【ガチンコ勝負】新型プジョー308 SWがVWゴルフ ヴァリアントに挑戦 果たしてその結果は?

1151

ステーションワゴン比較テスト。新型プジョー308 SWが王者VWゴルフ ヴァリアントに挑戦する。コンパクトなステーションワゴンは実用的だが、今はもう大流行しているとは言えない。プジョー308SWとVWゴルフヴァリアントが威信を賭けて、そして、エステートカーの王冠をかけて戦う。

実用的なステーションワゴンは、箱型のリアにいろいろなものがついている。特に、多才なボディに経済的なガソリンエンジンと安心感のあるオートマチックギアボックスが組み合わされた場合、最大にその威力を発揮する。今回のテスト候補の「プジョー308SW」と「VWゴルフ ヴァリアント」がまさにそうだ。

この2台の外形寸法のわずかな違いは、一見するだけでは、決してわからない。したがって、両ステーションワゴンのドライバーが、非常に仲が良いのも当然といえば当然だ。確かにプジョーは、小さなステアリングホイールや小さくて凹凸の少ないシートなど、背の高いドライバーに多少の譲歩を求めるものの、場違いな感じはしない。

ロードマスター: 308のリアは606~1634リットル、ゴルフのトランクは611~1642リットルが収納可能となっている。

ヴァリアントとSWはベストエステートの美点を示す

また、荷物のパッキングに関しては、引き分けだ。1,600リットル超の収納スペースは、ほとんどの人の日常的なニーズには十分だ。どちらも模範的な方法で、エステートの美徳を心に刻んでいる。ダブルロードフロア、リアシートバックレストのリモートリリース、12Vソケット、すっきりとガイドされたリアローラーブラインドの床下収納も見逃せない。

車両データ&価格:

モデル プジョー308 SWピュアテック130 EAT8 VW ゴルフ ヴァリアント1.5 eTSI DSG
エンジン 3気筒ターボ、フロント横置き 4気筒ターボ、マイルドハイブリッド、フロント横置き
排気量 1199cc 1498cc
最高出力 131PS@5500rpm 130@5000rpm
最大トルク 230Nm@1750rpm 200Nm@1400rpm
駆動方式 前輪駆動、8速オートマチック 前輪駆動、7速デュアルクラッチ
全長/全幅/全高 4636/1852/1442mm 4633/1789/1498mm
ホイールベース 2732mm 2669mm
トランク容量 608~1634リットル 611~1642リットル
最高速度 210km/h 213km/h
平均燃費 17.2km/ℓ 17.2km/ℓ
CO2排出量 130g/km 131g/km
基本価格 30,000ユーロ(約405万円) 32,495ユーロ(約438万円)
テスト車価格 33,550ユーロ(約453万円) 38,025ユーロ(約513万円)

後部座席に関して言うならば、ホイールベースが大きくなったにもかかわらず、「308」に乗り込むのはやや面倒だ。そして、シートテストでは、VWは、デザインよりも空間利用に注意を払っていることは明確だ。全方位において、プジョーはドイツのライバルに数センチ及ばない。また、「308」の短いリアベンチはゴルフよりも低い位置に取り付けられており、同時に背もたれも急になっているので、「ヴァリアント」に好んで乗るのは、ヒッチハイカーだけであろう。

308では、小さなステアリングホイールとその上の計器類には、まだ慣れが必要ではあるものの、音声コントロールがうまく機能している。

プジョー308はすべての言葉に従う

一方、「308」はデジタルデバイスの接続性に関しては、弱点は見当たらない。「ゴルフ」と同様、エアコンやシートヒーターはもちろん、ナビゲーションシステムやラジオも思いのままに操ることができる。アドバイス: 308で「温度を21度に設定してください」と言わないこと。それだとエアコンのコンプレッサーが全開になるだけだ。一方、「21度」というだけで、希望する快適な気候を実現することができる。特に、モニター下のクイックセレクト用のタッチ面を自由に割り当てられる点が気に入った。

