【比較テスト】アルファロメオ ステルヴィオ対BMW X3対アウディQ5 果たしてイタリア製SUVはドイツ製SUVに勝てるか?

428

ディーゼルを搭載したプレミアムSUV対決: X3はQ5とステルヴィオに勝てるか? 4気筒ディーゼルエンジンを搭載したアッパーミッドレンジのSUVの三つ巴の戦い: 改良型BMW X3がアルファ ステルヴィオ、アウディQ5と比較テストで競い合う。

長距離を走ることが多く、なおかつ高い位置に座りたい人には、やはりディーゼルのSUVは欠かせない。「アルファロメオ ステルヴィオ」と「アウディQ5」という旧知の2台と、最近改良された「BMW X3」とをディーゼルモデルで比較してみた。航続距離の点でも、高トルクでありながら基本的に常識的なディーゼルエンジンには敵わない。例えば、BMWは無給油で970kmの走行が可能で、これはディーゼルエンジンのエステートカーにしかできないことだ。

X3フェイスリフトでリアビューを一新

フレッシュアップされた「BMW X3 xDrive20d」は、前回見たときよりもずっと新鮮だった。ブラケット型のライトを備えたフェイスリフト後のリアエンドは大きく変わっているだけでなく、48ボルトのスタータージェネレーターによるマイルドハイブリッド(フェイスリフト前のモデルでは変更の少し前に導入)により、より経済的であることも約束されている。

新しい外観: 改良型X3のリアは、ライトの変更により、大きく印象が変わった。

さらに、フルLEDヘッドライト(マトリクスLEDは有料)による光量の向上、高速ナビゲーション、スポーツシート、3ゾーンクライメートなどの標準装備に加え、ウィンドウリフト、クライメート、ドライブモードのコマンドも聞き取れるようになったものの、ややわかりにくくなったボイスコントロールも搭載されている。

車両データ&価格:

モデル アルファロメオ ステルヴィオ2.2ディーゼルQ4 アウディQ5 40 TDIクワトロ BMW X3 xDrive20d
エンジン 4気筒ターボディーゼル、フロント縦置き 4気筒ターボディーゼル、フロント縦置き 4気筒ターボディーゼル+Eモーター、フロント縦置き
排気量 2,143cc 1,968cc 1,995cc
最高出力 154PS@3500rpm 150PS@3800rpm 148PS@4000rpm
最大トルク 470Nm@1750rpm 400Nm@1750rpm 400Nm@1750rpm
最高速度 215km/h 222km/h  
駆動方式 全輪駆動、8速AT 全輪駆動、7速デュアルクラッチ 全輪駆動、8速AT
全長/全幅/全高   4687/1903/2163mm 4682/1893/1662mm   4708/1891/1676mm
ホイールベース 2818mm 2819mm 2864mm
平均燃費 15.1km/ℓ 15.1km/ℓ 15.8km/ℓ
CO2排出量 172g/km 174g/km 167g/km
トランク容量 525~1600リットル 520~1520リットル 550~1600リットル
ベース価格 58,500ユーロ(約807万円) 51,750ユーロ(約714万円) 54,000ユーロ(約745万円)
テスト車価格 62,500ユーロ(約862万円) 61,205 ユーロ(約844万円) 61,220ユーロ(約844万円)

BMWも大幅な価格アップを正当化できるのか、気になるところだ。何しろ、「xDrive20d」のエントリーグレードの価格を4,700ユーロ(約63万円)もアップさせたのだから、並大抵のことではない。しかし、「X3」のスポーツシートに座り、12.3インチの大画面を見ると(もちろん別料金: パッケージで1,600ユーロ=約22万円)、特にどのテスト候補も6万ユーロ(約800万円)を下回らないので、まずこの追加料金に納得がいくだろう。当初はアルファのインフォテインメントに何度も迷い、タッチ操作に頼るアウディのシステムには運転中に気を取られたことに比べれば、BMWの操作性は模範的だと思う。

X3はさまざまな操作が可能だが、テスト車にはまだわかりやすい音声操作のオプションはなかった。

X3では、コントロールの選択肢も豊富

「X3」は、5つ以上の方法で操作することができる。回転プッシュボタン、タッチパッド、音声コントロール、タッチスクリーン、ジェスチャーコントロール。どんなドライバーでも、自分好みのものが見つかるはずだ。音声操作を試してみよう。「ハロー、BMW、NDRインフォを再生して!」、システムはこのコマンドを理解し、ほぼ間違いなく、放送局リストのすぐ隣にある「NDRブルー」を再生した。滑り込みセーフである。そして、エアコンシステムのコマンドも確実に認識した。

性能&テクニカルデータ:

