絶好調フェラーリ&ルクレール 独走&優勝&2勝目 ポイントランキングも独走中 F1第3戦オーストラリアGP

606

F1オーストラリアGP決勝 速報:シャルル・ルクレールが独走優勝!

2022年F1第3戦オーストラリアグランプリの決勝レースが4月10日(日)に行われ、トップを独走した、シャルル ルクレール(スクーデリア フェラーリ)が、シーズン開幕戦に続き、優勝を果たした。シャルル ルクレールは今季2勝目。

2位にはセルジオ ペレス(レッドブル レーシング)、3位にはジョージ ラッセル(メルセデス)が入り、表彰台を獲得した。ドライバーズランキングで2位だったカルロス サインツ(スクーデリア フェラーリ)、3位のマックス フェルスタッペン(レッドブル レーシング)はともにリタイアを喫した。

フェラーリのルクレールはオーストラリアGPで優勝し、ファステストラップも獲得した。ルクレールにとってはF1 GPでの4勝目。赤い跳ね馬マシンに対し、ルクレールも「なんて車なんだ!」と驚いている。「1周目から最終ラップまで、タイヤのフィーリングは素晴らしかった」とも述べている。

40周ほどフェルスタッペンがフェラーリを追いかけたところで、フロントタイヤにグレイニングが発生し、再びレッドブルは不具合に見舞われた。加えて、レッドブルのリアが焼き付き、無念のリタイア、18ポイントを失った。

ラッセルはセーフティカー導入後の遅いピットストップでチームメイトのルイス ハミルトンをパスし、2位のペレス(レッドブル)に次ぐ3位でフィニッシュした。メルセデスでの初表彰台を終えたラッセルは「まだビハインドだけど、あきらめてはいないよ」と語る。

ベッテルはアストンマーティンを縁石で滑り、ウォールに突っ込んだ。

24周目に、ベッテルがアストンマーティンを縁石で滑り、ウォールに突っ込んだ。このクラッシュを受けてセーフティカーが導入された。緑のマシン(アストンマーティン)のレーサーは、すでに走行不可能な状態に見えた。ベッテルはその後、医療センターまで行かなければならなかったが、自力でサーキット病院を出ることができた

ルクレールはこれで、2位のジョージ ラッセルに34ポイントの差をつけてチャンピオンシップを大きくリードしている。マックス フェルスタッペンは、すでに46ポイントのビハインドで6位につけている。

2022年F1第3戦オーストラリアGPレース結果:
1位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ – 1時間27分46.548秒
2位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル – +20,254秒
3位 ジョージ ラッセル(英国) – メルセデス +25,593秒
4位 ルイス ハミルトン(英国) – メルセデス +28,543秒
5位 ランドー ノリス(英国) – マクラーレン +53,303秒
6位 ダニエル リカルド(オーストラリア) – マクラーレン +53,737秒
7位 エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ +1分1.683秒
8位 ヴァルテリ ボッタス(フィンランド) – アルファロメオ +1分8.439秒
9位 ピエール・ガスリー(フランス) – アルファタウリ +1分16.221秒
10位 アレクサンダー アルボン(タイ) – ウィリアムズ +1分19.382秒

フェルスタッペンとルクレールの2ショット。

ドライバーズランキング: 全22戦中3戦終了時点
1位 シャルル ルクレール(モナコ) – フェラーリ 71ポイント
2位 ジョージ ラッセル(英国) – メルセデス 37ポイント
3位 カルロス サインツ(スペイン) – フェラーリ 33ポイント
4位 セルジオ ペレス(メキシコ) – レッドブル 30ポイント
5位 ルイス ハミルトン(英国) – メルセデス 28ポイント
6位 マックス フェルスタッペン(オランダ) – レッドブル 25ポイント
7位 エステバン オコン(フランス) – アルピーヌ 20ポイント
8位 ランドー ノリス(英国) – マクラーレン 16ポイント
9位 ケビン マグヌッセン(デンマーク) – ハース 12ポイント
10位 ヴァルテリ ボッタス(フィンランド) – アルファロメオ 12ポイント

コンストラクターズランキング: 全22戦中3戦終了時点
1位 フェラーリ 104ポイント
2位 メルセデス 65ポイント
3位 レッドブル 55ポイント
4位 マクラーレン 24ポイント
5位 アルピーヌ 22ポイント
6位 アルファロメオ 13ポイント
7位 ハース 12ポイント
8位 アルファ タウリ 10ポイント
9位 ウィリアムズ 1ポイント
10位 アストンマーティン 0ポイント

Text: Bianca Garloff
Photo: autobild.de