【テスト&モデル情報総まとめ】ポルシェ タイカンのすべてのすべて BMW M8との比較テスト含む

233

800ボルトの高速テクノロジーと最高出力761馬力を誇る、オール電動のポルシェ タイカン登場。価格、エンジン、性能。BMW M8との比較テストを含むポルシェ初の電気自動車モデル、タイカンのすべての情報とドライビングレポート。

発表&価格: タイカンは90,000ユーロ以下から

ポルシェは、「タイカン」で、システム電圧800ボルトで作動し、そのため特に高速に充電する最初の電気自動車の生産モデルを、2019年に発表した。5分で100km分の電力を確保し、22分後には5%から80%までの充電が可能となっている。興味深いことに、ポルシェは初の電気自動車でもおなじみのネーミングを踏襲しており、ここでも最もパワフルな車種は「ターボ」と「ターボS」と呼ばれている。

「タイカン」には、スポーツサルーンに加え、シューティングブレークにより、リアとトランクのスペースが広くなった別のボディスタイルも用意されている。当初は、レイズドサスペンションやオールラウンドパネリングなど、オフロードの要素を標準装備した「クロスツーリスモ」のみの設定だったが、現在では、「タイカンGTS」と同じ形で、バッドロード装備を省いた「スポーツツーリスモ」も用意されている。ポルシェ タイカンの価格は、以下の通り。

ポルシェ タイカン価格一覧:

スポーツリムジン クロスツーリスモ スポーツツーリスモ
タイカン 85,543ユーロ(約1,163万円)より   86,495ユーロ(約1,176万円)より
タイカン4   95,658ユーロ(約1300万円)より  
タイカン4S 106,487ユーロ(約1,448万円)より 111,842ユーロ(約1,521万円)より 107,439ユーロ(約1,461万円)より
タイカンGTS 131,834ユーロ(約1,792万円)より   132,786ユーロ(約1,805万円)より
タイカン ターボ 153,016ユーロ(約2,081万円)より 154,444ユーロ(約2,100万円)より 153,968ユーロ(約2,094万円)より
タイカン ターボS 186,336ユーロ(約2,534万円)より 187,764ユーロ(約2,553万円)より 187,288ユーロ(約2,547万円)より

駆動、バッテリー、航続距離: タイカンは最高出力761馬力

「タイカン」には2種類のバッテリーサイズが用意されている。弱い方はグロスで79.2kWh(ネットで71kWh)、強い方はグロスで93.4kWh(ネットで83.7kWh)の容量を備えている。ポルシェでは、この電池を「パフォーマンスバッテリー」、「パフォーマンスバッテリープラス」と呼んでいる。ただし、小型バッテリーは「タイカン4S」までの下位モデルにしか設定されていない。バッテリー、駆動方式、性能によって異なるものの、ポルシェの航続距離は335km~464kmとされている。

761馬力のタイカン ターボSは、電気自動車ポルシェの中で最もパワフルなバージョンで、0から100秒までのスプリントタイムは2.8秒だ。

2019年に発表されたスポーツカーは、市販モデルとして初めて充電に800ボルトの技術を採用した。これにより、急速充電器では5~80%までのバッテリーを22分の好タイムで充填することができるようになっている。ほぼすべてのモデルで、前後アクスルに各1基ずつ、2基の電動モーターが推進力を担っている。エントリーモデルのみ、モーターが1基しかないため後輪駆動となり、それ以外のタイカンはすべて全輪駆動となっている。パワーは408馬力から最強の「ターボS」モデルでは761馬力まであり、そのトップモデルでは0-100km/h加速タイムが2.8秒となっている。

デザイン&サイズ: 一目でポルシェとわかるタイカン

ビジュアル的には、「タイカン」は明らかにポルシェそのものであり、2015年に初めて公開された「ミッションE」スタディモデルの要素も多く採用されている。フロントビューでは、電気自動車はワイドでフラットな印象を受ける。ヘッドライトは丸みを帯びた長方形で、ポルシェらしい4ポイントグラフィックのデイタイムランニングライトを備えている。

ルーフラインは「パナメーラ」を彷彿とさせるが、「タイカン」は背が低く、ボンネットはより急傾斜している。ポルシェの常として、ビジュアルの焦点は主に「タイカン」のリアに置かれている。ここには、本物のガラスで作られたポルシェバッジ、連続したライトストリップ、控えめなリアディフューザーがある。