VWの回転式ノブが恋しい

一方で、デジタルコックピットのナビゲーションディスプレイは、ズームがないため、あまりうまくいっていないと思う。その点では、VWのほうがよくできている。残念ながら、どちらのシステムも、動作はかなり遅く、地図上には遅延のみが表示され、自由なルートは表示されない。そして、大型のディスカバープロナビゲーションシステム(1,950ユーロ=約26万円)では、VWは大音量と静粛性のための回転ノブさえ節約している。

キャラクターが異なる: 308がややソフトに段差を乗り越えるのに対して、R-Lineのゴルフはスポーツサスペンションに頼っている。

プジョーはゴルフに比べると段差を乗り越える際は少し柔らかい。一方、それは実際にもっとソフトにチューニングされているため、他方でスポーツサスペンションと18インチホイール(990ユーロ=約13万円)とR-ラインとしてのVWと比較すると、取り回しがいいようにも思えるが、悪路ではより不安定になる。

【性能測定値】

モデル プジョー308 SWピュアテック130 EAT8 VW ゴルフ ヴァリアント1.5 eTSI DSG
0-50km/h加速 3.4秒 3.6秒
0-100km/h加速 9.9秒 10.0秒
0-130km/h加速 16.7秒 16.3秒
0-160km/h加速 26.7秒 26.7秒
60-100km/h加速 5.5秒 5.4秒
80-120km/h加速 7.1秒 6.9秒
乾燥重量 1,387kg 1,415kg
前後重量配分 60:40 58:42
100km/h時制動距離 34.4メートル 33.0メートル

性能に関しては、この2台はほぼ互角だ。130馬力は、どちらも10秒程度で0から100km/hに到達し、最高速度は200km/h強と、十分すぎるほど十分なパワーを持っている。しかし、パワーの供給方法には違いがある。4気筒エンジンのおかげで、VWは3気筒エンジンのプジョーよりも不機嫌にならず、48ボルトのオンボードシステムが、ゴルフデュアルクラッチの必ずしも完璧ではない始動挙動を補ってくれる。ここでプジョーが光るのは、トルコンオートマチックの良さだ。どちらもセーリング(コースティング)が可能で、「308」はエコモードでのみ行う。

価格: ヴォルフスブルクは会計に寛大

プジョーは、「308 SWピュアテック130 EAT8」のためにちょうど30,000ユーロ(約405万円)を求め、テスト車は33,550ユーロ(約453万円)だった。「VWゴルフ1.5 eTSI DSG」は、32,495ユーロ(約438万円)からスタートし、関連するエクストラを付けると38,025ユーロ(約513万円)となり、両方ともプジョーの金額を容易に凌駕する。 そして、フォルクスワーゲンはあえて2年以上の保証を提供しないが、プジョー社も同様だ。

コンパクトステーションワゴン2台をテスト:

