【ドライビングレポート付きニューモデル情報】新型SUVクーペ VW ID.5登場 すべての情報!

288

VW初のオール電化パワートレインを搭載したSUVクーペ「ID.5」登場。フォルクスワーゲンは、同社初の電気自動車SUVクーペ「ID.5」を発売した。デザインは見慣れたものだが、ソフトウェアはまったく新しいものだ。全情報!

発表と価格: ID.5が47,000ユーロ(約655万円)以下から

フォルクスワーゲンもアウディに続いて、「MEB」プラットフォームをベースにした電気自動車のSUVクーペを発売する。「ID.5」のデザインは基本的に「ID.4」と同じだが、果たして、ルーフをよりフラットにした「ID.5」は、独立したモデルとして成立するだろうか?

「ID.4」のクーペバージョンということで、当然価格も上がる。後輪駆動の場合、「ID.5」はSUVより1,600ユーロ(約22万円)高く、全輪駆動の場合は3,200ユーロ(約44万円)高い。SUVクーペのスタート価格は、46,515ユーロ(約650万円)、トップバージョンの「GTX」の全輪駆動モデルは53,615ユーロ(約750万円)からとなっている。

外観: ID.5はID.4にクーペラインを施したもの

Bピラーまでは、VW特有のエプロンで認識することができる。全輪駆動でないモデルは、バンパーに大きな樹脂製エレメントがあるが、「GTX」は「ID.4」に似ている。4ドアクーペは、SUVよりも2センチほど平たくなっているが、全長も2センチほど長くなっている。

フロントは後輪駆動モデルのみID.4と異なる。

ルーフは車体末端に向かって大きく傾斜し、ワイドに盛り上がったリアに合流している。この部分にはスポイラーが使用されており、VWの空力的な優位性は明らかであろう。 そのCd値はわずか0.26である。

サイズ一覧:
• 全長: 4599mm
• 全幅: 1852mm
• 全高: 1615mm
• ホイールベース: 2771mm
• トランク容量: 549~1561リットル

内装: コックピットはID.4と同じ

インテリアに変化なし: ID.5は普通のSUVと変わらない。

「ID.4」と「ID.5」の内部は、まるで一卵性双生児のようだ。また、クーペでは、ステアリングコラム上の小型ディスプレイとダッシュボード上のインフォテイメントスクリーンからなる2分割コックピットを採用している。しかし、リアでは当然ながらヘッドルームが縮小している。身長1.80mまではルーフが低くても問題ないが、それ以上の高さでは長時間の移動には少し窮屈だ。一方でレッグルームは、ホイールベースが「ID.4」と同じなので、クーペも足元が広々としているのはうれしいところだ。

後席のレッグルームは十分な広さがあるが、身長1.90mを超えると窮屈な感じだ。

インフォテイメント: 新しいソフトウェアと機能

一方、真新しいのは「ID.5」に搭載されたソフトウェアで、拡張現実型ヘッドアップディスプレイが運転支援にアクセスしやすくなり、その結果、より優れたディスプレイが実現している。将来的には、トラベルアシストもクラウドデータにアクセスすることで、困難な状況下でもより確実に対応できるようになるはずだ。また、アップデートにより、音声コントロールの動作が速くなるとされている。音声コマンドからルート案内まで、VWによればわずか7秒で、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエキスペリエンスシステム)にさえ引けを取らない速さだ。

「ID.5」のユーザーには、将来的に最大135kWの急速充電も可能になる。ただし、「ID.3」および「ID.4」ユーザーも同時にアップデート対象となる。2022年に向けては、既存車種向けの機能を無線で追加していく予定となっている。

ドライビングレポート: ID.5 GTXは走りの楽しさを提供してくれる

我々は、すでに「GTX」バージョンの「ID.5」を試乗している。クーペの基本的な走行挙動は、普通のSUVと変わらない。299馬力のパワーと、個々の制御システムを可能な限りインテリジェントにまとめるために設計されたシステム、ドライビングダイナミクスマネージャーのおかげで、「GTX」としての「ID.5」は多くのドライビングプレジャーを提供してくれる。調整可能なサスペンションは硬めだが十分に快適で、ステアリングは正確でダイレクト、スポーツシートは心地よい横方向のサポートを提供する(後部座席も同様)。2,242キロという重量やサイズはほとんど気にならず、「ID.5」が一回り小さくと感じられる。

ID.5は、運転に関しても兄貴分のID.4とよく似ている。ドライビングの印象については、ほとんど批判されることはない。

バッテリー&ドライブ: ID.5で最大520kmの航続距離

VWは「ID.5」に3種類のエンジンを用意し、2つは後輪駆動、1つは全輪駆動だ。「ID.5 Pro」は、128kW(174馬力)、最大トルク235Nmでスタートする。これにより、10.4秒後には0から100㎞/hに到達する。「ID.5 Pro Performance」は、150kW(204馬力)に達し、0から100km/hまでのスプリントは8.4秒で達成する。そして全輪駆動仕様の「ID.5 GTX」は、最高出力220kW(299馬力)、最大トルク460Nmを発揮し、0-100㎞/h加速タイムは6.3秒となっている。

「ID.5」は全車77kWhのバッテリーを搭載し、VWは最大航続距離を523kmとしている。よりパワフルな「GTX」は、490kmまで走行可能だという。

結論:
VWは、「ID.5」に専用装備を設けることで、顧客にとって魅力的なモデルとなるよう目論んでいる。ただし、アップデート後の既存車種がどうなるかは現時点では未知数だ。しかし、VWは「MEB」プラットフォームベースのSUVクーペとして、自分の居場所を見つけ、それを成功につなげようとしている。

Text: Andreas Huber and Andreas May
Photo: Volkswagen AG