【ユニークな比較テスト】最後に笑うのは? 同じ750ccでもこれだけ異なる ホンダNC750X対ホンダ フォルツァ750

216

最後に笑うのはどっち?バイクとスクーター、2つの世界のライバル。お互いにテストしていいのだろうか?やりました!2台の750ccホンダを、スタイルと乗り味で比較。

同好の士に挨拶しようと思って、ついスクーターに手を挙げてしまう。なんて恥ずかしいんだ、早く手を離せ! でも、実はなぜ? バイク乗りの多くは、スクーターが社会の一員でないことを当然と考えているようだ。しかし、遅くて安い車の代用品という決まり文句は、もはやすべてのケースで通用するわけではない。

ホンダの「フォルツァ750」と「NC750X」は、この2つのタイプがいかに接近できるようになったかを示している。言い方を変えれば、750立方メートルの容量に17インチの前輪、チェーンドライブを備えたスクーター、そして、大きな収納スペースと(オプションの)DCT(デュアルクラッチトランスミッション)を内蔵したモーターサイクル。

スクーターとバイクがこれほどまでに接近したことはない。お気づきですか? 今回、750NCのライダーを務めたのは、そう、モーターホームレポートでお馴染みのジェニーだ(スマイルなし&真剣そのもの)。

エンジンやシャシーの面では、そのベースさえも共有している。つまり、「ほとんど」ということだ。「NC」がテレスコピックフォークと前輪のディスクブレーキであるのに対し、「フォルツァ」は倒立フォークと前輪のブレーキディスクを2枚装備している。どちらも750ccの2気筒エンジンを搭載し、最高出力は59馬力とツアラー、スクーターともに申し分ない。

また、日常的な使用への適性はどうだろうか? 引き分けと言ったところだろうか。「NC」の収納スペースが広くなり、利用しやすくなっている。一方、「フォルツァ」の豪華なフェアリングは、より確実に天候から身を守ることができる。しかし、スクーターのステップスルーだけは、とてもそうとは言い切れない。実際には、「フォルツァ」のライダーはバイクと同じようにバイクに乗り込む。一方で、どちらも扱いやすいのが特徴だ。

NC750Xは、スクーターに比べ機能が少ないモノクロの液晶ディスプレイを搭載している。

これは、シート高が790mmと800mmとほぼ同じで、テスターのような背の低いライダーにも適していることだけでなく、両車の重心が低いことにも起因している。サスペンションやダンピングも同様の印象で、スクーターもツアラーもタイトなチューニングが施されているが、骨太な印象はない。

「NC」は直感的な操作性を、「フォルツァ」から拝借しているようだ。ごちゃごちゃしたコックピットではなく、シンプルな操作部材で情報を提供し、3つのライディングモードを選択することができるようになっている。この2台は、どちらもこれ以上の技術的な工夫は必要ない。

【車両データ】

モデル ホンダNC750X ホンダ フォルツァ750
パワーユニット 直列2気筒 直列2気筒
排気量 745cc 745cc
最高出力 59PS@6750pm 59PS@6750pm
最大トルク 69Nm@4750rpm 69Nm@4750rpm
最高速度 173km/h 168km/h
シート高 800mm 790mm
乾燥重量 214kg 235kg
燃料タンク容量 13リットル 13リットル
価格 8,320(約114万円)より 11,175ユーロ(約152万円)より

つまり、レスポンスの良いマニュアル操作のデュアルクラッチギアボックスを除いては、だ。市街地やアルプスの峠道などで、常にギアを入れ替えるのは気が引ける・・・という方に、ぜひおすすめしたい。「NC」より3,000ユーロ(約41万円)高い「フォルツァ」には標準装備されている。「NC」の場合、DCTは1,000ユーロ(約14万円)の追加費用となる。その快適さ? プライスレス(値千金)だ!

また、「NC750X」のシートについても、同じことを言いたい。しかし、幅が狭いだけでなく、ロングライドでは辛くなることが判明した。また、膝の角度がかなり鋭角で、フットレストが非常に狭いため、すぐに脚がしびれるような不快感を覚える。そのため、足元が広く、フットボードが2枚あるスクーターのワイドなソファに座りたい、と思う人もいるはずだ。しかし、傾斜角のクリアランスに関しては、よりスポーティな「NC」に軍配が上がる。しかし、「フォルツァ」は、ここでも決して劣っているわけではないのだ。

一方、「フォルツァ750」はカラーディスプレイを搭載し、Androidスマートフォンとのペアリングが可能となっている。

それは、やはりイメージの問題だ。「NC750X」の方が、明らかに受容性が高く、ガソリントークファクターも高い。これは、冒頭に述べたように、多くのバイカーがスクーターを二輪車社会の一部として認識することを拒否していることが大きな原因である。そしてそれは「フォルツァ」乗りにとっては良いことだ! スクーターが臆面もなく機能的で快適なファンマシンとして許される一方で、「NC」は無個性なバイクという評価と少し格闘しなければならないからだ。

しかし、このスクーターライダーは勝利を確信している。

ホンダは「NC750X」を「アドベンチャー」カテゴリーに分類し、その結果、複雑でなく堅実なバイクという誤った期待を持たせている。バイクミーティングに立ち寄ると、自分を正当化するような感覚に陥ることがある。また、専門家の中には、マシンの立方体容量で自分を定義し、「原付女子」を笑い、タイヤの外側が摩耗していないのに「恐怖のストリップ」を口にする人もいる。だから、私たちはスクーターに乗るのが好きなのだ。そして、スクーターに対してもっと寛容になるよう懇願する。

結論:
無理な比較は結局うまくいった! しかし、それはホンダがスクーターという装いの中に、完璧な二輪車の技術を詰め込んでいるからに他ならない。ライディングダイナミクスや日常的な使用への適性という点では、「NC」と「フォルツァ」は同程度のレベルだ。快適性ではスクーターに軍配が上がり、まるで2輪のグランツーリスモのようだ。ステップスルーがないのだけが厄介だ。

Text: Alexander Failing and Jenny Zeume
Photo: autobild.de