日本ミシュランタイヤ、「ジャパントラックショー2022」に出展

120

日本ミシュランタイヤは、2022年5月12日(木)~14 日(土)、神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で開催される「ジャパントラックショー2022」(主催:一般社団法人 国際物流総合研究所)に出展。輸送業界の省力化に貢献する DX ソリューションと次世代ツールを日本初公開する。

「すべてを持続可能に」へコミットし、早くから「4R Reduce/Reuse/Recycle/Renew)」
に取り組んできたミシュランが提供する、タイヤ管理の複雑さを解消し省力化につながるサービスと
タイヤを展示する。

【展示内容(予定)】
◼ タイヤの個体管理を可能にする「RFID」内蔵タイヤを装着した車両
◼ 数秒でタイヤの残溝点検が出来る「MICHELIN Quick Scan」(参考出品・日本初公開)
◼ 大型トラック向けレスキューサービスのデジタルアプリケーション「MRN GO」
◼ タイヤ点検の省力化を図るデジタルソリューション「MICHELIN Tire Care」
◼ 4R を具現化したワイドシングルタイヤ
◼ バン・ライトトラック用全天候型タイヤ(参考出品)

【トラックショー ミシュラン出展概要】
展示会名:ジャパントラックショー2022
日 時:5 月 12 日(木)~14 日(土) 10:00‐18:00(最終日は 17:00 まで)
会 場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい 1-1-1、みなとみらい駅から徒歩約 4 分)
入 場 料:無料
展示ブース:ホール A A-15
展示テーマ:「ミシュランの考える物流新時代」

Text:アウトビルトジャパン
Photo:日本ミシュランタイヤ