【このクルマなんぼスペシャル!】史上最も高価な1台誕生? 超希少なメルセデス300SLRが密かにオークションに 驚愕の価格で落札?

994

メルセデス300SLRが密かにオークションに出品!史上最も高価な車? このユニークなメルセデス300SLRレーシングスポーツカーは、史上最も高価な車となるかもしれない。「ウーレンハウトクーペ」の背景と、1億数千万ユーロ(約185億円!!!)の取引の全情報を紹介。

メルセデス・ベンツ300SLR、伝説の「ウーレンハウトクーペ」は、史上最も高価なクルマになるかもしれない。業界ポータルサイト「Hagerty(ハガティ)」が報じているように、2台しか製造されなかったこのモデルは、2022年5月6日、秘密オークションで、1億3,500万ユーロ(約185億円)という驚異的な価格で落札されたと言われている。

これは、数年前に4,000万ユーロ(55億円)超で取引された、1963年製の「フェラーリ250GTO」の3倍以上の価格となる。

元メルセデスのレーシングマネージャー、ルドルフ ウーレンハウト(1906-1989)は、このランナバウトを長年にわたり社用車として使用していた。

「ハガティ」自身は「あくまでも噂」としながらも、「いくつかの情報源」について言及している。これによれば、名前を伏せたオークションハウスが、メルセデス・ベンツにとっての希少な「SLR」を落札したと言われている。

メルセデスミュージアムでオークション?

オークションの詳細は? 極秘!? 招待されたのは、厳選された超リッチな、カーコレクター10人ほどで、中にはプライベートジェットで特別に駆けつけた人もいるという。100万ドル(百数十億円)台の取引は、この日のために臨時休業していたシュトゥットガルトの「メルセデスミュージアム」で行われたという。

買い手は? 噂によれば、イギリスの自動車産業のお偉いさんだそうだ。しかし、メルセデス・ベンツも、「ハガティ」の名で知られるオークションハウスも、コメントを拒否している。

このクルマがどうしてこんなに高いのか? やはり、わずか2台しか作られなかったという超希少性だろう。作られた2台の違いは、赤と青という内装の色だけだ。ウーレンハウトの「SLR」と密接な関係にある、「メルセデス300SLガルウィング」は、いうまでもなく、最も人気のあるコレクターズアイテムのひとつで、完璧な状態のモデルには140万ユーロ(約2億円)の値が付いている。

ウーレンハウトクーペは、レース専用に作られた。300SLより速く、音も大きい。

しかし、「ウーレンハウトクーペ」のボンネットには、直列6気筒ではなく、直列8気筒が搭載されていたのである。それでも、希少なウーレンハウトの特別仕様が、ガルウィングの100倍近い値段で取引されたと言われているのはセンセーショナルだ。

当時としては息を呑むようなトップスピード

1956年の製造当時は、絶対的なスーパースポーツカーとして、最高速度286km/hを記録し、息を呑むような速さだった。

【車両データ】

モデル メルセデス・ベンツ300SLR
エンジン 2.5リッター直列8気筒ガソリンエンジン
製造年 1955年
生産台数 2台
最高速度 290km/h
駆動方式 後輪駆動、5速マニュアル変速機
全長/全幅/全高 4300/1740/1210mm
乾燥重量 1117㎏
最高出力 302PS
最大トルク 310Nm

スペシャル「300SLR」の名前の由来は、当時レーシング部門の責任者だったルドルフ ウーレンハウトが社用車として使っていたスポーツカーだからだ。

当初、このクーペはカーレースで使用される予定だったが、悲惨な事故となったル・マン24時間耐久レースでの大クラッシュの後、メルセデスは1955年シーズンを最後に、長らくレースから撤退していた。

メルセデス300SLRウーレンハウト: 史上最も高価な車?

これまで記録保持車は、2018年にオークションに出品された「フェラーリ250GTO」だった。わずか36台しか製造されなかった、この燃えるような赤いレーサーは、当時4160万ユーロ(約58億円)で落札された。しかし、このメルセデスSLR「ウーレンハウトクーペ」(写真)は、複数の情報筋によると、現在、その3倍以上の1億3,500万ユーロ(約185億円)で落札されたと言われているのだ!
史上最も高価な車と推定されるのは、「300 SLR W196」をさらに発展させた、名車「シルバーアロー」である。長年レーシングディレクターを務めたルドルフ ウーレンハウト(1906〜1989)は、1956年のレースシーズンに向けて新しいレーシングカーを計画した。オープンコックピットのSLRで最後に280馬力を発揮したエンジンを302馬力にまでパワーアップさせて搭載した。
パワープラントの様子(こちらはW196版オリジナル)。「300SLR “Uhlenhaut Coupé”」に搭載される最高出力302馬力、1.1トンの車を最高速度290km/hまで加速させるパワフルな直列8気筒エンジンは、2つの4気筒エンジンを使って作られたものだ。
クーペは2台のみ製造された。いくつかのディテールを除けば、ほとんど同じに見える。しかし、メルセデスが1955年末にレースから撤退したため、華々しいレースデビューは実現しなかった。ウーレンハウトは、このレーサーの1台を社用車として運転しており、それがこの車のニックネームの由来となった。2台とも最後までメルセデス・ベンツが所有し、1台はシュトゥットガルトのメルセデス博物館に所蔵されている。
メルセデスがレースから撤退した後、ウーレンハウトは社用車として「300SLR」を走らせた。排気管に太いサイレンサーを取り付けたものの、その始動音で早朝から近隣の住民を目覚めさせてしまったという話もある。
ここでは、その元となった車、300SLR(W196、中央)を紹介する。1930年代から1950年代にかけて、シュトゥットガルトのメルセデス・ベンツが最も重要なレース場を支配した、長く輝かしい「シルバーアロー」の系譜の中で、このモデルは最後の位置を占めている。1955年末にフォーミュラレースから撤退した。
レースに勝つための社用車とルドルフ ウーレンハウト。ウーレンハウトは、有能なエンジニアであると同時に、才能あるドライバーでもあった。レースコースを公式ドライバーよりも速く周回することもあったという。
先代: 「メルセデス300SLガルウィング(W198)」は、当時の夢のスポーツカーだった。1954年から1957年まで製造されたが、158馬力の直列6気筒エンジン「だけ」を搭載していた。アクスルレシオによっては、最高速度235km/hを達成することができた。

Text: Raphael Schuderer
Photo: Mercedes Benz AG