ポルシェ タイカンのサイズ:
• 全長: 4963mm
• 全幅: 1966mm
• 全高: 1378~1395mm(モデルにより異なる)
• ホイールベース: 2900mm
• トランク容量
セダン: 366~407リットル(モデルにより異なる)
スポーツツーリスモ: 405~1,212リットル(モデルにより異なる)
• フロントラゲッジルーム容量: 84リットル
• ルーフ荷重: 最大75kg

クロスツーリスモ: オフロードを意識したシューティングブレーク

ポルシェは、セダン、最近導入した「スポーツツーリスモ」に加えて、「クロスツーリスモ」という別のボディスタイルの電気自動車を提供している。このシューティングブレーク仕様の「タイカン」は、わずかなオフロードの野心を印象づけていて、全輪駆動、エアサスペンション、プランク、専用スカート、93.4kWhの大容量バッテリーを常に標準装備している。

「オフロードデザインパッケージ」では、クロスツーリスモの車高を上げ、石跳ねから守るフラップを装備している。

ルーフによってはレーリングが装備され、さらに10mmの車高アップ、コーナー部の石跳ね防止フラップ、ダッシュボード上のコンパスなどの「オフロードデザインパッケージ」が用意されている。

タイカン クロスツーリスモのサイズ:
• 全長: 4974mm
• 全幅: 1967mm
• 全高: 1409~1412mm(モデルにより異なる)
• ホイールベース: 2904mm
• トランク容量: 405または446~1,171または1,212リットル(モデルにより異なる)
• フロントラゲッジルーム容量: 84リットル
• ルーフ荷重: 最大75kg

走る歓びはそのままに、より高い実用価値を

走行中、「クロスツーリスモ」は、通常の「タイカン」と同様、路面にボルトで固定されているような印象を受ける。フロアアッセンブリーに配置されたバッテリーは重心を低くし、ステアリング、サスペンション、レスポンスの良さは別次元のものだ。

ルーフが高くなったことで、リアのヘッドルームが47mm拡大し、大人がゆったりと座れるようになっている。モデルによって異なるが、ラゲッジルームは最大1,212リットルの容量があり、休日の旅行には十分だが、友人と一緒に移動しなければならない場合には、それほどではない。それでもこのEエステートは、優れたドライビングプレジャーと実用的なユーティリティを兼ね備えている。

GTS: 新型ではスポーツツーリスモも搭載された

2021年のLAオートショーで、ポルシェは「タイカン」の新しいバリエーションである「GTS」を発表した。つまり、「タイカン」の性能レベルのアップしたモデルがもう一つ増えただけでなく、新しいボディバリエーションである「スポーツツーリスモ」が追加されたのだった。「シューティングブレーク」は、「クロスツーリスモ」と同じ形をしているが、オフロードの機能はない。その代わり、後席のヘッドルームが広く、ラゲッジスペースもサルーンより広くなっている。「スポーツツーリスモ」のラゲッジルームは、最大1,212リットルの収納が可能となっている。

598馬力のGTSは、4Sとターボの中間に位置する

性能面では、「GTS」は「4S」と「ターボ」の派生モデルの間に位置づけられる。598馬力(440kW)と、データシートには記載されている。セダンとシューティングブレークは、静止状態から100km/hまで3.7秒で加速し、最高速度は250km/hに達する。ポルシェが特に誇りとする航続距離は、504kmまで可能で、これは現在「タイカン」のバリエーションの中で、「GTS」が最も長い距離を走ることができる。

GTSで、タイカンはスポーツツーリスモのシューティングブレーキ仕様も手に入れた。クロスツーリスモと形状を共有している。

外装のブラック化、内装のブラックアルマイト装飾に加え、専用チューニングのエアサスペンションを標準装備し、オプションのリアクスルステアリングもよりスポーティに設計されている。

新たなオプションとして、「タイカンGTS」に専用のパノラミックルーフを設定した。電気的に切り替え可能なフィルムにより、クリアからマットまで変化させることができるようになっている。また、ルーフの各パーツにフロスト加工を施し、模様を表現することも可能となっている。価格はすでに公開されており、「タイカンGTS」は最低でも131,834ユーロ(約1,792万円)、GTSスポーツツーリスモ」は132,786ユーロ(約1,805万円)から購入可能だ。

インテリア: タッチパネルを多用し、最大4つのディスプレイを搭載したタイカン

ポルシェはインテリアをハイテクに頼り、従来のボタンはステアリングホイールにのみ用意されていて、それ以外は、すべてタッチで操作するようになっている。16.8インチのインストルメントクラスターは、クラシックなポルシェのコックピットの形状を踏襲し、メーターも従来通り丸みを帯びている。全体として、近未来的になりすぎず、モダンな印象だ。ディスプレイの左右には、タッチパネルで照明やダンパーの調整が可能となっている。