モデル アルファロメオ ステルヴィオ2.2ディーゼルQ4 アウディQ5 40 TDIクワトロ BMW X3 xDrive20d
0-50km/h加速 2.3秒 2.6秒 2.4秒
0-100km/h加速 7.5秒 8.0秒 7.7秒
0-130km/h加速 12.9秒 14.5秒 13.5秒
0-160km/h加速 20.8秒 24.4秒 23.3秒
60-100km/h加速 4.4秒 4.6秒 4.5秒
80-120km/h加速 5.7秒 6.3秒 6.2秒
乾燥重量 1842kg 1893kg 1915kg
重量配分(前:後) 51:49% 55:45% 49:51%
100km/h時からの制動距離 34.7メートル 33.6メートル 34.3メートル

BMWは競合車よりも大きく、重く感じられる。走ってみると、ステアリングが見直されたことがよくわかる。センター付近の旧セットアップのやや慌ただしくスポーティすぎる感じから、よりバランスのとれたスムーズなフィーリングに改良されている。その結果、BMWブランドの決まり文句から想像されるよりも、リラックスしたドライビングエクスペリエンスを実現することができた。

よりスポーティに、サスペンションのトラベルを長くしながらも、張りのあるベースノートを実現したのが、サスペンションだ。BMWの場合、競合車とは異なり、旋回時にフロントが3~4cmほど浮く。ややリアに偏った重量配分とグリップ力のあるミックスタイヤの効果らしい。これは実質的には本当の安全上の欠点とは言い難いのだが、ここではあえて言及しておいたほうがいいだろう。

快適性でQ5に勝るものはない

サスペンションとステアリングの章では、ややトップヘビーであるにもかかわらず、アウディがライバルたちよりも光っている。競合他車は、これほど正確にステアリングの動きに追従し、石畳から不快な甌穴まで、これほどまでに快適性を排除するものはない。とはいえ、BMWと同じようにパイロン横丁をスイスイと通り抜けることができる。

Audi Q5ほど、路面の凹凸を巧みにフィルタリングしてくれる車はないだろう。

アウディのステアリングは、他の2台のモデルよりもデカップリングで間接的な感じがするが、気持ちよくリニアに反応する。しかし、残念ながら、トランスミッションはシャシーの機敏さにまったく追いついていない。デュアルクラッチが悪い仕事をするわけではないが、アルファやBMWのZF製8速オートマチックは別格だ。BMWのトランスミッション制御は、アルファよりも調和がとれているように思う。

スプリントの勝者: アルファは0から100km/hまで最速で、そのサスペンションはQ5やX3よりもキレのあるチューニングが施されている。

トリオの中で最もダイナミックな存在であるアルファ

アルファは、このトリオの中では当然ながら個性派である。ステランティスのスポーツブランドは、今でも所有者の誇りを喚起する力を失ってはいない。エンジンカバーだけのデザインと、ブランドロゴを浮き彫りにしたヘッドレストのレザー、ベリッシモ!だ。「ステルヴィオ」の場合、その個性的な外観は、懸念されるほど欠点がない。全体として、「ステルヴィオ」はきちんと仕上げられているようで、前席のレザーシートは少し短いが、サポート力はあるようだ。テストの詳細は、以下、フォトギャラリーとともにどうぞ。