本当に実用的だが、今は流行っていない、コンパクトなステーションワゴン。「プジョー308SW」と「VWゴルフヴァリアント」が威信を賭けて争う。
成功したデザイン: 「308 SW」は全長4.64mで、スリムなリアエンドがエレガンスとダイナミズムを与えているフランス車だ。
全長4.63mのゴルフ ヴァリアントは、「R-Line」にすることで、明らかにクールな印象となり、エステート後部は全体のデザインと調和しているように見える。ゴルフのスポーツシートは、しっかりとしたグリップ感と良好な座り心地を実現している。
プジョーは、小さなステアリングホイールと、小さくて凹凸の少ないシートで、背の高いドライバーに少し譲歩を求めるが、場違いな感じは受けない。
荷物積載に関しても引き分けだ。1,600リットルの収納スペースは、多くの人の日常生活に必要なスペースとして十分な容量だ。どちらも模範的な方法で、エステートの美徳を心に刻んでいる。ダブルロードフロア、リアシートバックレストのリモートリリース、12Vソケット、すっきりとガイドされたリアローラーブラインドの床下収納も見逃せない。スペース的には、VWがわずかにリードしている。ヴォルフスブルグは、より多くの荷物を積むことができ、さらにフックにかけることもできる。
ホイールベースが大きくなったにもかかわらず、「308」に乗り込むのはより困難だ。また、プジョーは全方位でドイツのライバルに数センチ劣っている。
VWは、デザインよりもスペースの有効活用に気を配っている。大人は「308」よりも後ろにスペースがあり、ゆったりと移動することができる。
一方、「308」は接続性の弱さを感じさせない。「ゴルフ」と同様、ナビゲーションシステム、ラジオ、エアコン、シートヒーターはすべてあなたの指令に従う。
「308」で特に気に入ったのは、モニター下のクイックセレクト用のタッチ面を自由に割り当てられることだ。
典型的なVW: 空気感のある空間、ステアリングホイールとモニターのタッチコントロール、そして大型ナビゲーションシステム「Discover Pro(1,950ユーロ=約26万円)」では、VWはラウド&クワイエット用のロータリーノブまで節約している。
プジョーは「ゴルフ」に比べ、段差を乗り越えるのが少し柔らかい。一方で、ソフトにチューニングされているため悪路ではより不安定になる。
走行性能に関しては、ほぼ互角だ。どちらも130馬力を発揮し、0から100km/hまで約10秒、最高速度は200km/h強と、十分すぎるほどのパワーを持っている。
パワーの供給方法にも違いがある。4気筒エンジンのおかげで、VWは3気筒エンジンのプジョーよりも不機嫌にならず、48ボルトのオンボードシステムが、ゴルフデュアルクラッチの必ずしも完璧ではない始動挙動を補ってくれる。
ここでプジョーが光るのは、トルコンオートマチックの良さだ。
プジョーは、308 SWピュアテック130 EAT8のためにちょうど30,000ユーロ(約405万円)を求め、テスト車では、33,550ユーロ(約453万円)だった。
VW Golf 1.5 eTSI DSGは、32,495ユーロ(約438万円)からスタートし、関連するエクストラを付けると38,025ユーロ(約513万円)となる。 VWはあえて2年以上の保証を提供していないが、プジョー社も同様だ。

第2位 800満点中519点: プジョー308 SWピュアテック130
子どもを後席に乗せる場合、安価で良い選択肢だ。3気筒でも十分OK。

第1位 800満点中544点: VWゴルフ ヴァリアント1.5 eTSI
エステートであっても、ゴルフは素晴らしい成熟度とバランスを示している。「R-Line」を省略することで、よりコストを削減し、快適性を得ることができる。

結論:
広々としたスペース、経済的で機敏な動き、そして快適性。結局、高価な「ゴルフ ヴァリアント」に軍配が上がったのは、リアシートを中心とした日常的な使い勝手の良さが勝っていたからだ。しかしスタイリッシュな「308 SW」も捨てがたい魅力を持っていることは間違いない。

【ABJのコメント】
日本でも正式発売がアナウンスされた新型プジョー308、今回はそのSWとゴルフヴァリアントとの比較テストである。ドイツのスタッフはフォルクスワーゲンの勝ちとしているが、おもに実用性部分と総合バランスを重視したチョイスであると見受けられる。実際にその走りや乗り心地に関してはどちらも互角なようだし、今やコストパフォーマンスという部分ではプジョーのほうが上位にある場合も多く、実際に購入する場合にはプジョーのほうがフォルクスワーゲンよりも安い場合も多い。

この「308」もスタイリッシュだし、内装などもかなり攻めた昨今のプジョーらしい一台である。「208」では小さいけれど、「508」では大きすぎる・・・。そんな人にはかなり当てはまるモデルであり、エンジンバリエーションも多い。一方の「ゴルフ」は今回の「ゴルフ8」でもバランスとクオリティーは(今回のモデルでも)かなりライバルを凌駕した内容である。まだまだ勝負はこれからだし、マイナーチェンジを今後施された熟成モデルなど、内燃機関の自動車のあがり(になるかどうかは、まったく未知ではあるけれど・・・)の実用車として長く乗れることだろう。個人的には、「ゴルフ」の完成度にはおおいに惹かれはするけれど、「308」のスタイリッシュさと、他の車に似ていないデザインなどに負けて、「308」を選んでしまいそうである。

Text: Berend Sanders and Gerald Czajka
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de