【スクープニュース】ポルシェとアウディがF1に帰ってくる VWグループCEOが明言

488

VWのヘルベルト・ディースCEOは、自身のブランドであるアウディとポルシェのF1計画について初めて語った。

VWグループは、F1に向けて全開で走り続ける。4月の監査役会の決定会合後、VWのヘルベルト ディースCEOは今回初めて、VWグループがアウディとポルシェの2ブランドでモータースポーツのトップクラスに参入することを認めた。

ポルシェの準備は、すでにアウディよりも進んでいると、トップは明かす。ディースはWolfsburger Nachrichten紙に、「ポルシェではすでに非常に具体的になっている」と語った。「F1は世界で成長している。モータースポーツでは、F1だけが重要なのだ。 新しいレギュレーションによって、エントリーウィンドウが生まれ、その後10年間はこのような機会が二度と訪れないかもしれません」。

背景: 2026年以降、F1はパワーの50%を電動モーターで発電

1.6リッターV6ターボは、これまで通り500馬力近くを発揮し、CO2ニュートラルなe-fuelを搭載する。さらに、コストを削減し、さまざまな部品を標準化したり、全廃したりすることが求められている。

ディースは、「F1は、電化や合成燃料によって、より環境に配慮したものとなっている」と、まさに自動車のトップクラスの新しいサステナビリティに対するVWの関心を説明する。「しかし、役員会の意見は全く一致しなかった。実は、私たちは十分にやることがあるのだ。しかし、プレミアムブランドは、F1をブランド価値を高めるための重要なテコとしてとらえている。そしてすでにエンジン開発を開始している」

VW会長 ヘルベルト ディース

その上、ディースはF1を、アウディがすでに撤退しているフォーミュラEと比較することはできないと考えている。「都心でプレイモードで数周するフォーミュラEよりも、ずっとエキサイティングで、楽しくて、レースもできて、技術競争もできる」と、オーストリア人は信じている。「2026年には、F1は中国やアメリカでも、今よりもっと大きなモータースポーツ・スペクタクルになるでしょう。フォーミュラ1は、プレミアムカーの最も人気のあるマーケティングプラットフォームになる。」

VW社では、今後の計画の詳細についてコメントはしていない。しかし、ポルシェがレッドブルと組みたいと考えていることは、現場では公然の秘密となっている。これは、レッドブル・レーシングとアルファータウリの両レーシングチーム、およびミルトンキーンズにあるレッドブル・パワートレインズのエンジン工場とのパートナーシップによるもので、ここでポルシェのロゴ入りドライブユニットが製造されることになる。

一方、アウディは、まだいくつかの構想を持っているが、ポルシェとは異なり、チーム全体を買収し、エンジンも自社で開発したいと考えている。マクラーレンとの契約がひとまず決裂したため、アストンマーティン、アルファロメオ、ウィリアムズがターゲットとして浮上している。

アストンマーティンのボス、ローレンス ストロールは売却を望んでいると言われている。その場合、アウディは新しいメガファクトリーを手に入れることになる。一方、ザウバー(アルファロメオのエントリーチーム)は、既知の存在である。彼らはすでに、2009年末にBMWがチームを売却した後、ル・マンやDTMのレーサーの風洞実験に携わっていた。一方、ウィリアムズでは、フォルクスワーゲンを4度の世界ラリー選手権タイトルに導いたモータースポーツ界のボス、ヨースト カピトが指揮を執っている。したがって、アウディにとっては決断を下すことは容易ではない。

メインターゲット? アストンマーティンF1。

Text: Bianca Garloff
Photo: autobild.de