートカットする気にはならない。
それでも、2.0 TDIはアスファルトの上を泳ぐように走り、11秒強で0から100km/hに到達し、最高速度は185km/hに達する。320Nmのトルクは、キャディが高速トランスポーターに変身することなく、追い越しを安全に行うことを可能にする。
このVWはとにかく輸送に重点を置いているのだ。リアには堅牢なリジッドアクスルが引き続き採用されているが、リーフスプリングの代わりにコイルスプリングが使用されている。このため、キャディは550kgの荷物を積むことができる。乗り心地はゴツゴツして、特に2列目では、子供たちが長いと思われる移動時間だけでなく、不満も口にする。しかし、リアシートを取り外すと、最大2,556リットルものラゲッジが収まるようになる。

結論:
「パナメリカーナ」の装飾は、「キャディ」をより魅力的にしてはいるが、実際にはより冒険的なものではない。そして、ハンサムな装備は価格を大きく押し上げる。ワンポイントアドバイス: ベースモデルには全輪駆動も用意されている。
AUTO BILDテストスコア: 3+

Text: Gerald Czajka and Mirko Menke
Photo: autobild.de