3台のディーゼルSUVをテスト

4気筒ディーゼルを搭載したアッパーミッドレンジSUVの三つ巴の戦い: 今回の比較テストテストでは、最近改良された「BMW X3」が「アルファ ステルヴィオ」と「アウディQ5」と競合した。
BMWの大幅な値上げは正当化できるのか、気になるところだ。何しろ、エントリーグレードの価格を4700ユーロ(約63万円)上げて、「xDrive20d」で54,000ユーロ(約730万円)にしたのだから、並大抵のことではない。テスト車の「X3」の価格は61,220ユーロ(約826万円)で、ドイツのライバルである「アウディQ5」を、わずかに上回っている。テスト車の「アウディQ5 40 TDIクワトロ(51,750ユーロ=約698万円から)」の価格は、関連するすべてのオプションが装備され、61,205ユーロ(約825万円)となっている。
アルファの価格は、さらに1,000ユーロ(約13万5千円)以上上乗せしなければならない。試乗した「ステルヴィオ2.2ディーゼルQ4」は、最終的に62,500ユーロ(約843万円)という価格だった。ベース価格も58,500ユーロ(約789万円)と競合2車より高価だが、所有することの誇りを大きく喚起してくれる。本革のシートは少し短いが、しっかりと体を支えてくれる。とはいえ、8.8インチの小さな内蔵タッチパネルや、かろうじて使える音声コントロールなど、その古さは一目瞭然だ。
アウディのコックピットには、気候、ドライブモード、ヒルディセントコントロールなどの物理的なボタンしかなく、何もない状態だ。ナビゲーションシステムは、正確なグーグルマップで楽しませてくれる。
「X3」は、5つ以上の方法で操作することができる。ロータリープッシュダイヤル、タッチパッド、ボイスコントロール、タッチスクリーン、ジェスチャーコントロール。12.3インチの巨大なタッチスクリーンは、1,600ユーロ(約21万円)でパッケージとして提供される。
BMWのリアは、肩や足に余裕があり、特に車床から350mmという高さは、本当に高い。
意外と広い、「ステルヴィオ」のリアのヘッドルーム。それは、屋根の形状に起因している。
「Q5」は、2列目の室内幅が最も広い。350ユーロ(約5万円)の追加料金で、リアベンチシートの長さ調整と背もたれのリクライニングが可能だ。
520から1,520リットルと、わずかではあるが、アウディが最もラゲッジスペースが少なくなっている。そして、荷室(およびドア)のシンプルな硬質プラスチックパネルは、高価格に見合わない。
アルファのリアには少なくとも525リットルが収まり、最大容積1,600リットルは、同じく最大1600リットルを詰め込み、最小容積550リットルを提供するBMWと肩を並べるほどだ。やや気になるのは、テールゲートが残念ながら背の高い人には十分な高さで開かないことだ。
BMWは、競合他社に比べて大きく、重く感じられる。走ってみると、ステアリングが見直されたことがよくわかる。センター付近の旧セットアップのやや慌ただしくスポーティすぎる感じから、よりバランスのとれたスムーズなフィーリングに改良されている。
その結果、BMWブランドの決まり文句から想像されるよりも、リラックスしたドライビングエクスペリエンスを実現することができている。シャシーはよりスポーティな面を持ち、サスペンションのトラベルは長いものの、基本的な音はしっかりとしている。
ちなみに、旋回テストでは、BMWは他車とは異なり、一瞬だけフロントの脚がリフトしたが、これは、ややリアに偏った重量配分とグリップ力の高いタイヤによるものらしい。これは、安全性の欠点とは言い難いが、ここでは触れておきたい。
シャシーとステアリングの章では、ややトップヘビーであるにもかかわらず、アウディが最も輝いている。競合他車は、これほどまでにステアリングの動きに忠実に追従し、石畳からひどい甌穴まで、これほどまでに快適な走行を提供するものはない。
とはいえ、BMWと同じようにパイロンレーンをスイスイと走り抜けることができる。アウディのステアリングは、他の2つのモデルよりもデカップリングで間接的な感じがするが、気持ちよくリニアに反応する。
残念ながら、トランスミッションはシャシーの機敏さに全く追いついていない。デュアルクラッチの出来が悪いわけではないが、アルファやBMWに搭載されているZF製の8速オートマチックは別格だ。BMWのトランスミッション制御は、アルファよりも調和がとれているように思える。
アルファファンのデメリットのひとつは、頑強なサスペンションだ。また、アルファの回転半径はクルマ全体と同じように大きい。
滑らかでありながらシャープなステアリングも、ファンにはたまらないものだ。このハンサムなファミリーSUVよりも、スパイダーが似合う。個人的に好きか、そわそわすると感じるか、試してみる価値はあると思う。
800点満点中509点で3位: アルファ・ステルヴィオ 2.2 ディーゼル Q4
最長保証、高速、快適装備が盛りだくさん。しかし、硬めのサスペンション、インフォテインメントの旧さがネック。
800点満点中555点で2位: アウディQ5 40 TDIクワトロ
特にサスペンションとステアリングは快適だ。残念ながら、素材は価格に見合ったものではない。
800点満点中561点で1位: BMW X3 xDrive20d
高価だが、最高級の印象、直感的な操作性など、それなりの良さもある。そして、省燃費の仕掛けが効いている。

結論:
リニューアルの成功: リフレッシュされた「BMW X3」は、品質感、ハンドリング、走り、快適性でポイントを獲得しており、基本価格は大幅に上昇したものの、その価値は十分にあると言えるだろう。3台のディーゼルモデルの良さ: この重厚なSUVのそれぞれの燃費は、リッターあたり15~16km前後で、窮屈にならず、ストレスなく運転できる優秀さだ。

【ABJのコメント】
3台の中型SUVの比較テスト、今回の勝者は「BMW X3」であった。今回はディーゼルエンジンであることと、あえてスポーティな路線を狙ったであろう「アルファロメオ ステルヴィオ」と、ややスポーティよりの内容を持つ「Q5」との比較であったが、おそらく総合的なバランスとエンジンの良さ、そしてトランスミッションの優秀さで「X3」が優位に立ったということである。

「アルファロメオ ステルヴィオ」が最下位なのは一番スポーティなのにどうして?とは思うが、各部分の完成度とナビをはじめとするデジタルデバイスの旧さが減点対象になったと考えられる。

「アウディQ5」は僅差で「X3」に負けてしまっているが、これは価格と総合的な完成度の部分とが、「X3」よりも劣るということなのだろう。たしかに「Q5」は乗ってみるとクアトロシステムの精度感などは特筆すべきものがあるものの、オプション費用などを考えるとかなり高価である。そして整備費用などの面でも、アウディは意外と高価についてしまうことが多い。そんなことを総合的に評価しての結果なのではないだろうか。(KO)

Text: Rolf Klein and Mirko Menke
加筆: 大林晃平
Photo: autobild.de