インテリアでは、従来のボタンはステアリングホイールにしかない。あとは、タッチパネルやサーフェスが役割を担っている。

中央のディスプレイは10.9インチで、助手席にも重要な機能を操作できるスクリーンをオプションで用意している。センターコンソールのもうひとつのタッチスクリーンは、エアコンの調整に使用する。個々の吹き出し口の風量もディスプレイ上でコントロールできるのが特長だ。

後席のヘッドルームが狭い

その出来栄えは非の打ち所がない。スポーツシートは、サポート性だけでなく、後席でも長距離の快適性を提供する。だが、4ドアにもかかわらず、普通の身長の人でも後席に乗り込むのは容易ではない。

しかし、いったん座席に座ると、いわゆる「フットガレージ」のおかげで、驚くほど足元は広い。その広さはアキュムレーターの凹みによって作られる。足元は前席まで余裕があるが、頭上は狭く、身長1.80mではルーフにぶつかりそうになる。

ドライビング: ポルシェ タイカンは残酷なまでに前進する

「タイカン ターボS」の761馬力は、最初のドライブテストで強く印象に残った。4ドアスポーツカーは残酷なほどの走りをみせる。さらに、全輪操舵による優れたコーナリング性能と、正確に制御可能なブレーキも印象的だ。

本格的なドリフトも可能で、その場合でも、「タイカン」は路面に板を敷いたような感覚で走ることができる。その理由は、多くの技術もさることながら、重いバッテリーのおかげで低重心であることだ。しかし、2.3トンの車両重量がこれほどまでに軽快に感じられることはない。

電気自動車とはいえ、タイカンは本物のポルシェであることに変わりはない。最大の批判は、音だ。何日経っても、爆音911ボクサーエンジンの夢を見るが、「タイカン」のサウンドジェネレーターはそうはいかない。

比較: タイカン vs BMW M8のコンセプト対決

全長約5メートル、全幅2メートル弱、クーペのような車体、4ドア、そしてそれぞれ600馬力以上。ここまでは似ている。差がつくのは、パワーソースだ。「BMW M8 グランクーペ」では4.4リッターV8が、「タイカン ターボS」では、2基の電動モーターがクルマを走らせる。対極のドライビングコンセプトの決闘が始まるのだ。

印象的なのは、ポルシェ タイカンやBMW M8が0から100km/hに達するまでに3秒前後、200km/hに達するまでに10秒前後しか必要ではないことだ。

「M8」は、0から3.1秒で100km/hの大台を突破するが、「タイカン」の加速は、わずか2.8秒で、すでに狂気の沙汰だ。さらに、ポルシェは次の100km/hでも驚異的なパワーを発揮し、200km/hまで10秒弱で、「M8」にコンマ8秒の差をつけている(約400kgの重量増にもかかわらず)。

サーキットにおけるポルシェの典型的なパフォーマンス

加速と同様に、「タイカン」はブレーキでも先行している。2.3トンは31.5メートル後に100km/h時から静止する。BMWはポルシェよりかなり軽量で、テスト走行ではセラミックブレーキを装備していたにもかかわらず、「M8」が停止するのはその数メートル後(32.6メートル)なのだった。

さらに、サーキットである、ラウジッツリンクではより優れたパフォーマンスを見せた。そこでは、「タイカン」の、その驚くほど適度なアンダーステアが印象的だった。慎重に操作すれば、最速ラップタイムを狙うのに効果的だ。

また、ポルシェは低重心であることも利点のひとつで、結局、ポルシェは3,282mのコースで、1分32秒76のラップタイムを記録し、BMW(1分32秒96)よりコンマ2秒速いタイムを出した。

タイカンとM8の車内空間が似ている

インテリアは、どちらもレザーをふんだんに使い、「タイカン」では考えられるすべての場所にディスプレイを取り付けている。BMWはデジタル技術の才能も惜しまないが、幸いなことに、ロータリープッシュ式の独創的なiDriveに依存している。

スペースという点では、2台のスポーツカーに違いはなく、積載量も近い(M8は440リットル、タイカンはリア366+リア81リットル=447リットル)。だから、かなり似ているのだ。ドライブは別として。

比較テスト結論:

一方はクリーミーなV8、もう一方はeテクノロジーの驚異。適切な充電オプションがあれば、「ポルシェ タイカン」は十分に満足できるはずだ。しかし、日常生活では、航続距離の点でデメリットがある。そしてピュアな人は、「BMW M8」を選ぶだろう。

Text: Katharina Berndt, Andreas Huber, Malte Büttner and Sebastian Friemel
Photo: Porsche AG / autobild.de